ペットショップで買った猫であれば、年齢がきっちり分かかります。

ですが、もらって来た子や、拾って来た子は年齢が分かりません。

年齢が分からないと、エサの種類に迷ってしまうこともあります。

また、ある程度高齢になると、病気のリスクも増えていくものです。

なので健康にも気を使ってあげなければならなくなります。

年齢が分からないまま飼っていて、いつまでも可愛い子供だと思っていると、意外と高齢で寿命が近づいてきていたり。

なんてこともあり得ます。

分からないままにしておくより、知っておいたほうが絶対に良いです。

猫の年齢は、病院で調べることもできます。

しかし、体の特徴を見るだけで、ある程度の年齢が分かるんです!

とくに口の中や毛並みは、年齢を知るための特徴がよく現れています。

猫の体の変化を、年齢ごとにまとめてみました。

あなたのお家の猫に当てはめて、年齢を調べてみてください!

【スポンサーリンク】

猫の年齢の見分け方を解説!

《子猫期》

・生後0ヶ月~2ヶ月

まだ目も開いておらず、歯も生えていません。

毛もうすい産毛しか生えておらず、ピンク色の肌が透けて見えるところも。

生まれてから10日前後で、ようやく目が開いてきます。

開いてすぐの目はすべての猫が、キトンブルーと言われる青色です。

耳も10日前後で聞こえるようになり、音のする方へ反応を示すようになってきます。

そして、1ヶ月ほどで歩けるように。

さらには、乳歯も生えてきます。

よちよち歩きで歯が生えて来ていれば、1ヶ月を過ぎたころだと判断できるでしょう。

・2ヶ月~6ヶ月

目の色がキトンブルーから、それぞれの猫の本来の色へと変化。

生えていた乳歯が抜け始めて、永久歯へかわる準備が始まります。

このころからしっかりと走れるようになるので、はげしい運動をするのが目立ってきます。

・7ヶ月~12ヶ月

歯が完全に、永久歯に変わってきます。

顔が大人っぽくなってきたのが、わかるはずです。

毛並みもふわふわした毛並みから、さらさらした毛並みへと変わっていきます。

体も大きくなってきて、子猫より成猫に近い見た目になっているでしょう。

《成猫期》

・1歳~2歳

体にしっかりと、筋肉がついてくるのがわかります。

骨もしっかりしてくるので、力強い動きに。

体は大きくなっていますが、まだまだやんちゃ盛りで、激しく動いて遊ぶことも多いです。

歯はまだ綺麗ですが、すこしだけ黄ばみが見られる場合もあります。

・3歳~5歳

毛並みが綺麗で、毛のつやが一番良い時期。

歯の黄ばみが気になってくるのも、このころ。

歯石も少しついてくるようになります。

去勢をしていないオスの猫だと、精力が一番強い時期なので、気性が荒くなることも。

・6歳

元気だった猫も、このころから落ち着きだしてきます。

遊びまわっている姿より、ゆっくりとくつろぐ姿を見ることが多くなってくるでしょう。

歯の黄ばみは、ぱっと見て黄ばんでいるのが、分かるようになってきます。

よく見ると以前よりも、歯が磨り減っているのも分かるでしょう。

歯茎も綺麗なピンク色から、茶色く沈着が見られるようになってきます。

口の周りに白い毛が目立つようになる子もいるようです。

《老猫期》

・7歳~9歳

毛のつやが以前より減ってきて、ぽそぽそとした印象に。

歯も磨り減ってきているので、先が丸くなってきます。

爪の透明感がなくなって、白く濁ったような色に変化しているでしょう。

かけている爪も見られるようになります。

人間と同じで、年ともにがたが出てくるのです。

のんびりと寝てすごすことが多くなるので、体に脂肪がつきやすくなってきます。

・10歳~15歳

歯の磨り減りが、大きく見られるようになります。

歯茎の色も茶色が強い印象に。

また、歯茎がやせてきているのも、分かるようになります。

歯が抜け落ちてしまう子もいるでしょう。

毛並みも乱れてきて、毛割れといわれる現象がみられるようになります。

毛割れとは毛並みが一定ではなく、ひび割れたようになる現象のことです。

白髪やフケも見られるようになってきます。

動きものんびりで、走りまわることは少ないです。

【スポンサーリンク】

猫の年齢の見分け方を試してみました

ウチの猫は、知人から譲り受けて家族になりました。

当時、

「だいたい1歳くらい」

だと聞いていましたが、はっきりした年齢は分かっていません。

数年がたち、ウチに来た時期も曖昧になり・・・

今どのくらいの年齢なのかが、分からなくなってしまいました。

なので毛並みと、歯の色で調べてみることに。

まず毛並みですが、まだ綺麗な毛並みをしています。

しかし昔に比べると、ツヤが減ったような気もする?

そして、胸元には少し毛割れもありますね。

口の中はどうでしょうか。

真っ白とは言えない歯をしていました。

よく見ると、歯石もついているような感じがあります。

牙はシュっと鋭くて、減っているようには見えません。

歯茎はくすんだピンク色ぐらいなので、少し色素の沈着が見られるようです。

総合的に判断すると、ウチの猫は6歳~7歳ぐらいだと思われます。

そろそろエサや健康に気を使わなければいけない時期に、なってきているのが分かりました。

いつまでも幼い子供だと思っていては、いけませんね。

猫の年齢の見分け方について

病院で見てもらわなくても、お家で簡単に猫の年齢を見分ける方法はあるんです。

なので、ウチの子は今いくつくらいだろう、と思ったら。

  • 毛並み
  • 口の中
  • 生活の仕方

などを、チェックしてあげてください。

結果によって今後の猫との付き合い方も、変わってくると思います。

大切な家族が知らない間に弱っていた、となっては遅いです。

人間と同じように猫も年を重ねると、体がもろくなってきてしまいます。

なので、年齢を把握して環境づくりをしてあげたり、食べ物を選んであげたりしてくださいね。

【スポンサーリンク】