妊娠がわかって幸せだけど、つらーいつわりもある妊娠初期。

特に吐きづわりの場合は食べ物の匂いだけで嘔吐してしまい、何を食べたらいいかわからなくなるほどです。

食べられるものを食べるのが基本だけど、胎児への食べ物の影響も気になります。

何を避けていけばいいかわかっているだけで、だいぶ違いますよ。

【スポンサーリンク】

妊娠初期の食べ物の影響を調べた!避けた方がいい食べ物と積極的に摂った方が良い食べ物

避けたほうがいい食べ物

まず妊娠初期に避けたほうが良いのは、

  • ビタミンA
  • 水銀
  • アルコール
  • カフェイン
  • 生もの
  • 塩分

となるようです。

それぞれを解説しますね。

ビタミンA

妊娠初期に特に気をつけるのは、ビタミンAです。

ビタミンAと言っても植物性と動物性があり、気をつけるのは動物性の方。

うなぎやレバーなどに含まれます。

過剰に摂取すると

  • 嘔吐
  • めまい
  • 頭痛

などの症状が出る可能性があり、胎児への影響は催奇形性の恐れがあると考えられています。

水銀

魚や貝類などは、水銀の影響が心配。

特にマグロやメカジキなどは体が大きいため、水銀の蓄積量が高くなっています。

小さい小魚を大量に摂取しているのですから、当然ですよね。

厚生労働省が定めている週の上限を、超えないようにしましょう。

アルコール

アルコールは有名で、妊娠中は全期間中禁酒が必要です。

胎児へは知的障害や発育の遅れの影響が、懸念されています。

カフェイン

カフェインについてですが、コーヒーは1日3杯程度なら問題ないとされています。

ですが、コーヒー以外でも緑茶や他の食べ物でも摂取する可能性があるので、もう少し減らすと良いでしょう。

気になる場合は、カフェインレスコーヒーや、たんぽぽコーヒーなどに切り替えてみてもいいと思います。

生もの

生卵や生肉などの生のものは、避けた方がいいでしょう。

寄生虫の影響が懸念されるからです。

塩分

よくあるのがマクドナルドなど、ファストフードのポテトしか受け付けなくなること。

「ポテト妊婦」と言われるほどです。

塩分に気をつけたいですから、塩抜きを注文しましょう。

積極的に摂ってほしいのは

反対に食べた方がいい食べ物は

  • 緑黄色野菜
  • きのこ類
  • 大豆製品

などです。

それぞれを解説しますね。

緑黄色野菜

  • 小松菜
  • 人参
  • かぼちゃ
  • ほうれん草

などβカロテンが含まれている食材は、油と一緒に摂取すると吸収力がアップします。

積極的に摂取すると、良いでしょう。

βカロテンは体内に入るとビタミンAに変換されますが、必要な分しか変換されません。

妊娠中は免疫力が落ちるので、風邪やインフルエンザなどに感染しやすくなります。

妊娠中の免疫力を高めるには、βカロテンでの摂取がおすすめ。

きのこ類

きのこ類は、食物繊維が豊富です。

その為、妊娠中になりがちな便秘の改善に、効果が期待できます。

大豆製品

大豆製品からは、様々な栄養素をバランス良く摂る事ができます。

特に納豆は、苦手でなければ積極的に摂ったほうがいいでしょう。

 

お勧めのレシピは、小松菜と油揚げの炒め煮。

ごま油を使うと風味も栄養も増します。

これなら油で加熱した緑黄色野菜と大豆製品が一度に摂れますので、試してみてください。

【スポンサーリンク】

妊娠初期に気をつけた食べ物は?コーヒーが恋しい…

コーヒー

私の妊娠初期は、かなりラッキーだったと思います。

つわりは非常に軽く、食の好みも変化することはありませんでした。

妊娠初期の頃はキュウリやトマトなどの夏野菜が美味しく、安い時期。

私は脂っこいものには目もくれず、青臭いと言われる野菜がやたら食べたくなっていました。

妊娠期間中は体重の増加を気にしますから、これもラッキーでしょう。

野菜だからとバリバリ食べていましたが、ふと気になる体の冷え。

夏といえど夏野菜は体を冷やしますから、買ってから冷蔵庫に入れずに常温で置いておくか水につけておいて自然な冷たさで食べていました。

今考えると全期間中ひたすら野菜を食べていたと思います。

一番辛かったのは、コーヒー。

妊娠前は濃いめに入れたインスタントコーヒーを、たっぷり飲んでいました。

最初の頃は良かったのですが、私が通っていた病院のロビーにはスターバックスがあったのです。

どうしても我慢できず、スターバックスのデカフェのコーヒーを、検診の後に飲むようにしました。

スターバックスのコーヒーはお願いすると豆を変えてもらえるので、相談してみてください。

妊娠初期の食べ物の影響について

妊娠初期は体や食の変化など、戸惑うことが沢山あります。

でも、大事な赤ちゃんのために、あなたがしっかりするしかありません。

体重は後期になってから、ぐっと増えてきます。

妊娠初期から食べられるものを食べつつ、バランスを考えた食事で調整していくといいでしょう。

食のストレスもかなり母体に影響を与えますから、工夫して無理のない食生活をするのも大切です。

【スポンサーリンク】