納豆の効果って?女性ホルモンに良いって本当?

日本の食卓に欠かせない納豆。

ご飯にかけたり、お味噌汁にいれてみたり、チャーハンに入れたり。

当たり前のように食べている納豆ですが、身体によい様々な効果があるそうです。

そして、女性ホルモンにも良い影響を、与えてくれるとのこと。

今回は納豆の効果について、みてみます。

納豆には、どんな栄養素と効果がある?女性ホルモンを助けるのはどの栄養素?

ナットウキナーゼの効果

納豆といえばよく聞くのが、

「ナットウキナーゼ」。

なんだかよく知らないけど、

「とりあえず体によさそうな感じはする!」

と思って納豆を食べていましたが、どんな働きをするのでしょうか?

『ナットウキナーゼとは納豆に含まれる酵素タンパク質の一種。血栓溶解活性の増強作用がある』

参照 http://j-nattokinase.org/nattokinase/index.html

なんだか難しいですが、簡単に言えば、血液をサラサラにしてくれるようです。

よく、

「血がドロドロになると病気につながる!」

なんていう話を聞きます。

まさにこれを防いでくれるのが、ナットウキナーゼというわけです。

ビタミンと食物繊維もたくさん!

ビタミンと聞くと、肌に良いというイメージが。

中でも納豆に含まれているビタミンB2は、美肌効果が高いと言われています。

『皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがある』

参照 https://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_20.html

口角炎や口内炎ができるときは、ビタミン不足が原因です。

中でもビタミンB2が不足してしまうと、皮膚のターンオーバーがうまくいかなくなります。

そのため炎症が起きてしますのです。

お肌のターンオーバーをスムーズにするためにも、ビタミンB2は不可欠な栄養素。

加えて納豆には、食物繊維も豊富に含まれています。

食物繊維には、不溶性・水溶性の二つがあるのですが。

この二つをうまく摂ることによって、便秘改善の効果が期待できます。

もし便秘が改善できれば、ダイエット効果も期待できるのでは。

さらには、吹き出物の発生予防効果も、期待できます。

大豆イソフラボンは女性の味方~!

納豆の原料は大豆です。

そして、大豆にはイソフラボンが、豊富に含まれています。

『大豆イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造が似ていることからエストロゲンに似た作用を生じることが知られています。エストロゲンは、月経周期の調整など重要な働きがあります』

参照 https://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0202-1a.html

大豆イソフラボンは、サプリメントでもよく見かけるのでは。

最近、ホルモンバランスが乱れてきたな~と感じたら、是非とっておきたい栄養素ですね。

サプリメントでも摂取可能ですが、食事から摂るのが一番かなと思います。

女性ホルモンは、年齢と共に低下してしまいますので、注意が必要です

納豆を効果的に摂取するためには?女性ホルモンは要注意?

体によいと言われる納豆ですが、どんな食べ方が一番効果的なのでしょうか?

火を通すとあまり良くないという話を、聞いたことがあります。

何故なら、ナットウキナーゼは、熱に弱いからです。

私も、お味噌汁に入れてみたり、お好み焼きにいれてみたりしたことがあります。

熱を加えると粘りが弱まるので、食べやすいのです。

でも、ナットウキナーゼの効果も、弱まっていたとは…

食物繊維に関しては、熱を加えても影響はありません。

ですから、食物繊維をとることを目的としているなら、加熱しても大丈夫です。

せっかくなので、我が家の納豆の食べ方を紹介します。

『トマト+きゅうり+納豆』

加熱はしませんし、トマトやキュウリと一緒に食べることで、野菜も摂取できます。

ドレッシングは必要ないので、あなたがダイエット中なら、おすすめの食べ方です。

『しらす+納豆』

この組み合わせは、子供が大好きです!

しらすにはカルシウムも豊富に含まれるので、子供には是非とってもらいたい食材。

納豆と組合わせれば、栄養価もばっちりです。

疲れてしまって、食事が進まないときにおすすめ。

 

他にも、卵と組合わせたりと、バリエーションは豊富です。

自分が摂取したい栄養素と組合わせて、飽きることなく美味しくいただきましょう。

ただし、一つだけ注意点があります。

イソフラボンの働きです。

イソフラボンは、エストロゲンと似た構造になっていて、女性ホルモンを助けてくれると紹介しました。

が、摂取しすぎるとマイナスの影響を、与えてしまう可能性があります。

月経周期の調整をしてくれるはずが、摂りすぎることによってホルモンバランスを崩すかもしれないのです。

エストロゲンを増やしたいからと、毎食摂ることはお薦めできません。

納豆

納豆の効果について

納豆は、本当に様々な栄養素を含んでいます。

お値段もお手頃で、どこでも手に入ります。

今まで「なんとなく健康によさそうだから」と食べていた納豆ですが。

栄養素や効果を理解すると、しっかり摂ったほうがいいことがわかったのでは。

我が家でも、納豆は欠かせない存在です。

子供がいるなら、積極的に食べさせたほうがいいでしょう。

お子さんや自分にあった、より良い食べ方で納豆を食べてみてください。