これからいよいよ夏休みシーズン。

お盆に家族そろって旅行に行く計画を、立てていませんか?

初めての子供との旅行って、何を持って行ったらいいか迷いますよね。

便利なのが、旅行会社などのサイトにある持ち物リストです。

でも、リストを見ると持ち物がいっぱい。

全部持って行ったら、大荷物になってしまいそうですよね。

そこで、私の旅行経験から、これは必要だったと思うものを、いくつかリストアップしました。

参考にしてみてくださいね!

【スポンサーリンク】

子供と旅行する時の持ち物リストで本当に必要なのは?

赤ちゃん、幼児さんと行く時、私が必需品だなと思ったリストはこちら。

私が思う必需品

紙おむつ・おしりふき・ビニール袋・着替え・帽子・バスタオル・食事用エプロン・歯ブラシ・ミルク・離乳食・哺乳瓶・水筒・子供用のスプーン・フォーク・箸・おやつ・おもちゃ・タブレット端末・抱っこ紐・扇子・保冷剤

絶対に必要というわけではないですが、あったら便利だと思うリストはこちら。

あったら便利な持ち物

ベビーカー・レジャーシート・おねしょシート・日焼け止め・虫除けスプレー・絆創膏・アルコール除菌ジェル・酔い止め・麺カッター・爪切り

基本的には、現地で簡単に調達できないものを、選んで持って行きました。

他のもので代用ができるものも、置いて行きますね。

【スポンサーリンク】

子供と旅行する時の持ち物!リストアップした理由

では、なぜこれらが必要なのか、ご説明していきますね。

おしりふき

お手拭き、汚れたテーブルの掃除、暑い時の汗拭き、何にでも使えます。

食事時は携帯用除菌ジェルとセットで使えれば、さらに安心ですね。

ビニール袋

サイズは小さくても、100枚入りなど枚数の多いものがいいです。

ゴミやオムツをため込まず、そのつど捨てるのに必要。

また、マグやスプーン・フォークなどの洗いものを、ちょっと入れておきたい時などにも便利です。

着替え

日数分より多めに持って。

汗をかいたり水遊びをしたり、食事で汚したりします。

靴下もすぐ汚れるので忘れずに。

食事用エプロン

着替えを減らすためにも、必需品ですね。

私はプラスチック製の水で洗えるタイプのものを、持って行きました。

使い捨てタイプはかさばらなくて清潔なので、もっと良いと思います。

歯ブラシ

ホテルや旅館では、大人の分しか用意されていないところが、ほとんどです。

アメニティーは子供の歯のサイズにも合わないので、子供用を持参しましょう。

子供用のスプーンや箸

サービスエリアのレストランなど、使うシーンは意外と多いです。

タブレット端末・オモチャ

電車などの公共交通機関では、タブレット端末があると便利。

騒がないよう、アニメ動画を見せることができます。

大きな音の出るオモチャは、NGですよ。

暑いと周りの大人もイライラしています。

なるべくおとなしくさせる工夫が大事です。

抱っこ紐

歩ける年齢になっても、意外と使います。

私の子は3歳くらいまで使っていました。

小さな子は長く歩くと疲れて、眠ってしまうことがあるんですよね。

寝付いたらなかなか起きてくれませんし、歩くのを嫌がって泣いてしまいます。

夏は低い場所の方が太陽光の跳ね返りの熱を受けるので、暑さにぐったりしてしまうことも。

疲れているかなと思ったら、抱っこ紐で楽をさせてあげましょう。

ベビーカー

長時間歩く予定がある時は、折りたたみベビーカーが必要です。

ディズニーランドなど、施設によってはレンタルできる可能性もあります。

出かける前に貸してもらえるかどうか、チェックしておきましょう。

レジャーシート

食べこぼしが気になる子に。

オムツ替えシートがわりにもなって、便利ですよ。

麺カッター

私は持っていなかったんですけど、あったら便利だなと思います。

うどんは小さい子も食べられるメニューなので、よく注文していました。

でも、大人用の麺は一本が長い! 

それにコシがあって、子供にとっては食べづらいもの。

食べやすい大きさに、切ってあげたかったです。

扇子

暑い時、広げてあおぐ扇子は、うちわよりかさばらずに持ち運べて便利。

熱を冷ます冷却ジェルや保冷剤も、あったらいいですね。

赤ちゃんがいるのであれば、暑さ対策をしっかりしてあげてくださいね。

子供と旅行する時の持ち物リストまとめ

今回は、子供と旅行する時に必要な持ち物を、選んでみました。

子供さんの年齢に応じて、必要そうなものを選んでみてくださいね。

5歳になった私の子が今でも手放せないのは、おしりふきとビニール袋と着替えです。

あとはどうにでもなるという気楽さも、夏旅には大切かもしれません(笑)

【スポンサーリンク】