赤ちゃんを連れて、初めての旅行。

いつから一緒に行けるのか、乗り物は何で行くべきか、いろいろと考えてしまいますよね。

移動手段で一番便利なのは、やっぱり自家用車かと思います。

私も旅行するときは、いつも車でした。

そこで今回は車で赤ちゃんと旅行するときのメリットや、注意点などについてお話ししたいと思います。

赤ちゃんと車で旅行できるのはいつから?

まず、赤ちゃんと一緒に旅行に行けるのは、いつ頃からなのでしょうか。

旅行中、一番心配なのは、赤ちゃんが病気になることです。

赤ちゃんの体力が弱いうちは、あまり長く外出できません。

お出かけは1ヶ月健診が終わってからが、いいみたいですね。

宿泊旅行は、首がすわるようになる3〜5ヶ月頃からと、よく言われています。

ただ、いきなり長距離の移動は、赤ちゃんだけではなくママの体にも負担が。

まずは日帰り旅行くらいから慣らして、赤ちゃんの様子を見てみましょう。

移動方法は車が便利だと思います。

理由は以下の通りです。

  • 周りの人に気兼ねしなくていい
  • 赤ちゃんの体調に合わせていつでも休憩できる
  • 車の中で授乳できる・オムツを替えられる
  • 荷物をたくさん持っていける

周りの人に気兼ねしなくていいというのは、大切なことです。

新幹線などで隣り合った人とトラブルがあると、旅そのものが楽しめなくなります。

赤ちゃんが泣くたびに周りに気を使うと、精神的にも疲れてしまうでしょう。

赤ちゃんのうちはあまり遠くへ旅行に行かず、車で行ける範囲にしたいですね。

ただし、車の移動では、下記のことに注意してください。

  • 1時間に1回など、こまめに休憩する
  • 月齢に合ったチャイルドシートに乗せる
  • じっとしていると退屈するので、おもちゃなどで機嫌を取る
  • 直射日光が当たらないように気をつける

首がすわったからといって、長時間揺すぶられた状態が続くのは危険です。

脳に深刻な障害を与える「揺すぶられっ子症候群」を起こす心配があるからです。

チャイルドシートが月齢に合っていないと、さらに揺れる心配があります。

活発なお子さんだと、体をひねってシートから抜け出してしまう可能性も。

高速道路で赤ちゃんが動き回ることは、絶対に避けなくてはいけません。

おもちゃや好きな音楽などを流して、退屈させないようにしておきましょう。

それから、肌の弱い赤ちゃんのために、直射日光は避ける工夫を。

赤ちゃんの体調を気遣って、休憩しながら進みましょう。

私の赤ちゃんが初めて車に乗ったときは……

私が赤ちゃんを初めて車に乗せたのは、生後一週間のことでした。

退院し、病院から隣の県にある夫の実家へ向かった時です。

母子ともに面倒をみてもらうために行ったのですが、なんと片道3時間。

ちょっとした日帰り旅行並みの距離です。

赤ちゃんは平らなカゴの中で、寝たり泣いたりを繰り返していました。

舅(しゅうと)がブレーキやアクセルを踏むたびに、緊張したことを思い出します。

それから4ヶ月後、赤ちゃんの首がすわった頃に、私の実家へ行きました。

今度は車で片道6時間です……。

ゴールデンウィークの渋滞もあり、大変な道のりでした。

でも荷物の量を考えると、やっぱり車が便利です。

赤ちゃんは車内を快適にしておけば、大半は眠っていてくれます。

起きてしまってもミルクあげたり、DVDを流したりして、退屈させないようにしていました。

車だったおかげで誰かに迷惑をかけることなく、自分たちのペースで旅ができたのは良かったです。

その後、一度だけ新幹線で旅行に行きました。

騒ぎ立てる子供に、周りが迷惑していたようです。

さらに、新幹線の待ち時間に退屈した子供が、駅で走り回って迷子になりかけました。

運転する疲れよりも、子供のパワーを封印する方がよほど体力を使います。

やっぱり旅は自分たちの融通がきく車で行くのがいいなと思いましたね。

赤ちゃんと楽しく車で旅行するために

赤ちゃんと旅行する上で一番大切なことは、赤ちゃんが快適であることだと思います。

せっかく家族で旅行に行くのですから、楽しい思い出を作りたいですよね。

車は赤ちゃん連れには、最も適している移動手段だと思います。

赤ちゃんの首すわりが完成したら、車でぜひいろいろな場所へ連れていってあげてくださいね!