派遣社員として働いていると、産休・育休が取れるかどうか不安ですよね。

産休・育休の取得もそうですが、産休・育休中に手当が支給されるかどうかも気になるところ。

実際にはどうなのでしょうか。

5年前に産休、育休を取得した私の経験もふまえて、お話したいと思います。

派遣社員の産休・育休の取得や手当が支払われる条件は?

各種手当が払われるかどうかと、産休・育休が取得できるかどうかの条件が違うってご存じでしたか?

産休について

まず産休は、産休が始まるまで働いていれば、どなたでも取得できます。

ただ有期雇用の派遣社員の場合、派遣先が契約を更新しれくれないケースは残念ながらあるようです。

雇用契約がなくなってしまうと、産休は取れません。

妊娠を理由にした雇止めは違法なので、もしマタハラかもと感じたら、労働局に相談してみてはいかがでしょう。

出産に関わる主な手当は、出産育児一時金と出産手当の二つ。

出産育児一時金は、基本的にどなたにでも支給されるんです。

ただし、出産手当については、本人が健康保険組合に加入している必要があります。

産休が取得できても、旦那さんの扶養内で働いているという方には支給されません。

育休について

次に育休についてですが、こちらはちょっと取得の条件が厳しいです。

  • 同じ派遣会社で一年以上働いている事
  • 子供が1歳6ヶ月になる日の前日までに労働契約(更新される場合は更新後の契約)の期間が満了することが明らかでないこと

有期雇用の派遣社員だと、2番目の条件が厳しいですよね。

派遣先との契約は、産休に入るまでという事が多いでしょう。

ただ最近は、派遣先との契約が切れても、派遣会社の直接雇用という形で、労働契約を結んでくれる事が多いです。

育休手当は育休中に、雇用保険から支給されます。

育休中である事と雇用保険に加入している事が、最低条件です。

旦那さんの扶養内で働いていても、雇用保険に加入していれば支給される可能性があります。

気になる場合は、派遣会社に相談してみましょう。

私が出産したときの産休と育休について

私は10年ほど前に派遣社員として働き始め、5年前に出産しています。

働き始めた頃は、”派遣社員が産休・育休なんてとんでもない”という風潮でした。

その認識のままだったので、妊娠した時、多分契約更新をしてもらえないだろうと思っていたんです。

実際当時は、妊娠したら契約が更新されなかった、という話がまだ珍しくありませんでした。

けれど私の場合、派遣先から、

「可能であればギリギリまでお仕事をしませんか」

と言って頂けたんです。

おかげで無事産休を取得できました。

その後は派遣会社が直接雇用という形にしてくれたので、育休も丸々一年間取得。

フルタイムで働いていたので、出産手当も育休手当も満額支給されました。

私の場合、派遣先が大手で、女性の産休・育休取得率が高く、妊娠している女性が働く事に理解があったのが大きかったと思います。

その後、同じ派遣先で働いていた派遣社員が数人、産休・育休を取得したそうです。

産休・育休が取得できる派遣会社が増えている

今なら無期雇用の派遣社員ならば、まず取れないという事はないでしょう。

有期雇用の派遣社員の場合、産休に入るまで契約が続くかどうかがポイントです。

あなたがこれから妊娠の予定があるなら、働いている派遣会社や派遣先で産休・育休を取得した人がいるかをチェックしてみましょう。

そして妊娠したら、まず派遣会社や派遣先に今後も働きたい意志をはっきり伝える事。

妊娠中の働き方や、不測の事態が起きた時にどうするかも話し合いましょう。

なにより常日頃から派遣会社や派遣先の信頼を得るべく、まじめに働いている事が重要です。