筋トレは、筋肉を鍛えて体を大きくするためにも、体を引き締めるためにも最適な方法です。

筋トレと聞けば、ボディービルダーのような人をイメージするかもしれません。

しかし最近では、ダイエットにも積極的に筋トレが導入されていますね。

あなたもダイエット目的の筋トレに、興味を持っているかもしれません。

あなたは筋トレをする際、どのように行なっていますか?

例えば、

『毎日腹筋、腕立て伏せ、スクワットをする!などと決めて行なう』

といった方法?

それとも、

『今日は腹筋と背筋をして、明日はスクワットをする』

といった方法でしょうか?

もしかすると、

「どのように行えば効果があるのかわからない」

と、言うかもしれませんね。

実際に、私もどんな筋トレをすればいいか、わかりませんでした。

なので、筋トレを始めても、続けることが出来なかったのです。

では、どのように筋トレを行うと、効果があるのでしょうか?

【スポンサーリンク】

筋トレは上半身と下半身を分ける?最適な方法について調べた!

筋トレを始めたての人は、全身鍛えられるメニューを毎日行うことが多いと思います。

あなたも経験があるのでは?

しかし、筋トレを続けている人に聞くと、日によって違うトレーニングをしていることがほとんどです。

具体的には、上半身と下半身に分けるなど、部位によって分けてトレーニングを行っています。

では、日によって上半身と下半身のメニューを分けて、筋トレを行う目的とは何なのでしょうか?

上半身と下半身に分けて筋トレを行うのは、

「質の良い筋トレをするため」

です。

実際に私が実践した方法をご紹介します。

私の場合は、一日1時間筋トレをする時間をとりました。

1時間で全身を鍛えるとなると、上半身と下半身それぞれにかけられる時間は、必ず少なくなりますよね。

また、時間に余裕がある人でも長時間筋トレをすると、必ず集中力が切れるので質は落ちるでしょう。

そこで、上半身と下半身の筋トレをする日を、分けることにしたのです。

すると、以前より負荷の高い追い込んだ筋トレをすることができ、徐々に筋肉が大きくなってきたように感じました。

つまり、高い負荷をかけたトレーニングをするほど、筋肉が肥大しやすいのです。

このことから、体を引き締めたい人には、部位ごとに追い込む方法は、適していないことがわかります。

上半身と下半身を分ける方法は、体を大きくしたい方に適した方法なのです。

【スポンサーリンク】

上半身、下半身を分けて筋トレすると…?

筋トレ

上半身と下半身に分けてトレーニングすると、どうして筋肉が肥大しやすいのでしょうか?

一つの理由は、先に述べたように追い込めるからです。

筋肉に高い負荷をかければかけるほど、太く大きい筋肉になります。

逆に、負荷の低い筋トレをすると、比較的に細くて引き締まった筋肉になるのです。

(※負荷の低い筋トレは、当然ですが行う回数が増えます。)

もう一つは回復と、関係があります。

そこで知っておきたいのが、筋肉が肥大する仕組みです。

筋肉が肥大する仕組み

筋トレをすると、筋繊維が破壊される。

筋繊維が破壊されたことにより、筋肉の強さが落ちる

休養をとり、筋繊維が修復される。

筋肉が筋トレ前よりも少し強くて大きくなる

このような仕組みで筋肉が大きくなっていくのですが、強度の高い筋トレをするほど筋肉が破壊されます。

筋肉へのダメージが大きいほど、休養をしっかり取る必要があるのです。

休養をとることを怠ると、破壊された筋肉をいじめることになるので、逆効果になります。

つまり、休養をとらないと、筋肉は成長しないのです。

では、上半身と下半身を分けて、筋トレをすることを考えてみましょう。

鍛える部位を分けることで、より高い強度のトレーニングが可能となります。

例えば上半身を鍛えると決めていれば、筋肉が元気な状態で負荷をかけることが出来るからです。

さらに、上半身や下半身のトレーニングが一日置きになることで、筋肉を休ませることが出来ます。

  • 上半身の筋トレの日:下半身の筋肉は休養日
  • 下半身の筋トレの日:上半身の筋肉は休養日

といった感じです。

ですから、上半身と下半身とに分けた筋トレは、筋肥大に適しているといえます。

筋トレを上半身と下半身に分けることについて

筋トレ

今回は上半身と下半身に分けてトレーニングをする意味や、筋肥大の仕組みについて書いてみました。

部位を分けて行う筋トレは高負荷のトレーニングが可能ですが、筋肉を休養させられる点もメリットです。

もし、あなたの目的が筋肥大ではなく、ダイエット目的なのであれば、高い負荷を掛ける必要はありません。

追い込むのではなく、自重トレーニングで十分です。

上記のトレーニングメニューを行うことで、十分な効果が期待できるでしょう。

無理をする必要はありません。

出来る範囲で、まずは習慣にすることを目標にしましょう。

あなたが理想のボディを手に入れることを願っています。

【スポンサーリンク】