赤の他人と一緒に暮らすなんて、信じられないと思いませんか。

たとえ愛があるからといって、正直いつまで続くか分かりません。

それより、死ぬまで旦那の分までご飯を作ったり、洗濯したり面倒だな、と思ってしまいます。

私も、

「結婚は幸せじゃない」

って思っていました。

しかし、今は結婚して、旦那と子供がいます。

今回の記事で、

「結婚も幸せかもしれない」

と思ってもらえたら、嬉しいです。

結婚が幸せじゃないと思うあなた!孤独死って怖くないですか?

孤独

ある日ニュースで見た孤独死した方が住んでいたマンションは、とても寂しく思えました。

「結婚しない」という選択をした場合、基本的に「子供を持たない」ということになります。

子供を持たないということは、あなたの最期の瞬間、誰があなたを看取ってくれるのでしょう。

祖父母?親?

多分、先に亡くなっていますよね。

兄弟?友達?

生きている可能性は高いですが、疎遠になっている可能性も高くないですか。

もちろん、結婚しても、誰かがあなたを看取ってくれる保証はないです。

けれど、結婚することで、孤独死を避けられる可能性は高くなります。

結婚は幸せじゃないかもしれません!

孤独死のニュースを見て、私は自分の理想的な最期を考えるようになりました。

春の暖かな陽射しの中で、色んな人に囲まれて、

「あぁ、良い人生だったな」

と思えたら、理想的な最期ではないでしょうか。

でも、私は趣味もなくて、社交性もありません。

今のままだと、誰も知らないアパートの隅っこで、ひっそりと死を迎えるかもしれない。

だから、私は結婚し、子供を作ることにしました。

ぶっちゃけると、結婚なんて幸せじゃないと思う場面も多いです。

旦那の靴下はとっても臭いし、子供はピーピー泣くし、

「なんで私がこんなことしなくちゃいけないだろう」

っていつも考えちゃいます。

結婚は幸せじゃないと思うあなたへ!2つだけアドバイス!

①両親のことを考える

結婚する前、私は母にポロっと

「赤の他人と一緒に暮らすなんて信じられない」

とこぼしたことがあります。

私の母は、

「私もお父さんとは赤の他人だったのよ」

と返してきたのです。

この言葉を聞いたとき、目から鱗が落ちる思いでした。

確かに私にとって、父と母は親ですが、母にとって父は赤の他人です。

客観的にみてみると、2人はたまにケンカしていましたが、仲のいい夫婦でした。

あなたも自分の両親のことを、考えてみては。

②結婚相手の選び方を考える

結婚して数年経った今、旦那のことは

「嫌いじゃない、でも大好きって訳でもない、いないと寂しいかな」

ってレベルです。

子供が生まれると子供に愛情が移りますし。

多分旦那も似たようなものだと思います。

ところであなたは、

「パーソナルスペース」

という言葉を知っていますか。

他人に近寄られたら嫌な気分になる距離のことです。

私も旦那も社交的ではないので、パーソナルスペースは他の人より広く取っています。

このパーソナルスペースが狭い人と結婚していたら、それこそ結婚なんて幸せじゃないって思っていたでしょう。

私の場合は

「相手が良かった」

といえます。

というか、相手を選んだのですが…

あなたも相手を選ぶことができるのです。

私は好きか嫌いかより、一緒にいて居心地がいい相手と結婚することを、オススメします。

結婚は幸せか幸せじゃないか?結局はあなた次第!

今回は結婚が幸せかどうかについて、考えてみました。

私が結婚したのは、孤独死が嫌だったから。

信じられないかもしれませんが、大真面目な話です。

今は女性も十分独り立ちできる時代。

「結婚しない」という選択も有りだと思います。

私自身、旦那の面倒も子育ても

「やめてやるー」

って何回も思いました。

しかし、

  • ご飯を作っている間に旦那と子供が遊んでいるとき
  • 子供が横でスヤスヤと寝ているとき

ふとした瞬間に幸せを感じることがあります。

結婚を手放しで、「幸せ」という気はありません。

最近は「熟年離婚」という言葉も、よく聞くようになりましたし。

ただ、頭から

「結婚は幸せそうじゃないから、やめておく」

と決めつけず、「結婚」について、もう少し考えてみるのもいいのでは。

幸せか幸せじゃなかったかの答え合わせは、日常ではなく、最期の瞬間だと思っています。

結婚が、「最期のとき」、幸せに思えるかどうかで考えてみましょう。