ここ数日、赤ちゃんの機嫌が悪くて泣いてばかり。

そういえば、お腹が張っている気がするし、しばらくウンチが出ていない気がする・・・

たかが便秘とはいえ、かわいい我が子が苦しんでいるのは、見ていられないですよね。

赤ちゃんの便秘解消のため、効果的なマッサージのやり方を覚えましょう!

赤ちゃんが便秘でかわいそう!マッサージのやり方は?

赤ちゃんの便秘解消に効果的なマッサージを、2つご紹介します。

大人と同じように便秘が続くと、どんどん便が固くなり症状が悪化します。

こまめにマッサージを取り入れて、普段から便秘予防をしておくのがオススメです。

①「の」の字マッサージ

赤ちゃんを仰向けに寝かせて、おなかに手を置きます。

おへその下を始点に、手のひら全体でひらがなの「の」の字に、優しくさすりましょう。

力加減は赤ちゃんのおなかが、軽くへこむくらいです。

腸の向きに添わせて手を動かしてあげることで、腸の動きが活性化します。

特に左足の付け根を念入りにさすると、出口付近の便が出やすくなるので効果的です。

②足こぎマッサージ

仰向けに寝かせた赤ちゃんの「両ひざ~足首」あたりをもちます。

自転車をこぐように膝を曲げ、ゆっくりと足を交互に動かしましょう。

足を動かして腹圧をかけるとで腸を刺激し、溜まった便を外に押し出すのです。

ただし、動きたい盛りの赤ちゃんは、大人しくマッサージさせてくれないこともあります。

生後3か月くらいまでの、ねんね期の赤ちゃん向きです。

 

赤ちゃんの月齢によって便秘の原因は異なりますが、マッサージは共通して効果的。

マッサージのタイミングとしては、お昼寝の後やお風呂あがりがオススメです。

スキンケアと一緒にマッサージするのを習慣にすると、赤ちゃんも分かりやすいでしょう。

ベビーオイルやクリームを使うと滑りもよくなるので、マッサージもやりやすくなりますよ。

マッサージの注意点は、満腹時を避けること、強い力でやらないことです。

赤ちゃんの顔を見て、気持ちよく感じてくれているかを確認しながらやってみて下さい。

また、

  • 母乳やミルクの量、または食事の量が極端に減ってきた
  • 便がコロコロと明らかに固く、血がついている
  • 1週間以上の便秘が何度も続いている

などの症状がある場合は、一度かかりつけの病院で診て頂くと安心ですよ。

赤ちゃんが便秘のときのマッサージのやり方

特に第一子だと少しのことでも、あれこれ不安になりがち。

「一時的であれば問題ない」

と分かっていても、赤ちゃんが苦しそうだと心配ですよね。

私も初めての子育てで不安だったころ、育児書を見ながら試行錯誤しました。

最初は手の動かし方も、力加減も探り探りでしたが、2歳の今は便秘と無縁です。

また、ご紹介したマッサージは、親子の体と心を、より健やかにするメリットも!

肌を合わせて優しくマッサージすると、幸せホルモン「オキシトシン」が分泌されると言われます。

お互いの信頼や愛情が深まったり、ストレスを軽減したりする効果があるそうですよ。

マッサージでゆったりとリラックスする時間は、赤ちゃんにもママにも嬉しいもの。

まずは、不安な気持ちを落ち着けて、親子のコミュニケーションを楽しんでくださいね。

赤ちゃんが便秘のときのマッサージのやり方について

便秘に悩む赤ちゃんは意外にも多いのだとか。

今回紹介したマッサージのやり方は簡単なので、ぜひ今日から試してみましょう。

また、マッサージ以外の方法を試すのも、便秘予防に効果的ですよ。

例えば、離乳食を開始している赤ちゃんであれば、食事の工夫をしてみましょう。

こまめな水分補給や、リンゴ・イモ類などの食物繊維メニューを組み合わせます。

他にも早寝早起きの規則正しい生活リズムが、スムーズな便通に繋がるそうです。

マッサージと合わせて、赤ちゃんの体調を総合的にサポートしていけるといいですね。