可愛い我が子が成長していくのを見るのは、とても楽しいものです。

でも他の子と比べてちょっと成長が遅いのでは?と思うことありますよね。

ただ成長が遅いだけ?

それとも障害?

気になってしまう成長と障害について、調べてみました。

【スポンサーリンク】

赤ちゃんの成長が遅い? 障害のある子の特徴とは?

よく耳にする障害といえば、ダウン症や発達障害というものがありますね。

ダウン症とは

正式には「ダウン症候群」と言い、染色体の異常が原因で起こる遺伝子疾患だそうです。

知的な発達、運動機能の発達に遅れが見られます。

  • 白内障
  • 難聴
  • 心疾患
  • 消化器

などに合併症がある場合も。

妊娠中から検査で発見でき、生まれた後も外見的な特徴で分かるそうです。

ダウン症の子は

  • 食欲がない
  • ミルクをむせて飲めない
  • 起きない
  • 泣かない

など新生児から、はっきりと異変を感じる特徴があるようです。

成長が遅いからダウン症?と考える必要はないとのこと。

発達障害とは

生まれつき脳の働きが偏っていて、脳の発達に凹凸が出てしまう障害だそうです。

障害や病気というより、個性や性格に近いもので、治療法などはありません。

  • 自閉症スペクトラム(ASD)
  • 注意欠如・多動性障害(ADHD)
  • 学習障害(LD)

などの種類があります。

発達障害は赤ちゃんの時には気付きにくく、2〜3歳頃に発見されるようです。

症状として、言葉の遅れや周囲とのコミュニケーションなどに、困難が現れるため。

ただ、特性によっては、早期からその特徴があらわれることがあります。

発達障害の可能性がある赤ちゃんは、

  • 抱っこを要求してこない
  • 体がふにゃっとしていて、おんぶをしてもしがみついてこない
  • 歯磨き、散髪、爪切り、耳掃除などを極端に嫌がる
  • 偏食が強くて、食べられないものが多い
  • あまり泣かず、手がかからない
  • 視線が合っても反応しない
  • 抱っこしたり、あやしても喜んだり、笑ったりしない
  • パパやママ、身近な人がそばに来てもうれしそうにしない
  • 一人でもさびしがらない
  • ママをハイハイして後追いすることがない

などの特徴があるようです。

もしも気になるなら、1歳半健診や3歳児健診などの機会に、相談してみましょう。

 

赤ちゃんの行動で他に気になることといえば、

  • 首すわりが遅い
  • 寝返りしない
  • おすわりが不安定
  • ハイハイしない
  • 歩かない

などですね。

でもこれらはほとんどが、月齢通りにできなかったからといって、大きな問題にはならないとのこと。

ただ、目安時期を大幅に過ぎている時は、かかりつけの医師や地域の保健師さんに相談してみてください。

まれに股関節脱臼などの病気が、見つかる可能性もあるようです。

【スポンサーリンク】

赤ちゃんの成長が遅いと心配した私が障害を疑った理由

実は私の長男と次男も、発達障害があります。

二人とも首すわりやおすわり、ハイハイ、一人歩きなどは普通にできました。

あやすとよく笑うし、視線が合わないこともありません。

ミルクもよく飲み、偏食もありませんでした。

何も問題ないと思っていたのですが、ある日児童館で気になることが。

みんなが一緒に音楽でダンスや手遊びをしている時、全然参加せずに部屋を抜け出すのです。

座って工作なんて、絶対できませんでした。

さらには、すべり台などの順番が待てず、前の子を追い抜いたり押し飛ばしたり。

こだわりが強く、周りに全く関心がなかったのです。

そして、言葉が遅く、2歳になっても単語しかしゃべりません。

心配になったので健診の時に相談したら、療育の施設を教えてもらいました。

発達に心配がある子と親が一緒に通園して、集団生活を学べるところです。

保育園の入園前に親子通園をしたおかげで、子供の特性を知ることができました。

子供の特性が分かると、保育園や小学校でも特性に合わせた対応をしてもらえます。

おかげで、子供はのびのびと園生活や学校生活を送っています。

焦っても、子供は思い通りに成長してくれません。

子供の成長のスピードに、周りが合わせてあげることが大切だと思います。

赤ちゃんの成長が遅いことと障害の関係について

赤ちゃんの発達と成長には、個人差があります。

今はまだできないことがあるかもしれませんが、病気でなければ必ず成長します。

すぐに障害を疑わず、おおらかに赤ちゃんの成長のペースを見守ってあげましょう。

でもどうしてもおかしいと思った場合は、遠慮なく専門家に相談してみてくださいね。

周囲と違うことで、子供自身が困ったり落ち込んだりします。

早めに気づいて、支援してあげることが大切です。

【スポンサーリンク】