専業主婦のあなたは、将来のために貯金できているでしょうか?

私は30代の専業主婦です。

小さな子供もいます。

今のところ、旦那との仲は良好です。

世帯でいえば貯金はそこそこあります。

しかし、旦那が突然タガが外れて、気づいたら貯金がなくなっている、なんてこともあるかもしれません。

専業主婦だからこそ、いざってときのために貯金があると安心できますが…

実際は、なかなか貯金できないのが現状です。

ということで、今回は専業主婦の貯金について、書いてみます。

専業主婦の貯金はいくらなの?

まず世帯の貯金は?

厚生労働省が公開している「平成28年国民生活基礎調査の概況」によると、世帯主の年齢別にみた30代の平均貯蓄額は、

約400万円!

この貯蓄額を単純に2で割ると、一般的な専業主婦の貯金は、

なんと、約200万円!

もちろん、200万円なんて貯金はそうそうできません。

私の本当に仲の良い10人の専業主婦の友達に聞いた貯金は?

私の仲の良い専業主婦の友達に、貯金がいくらか聞いてみました。

正直に答えてくれたと思うので、参考になるのではないでしょうか。

  • 「旦那の貯金はあるけど、私自身の貯金はほとんどないよ」:4人
  • 「50万円あるかないかくらいかな」:3人
  • 「会社員時代に貯金した100万円」:2人
  • 「旦那には内緒だけど、相続したお金がウンとある」:1人

政府の調査だと200万円ぐらいありそうに思えますが、特殊な事例を除いてほとんどの専業主婦は貯金できてないようです。

貯金があるのは、会社員時代が長い人ぐらいでした。

専業主婦の私の貯金は?

私も専業主婦ですが、現在の貯金は150万円です。

会社員時代の貯金は20万円で、残り130万円は旦那の口座から私の口座に移したものになります。

旦那の口座に貯金できない理由

旦那

旦那は、酒、タバコ、ギャンブルはやらないのですが、お金が貯まってくると、たまーに大きな買い物をします。

この前は、

「大きなキレイなテレビが欲しい」

と、なんと25万円もするテレビを買いました。

確かにテレビは、私が会社員時代に会社の忘年会で当てたテレビで、旦那のいうところの「大きなキレイなテレビ」ではありません。

しかし、我が家には小さな子供もいます。

25万円のテレビは我が家にとって「なんて、ぜいたくなものをー」って感じです。

他にも最新のパソコンや、子供の高価なおもちゃなどをポンっと買いました。

残念なことに、お金があると使ってしまうタイプのようです。

旦那の口座から私の口座に少しずつ移動

旦那はインターネットバンクで、たまに自分の口座の金額を確認する程度です。

毎月の出金額が不自然にならないように注意していれば、1~2万円ぐらいはバレずに移動できます。

旦那の口座を一定の金額にしていれば、なにか欲しいものを見つけても、残額を確認してあきらめてくれるようになりました。

まぁ、旦那が働く意欲を失ってはいけないので、ごくごくたまーに、大きな買い物ができるようにはしています。

専業主婦の貯金がいくらかについて

今回は専業主婦の貯金について書いてみました。

特殊な事例を除いて、専業主婦は貯金ができていないようです。

私もかろうじて、会社員時代の貯金がある程度になります。

ちなみに

「貯金がないから、もし離婚したときどうしょう」

という人がいます。

よほど不利な条件がない限り、結婚後の財産は二分割されるので安心してください。

逆に、

「旦那にすごい貯金があって、いつ離婚してもいいぐらい」

という人がいます。

財産の分割は、結婚後にできたものが対象。

旦那の貯金が結婚する前のものであれば、分割対象にならないので注意してください。

まぁ、法律上は財産分割になっていますが、旦那が貯金全てを引き出して行方不明になった!なんてことも「万が一」あるかもしれません。

お金がないと自分と子供が路頭に迷うので、自衛のためにある程度の貯金はあった方がいいのは確かです。