結婚指輪のお金は割り勘にするもの?二人が納得する負担方法に!

婚約指輪は、男性から女性へプロポーズをするときのプレゼント。

男性が全額負担してくれることが多いですよね。

あなたは次に、結婚指輪を買う予定ではありませんか?

パートナーとお金のことで、喧嘩はしたくないもの。

二人が納得する負担方法があれば、知りたいですよね。

私は去年結婚したのですが、結婚指輪は割り勘にしました。

勝手に割り勘が普通だと思っていたのですが、調べてみると、男性が多く負担するケースが多いようです。

今回は、結婚指輪のお金の負担方法について、お話ししていきます。

結婚指輪のお金は割り勘?それとも…

割り勘

私の周りの夫婦で、一番多かったのが、割り勘です。

結婚資金を共同口座に貯めておき、そこから結婚指輪のお金を出すという形をとる夫婦もいました。

結婚前は浮かれた気持ちになってしまいがちですが、これから先に待っているものは、長い長い結婚生活

あなたもお金を出すことで、結婚するという自覚がよりいっそう強くなるでしょう。

どちらかが多く負担する

女性にとって結婚指輪とは、昔からの夢で、一生の宝物になるもの。

あなたも、

「結婚指輪はプレゼントしてほしい!」

と憧れを持っていませんか?

「女性側が男性側の家に嫁ぐ」という意識が強い場合、「割り勘はありえない!」と感じるかもしれませんね。

男性が全額負担する場合、家庭を作り、責任を持つという自覚がよりいっそう強くなるでしょう。

また、負担するのは男性だけとは限りません。

今は、女性も働く時代。

もしかしたら、あなたの方がパートナーよりも収入が高いかもしれません。

古い慣習に捉われずに、女性が多く負担するのもアリだと思います。

お互いにプレゼントするという考え方も

割り勘と考えるのではなく。

お互いにプレゼントすると考えると、素敵ではありませんか?

結婚指輪はこれから先ずっと、あなたがパートナーとおそろいで身に着けるもの。

相手からプレゼントされた指輪なら、左手の薬指を見るたびに、笑みがこぼれてしまいそうです。

あなたの笑顔が、さらに幸せを呼び込むかも。

考え方を変えるだけで幸せな気分になれるのですから、検討してみる価値があるのでは。

私は、結婚指輪のお金は割り勘にしました

私は、結婚指輪を割り勘で購入しました。

婚約指輪をすでにプレゼントしてもらっていたので、これ以上パートナーに負担をかけるわけにはいかないと思ったからです。

私は元々、プレゼントされるのは、貸しを作るようで苦手でした。

婚約指輪に関しても、割り勘を提案していたのですが。

パートナーの昔からの夢だったということで、押し切られた形ですね。

でも、いくら

「好きなデザインを選んでいいよ」

と言われても…

他人のお金だと思うと、あまりにも好き勝手にするわけにはいきませんでした。
(パートナーの年収は知っているわけですからね。)

結局、遠慮してしまって、100%好みの指輪ではなく…

婚約指輪で後悔を残してしまったので、

「結婚指輪は、納得できるデザインにしたい!」

と思い、割り勘にすることに。

割り勘なら、

  • ダイヤモンドを少し大きくしても
  • シークレットストーンを入れても
  • お互いの名前を刻印しても

全額負担してもらうよりは、相手の負担は小さくなります。

結婚指輪は好きなオプションを全部盛り込んだので、すごく気に入りました。

二人でずっと身につけるものですから、絶対に妥協してはダメだと思います。

結婚指輪のお金を割り勘にするかは相談で

今回は、結婚の指輪のお金は割り勘なのかについて、お話ししてきました。

二人でお金を出し合うときの負担方法は、割り勘か、どちらかが多く負担するかの二択しかありません。

お金の出し方について、正解はないのです。

あなたとパートナーでよく相談して、不満が残らないようにすることが一番大事。

結婚生活のスタートが、良いものになることを祈っています。