気になる体重、たるんだお腹やお尻、太もも。

なんとかしてスリムになりたい!

解決するためには、何をします?

ダイエットではないでしょうか。

でも、ダイエット方法はたくさんあるから、何をしたらいいのかわからない。

それに本当に効果があるか疑問ですよね?

今回ご紹介させて頂くのは、「朝食抜きダイエット」です。

朝ごはんを抜いた時の効果と、私が行ってみた結果をお話します。

朝食抜きダイエットの効果とは?

ダイエットって運動したり特別な食品を食べたり、「する」方法が多いですよね。

今回ご紹介する「朝食抜きダイエット」は、名前の通り朝ごはんを食べることを「しない」方法です。

簡単にできそうでは?

一食を食べないことによって、その分のカロリーをカットできるんです。

1日の3分の1のカロリーをなくすことができれば、自然と体重は減少していきますよね。

それに胃腸が、一食分の消化活動をしなくて済むのです。

胃腸の休憩時間ができ三食食べていた時より、消化器官の負担を減らしてあげることができます。

消化器官が十分に休憩をとって元気になることで、排出活動を活発に行えるようになるんです。

体にある毒素などがしっかりと排出されると、デトックス効果が高まります。

そして、個人差があるようですが、体の調子が良くなることもあるようです。

よく眠れるようになったり、便秘が改善したり、肌の調子が良くなったり。

ダイエット効果だけでなく、体調も良くなったら一石二鳥ですよね。

また、朝ごはんを食べていた分の時間を、別のことに使うことができます。

一人暮らしの場合、料理をする時間も省くことができますよね。

朝の時間は貴重。

その空いた時間で、

  • メイク・ヘアセットに力を入れる
  • 以前より長く寝る

など、色々なことができますよね。

朝食抜きダイエットを体験した結果

私は「朝食抜きダイエット」を始めるまでは、朝ごはんをきちんと食べる派でした。

勿体ない精神があるのでいつもお腹いっぱい、無理してでも食べます。

「朝食抜きダイエット」を始めて良かった点は、やはり時間に余裕ができたこと。

余った時間を睡眠にまわしたり、身支度にまわしたりすることができました。

ただ、「朝食抜きダイエット」を始める前は、いつもちゃんと毎朝食事をしていた私。

だからお腹がすいた状況が、とても辛かったです。

お腹が鳴らないか心配でした。

私の場合、空腹感はある程度の日数が経つと、徐々に平気になってきましたが。

一か月試してみた結果は、残念ながらプラス2キロ

せっかく空腹に耐え頑張っていたのに、逆に太るなんてショックでした。

でも、冷静に考えると、朝ごはんを抜いた反動が精神的に大きかったです。

それで、昼食・夕食を、多めに食べてしまっていました。

「朝ごはん抜いているんだから、少しくらい多く食べてもいいや」

と言った感じで。

元も子もありませんよね。

また、私が感じたデメリットとしては、午前中あまり頭が働かないような気がしたことです。

朝食を抜くことで、エネルギー不足になったのではないかと思います。

昼食・夕食の量を増やさなければ、結果はもう少し違っていたのかもしれません。

でも、私の場合かなり強い意志がないと、「朝食抜きダイエット」は続けることが難しいと思います。

朝食抜きダイエットについて

朝食抜きダイエットの方法と、私の体験談をお話させて頂きましたが。

私の場合、残念な結果となってしまいました。

食べれば太る。

当たり前ですよね。

朝食を抜くことだけしか、考えていませんでした。

  • 空腹感に耐えられる
  • 朝ごはんを抜いてもストレスを感じない

あなたが上記のタイプなら、向いている方法かも知れません。

また、

「絶対に痩せてやる!」

と言った固い決意を持っていれば、成功する可能性は高いでしょう。

最初のうちは絶対に食べないのではなく、少量にして徐々に慣らしていく。

こうすれば昼食や夕食に影響することも、少ないかもしれませんね。

でも、体を動かすような仕事をしている場合、朝食を抜くとエネルギー不足になる可能性が。

体を動かす仕事をしている場合は、「朝食抜きダイエット」は避けた方が、いいかもしれませんね。

というか、頭が働かなくても、仕事にならないのですが。

お仕事を頑張っているなら、「朝食抜きダイエット」は、やめておいたほうがいいかも・・・