幼稚園や保育園に行かない子供の割合は?行かないとダメ?

子供が3歳になれば幼稚園や保育園への入園を考える親が、大半だと思います。

私の二番目の息子も、3歳で園に通えたらいいなと思っていました。

でも実際に通いだしたのは、4歳の冬から。

知的発達の遅れで、集団生活が困難だったのです。

長男が通った幼稚園の面接にも落とされ、次男は保育園に通うことになりました。

園に行かせたいと思っていても、入れないこともあるんですよね。

うちの子も園には通えない、または通わせたくないけど大丈夫? と不安を感じているあなた。

幼稚園や保育園に行かない子がどのくらいいるか、人数と割合を調べてみました。

参考にしてみてくださいね。

幼稚園や保育園に行かない子供たち、何割いる?

幼稚園や保育園に行かない子供たちは、どのくらいいるのでしょうか?

2019年4月の調査で、3歳から5歳までで約14万人いることが分かったそうです。

2歳の幼児は、約半数の51.6%がどちらの園にも行っていませんでした。

ところが、3歳になると、園に行かない子は1割以下の8.9%に激減。

小学校入学前の5歳では、さらに1.9%となりました。

やはりほとんどの子が、3歳から幼稚園や保育園に行き始めるようですね。

園に通わないまま小学校に上がる子は、とても少ないということが分かりました。

幼稚園や保育園に行くことは一般的ですが、義務ではありません。

なぜ行かない子は、これほど少ないのでしょうか。

園に行くメリットは、だいたい以下のことが言えると思います。

  • 基本的な生活習慣が身につく
  • 給食によって栄養バランスの良い食事が取れる
  • 集団生活、集団行動に慣れる
  • 自立心や自主性が育つ

どれも大切ですよね。

個人的には、特に給食が助かります。

家で栄養バランスの良い食事を毎日作るのは、大変ですものね。

幼稚園や保育園に行かないご家庭には、こんな理由があるようです。

  • 金銭的な余裕がない
  • 心身に障害を持っていて、通うのが困難
  • 預けたいけど保育園が空いていない(待機児童)
  • 働いていないので幼稚園に入れたいが、家の近くにない
  • 外国人で日本語に不慣れ
  • 自分の手で愛情を注いで育てたい

経済的な理由や社会問題など、仕方のない理由を持つご家庭もあるようです。

理解して接するように、していきたいですね。

幼稚園や保育園に行かない子への入学準備は?

園に行かない場合は、どのようなことを家庭で教えればいいのでしょうか。

大切なのは、お子さんの年齢に応じた生活力を、身につけさせることです。

5歳までにこれができていれば安心だと思われる項目を、調べてみました。

生活

  • 一人で服の着脱ができる
  • 洗顔・歯みがきの習慣がついている
  • オムツが取れるようにする(トイレで排尿、排便ができる)
  • 箸が使える
  • 脱いだ服をたためる
  • 決められた時間に行動する

言葉

  • 自分の名前・年齢・誕生日・住所が言える
  • 挨拶ができる
  • 返事ができる
  • 自分の意思を伝えることができる
  • 相手の目を見てコミュニケーションが取れる

学習

  • 10まで数えることができ、簡単な足し引きができる
  • 色や図形を理解する
  • 折り紙を折れる
  • ハサミ・クレヨン・のり・テープが使える
  • 文房具を問題なく使える

 

これだけできれば、園に通わなくても困らなそうですね。

うちの次男は現在5歳で、生活はほぼ大丈夫。

言葉は遅れていて、「ブレーキ」を「クレープ」と言い間違えたりします。

今は「あいうえお」を覚えさせようと頑張っているところ。

学習はまだまだこれからで、ちょっと心配です。

具体的にこれができる、できないを知っておくと準備しやすいですね。

集団生活に慣れていない子の一番の不安は、コミュニケーションでしょうか。

一緒に遊ぶ子がいないと「貸して」「はい、どうぞ」ができません。

順番を譲ったり、周りの空気に合わせたりするのも時には必要。

積極的に同世代の子と遊ばせましょう。

私も入園前は、次男が普通に集団生活できるのか、とても不安でした。

そこで、児童館や地域の支援センターに、毎日のように通うことに。

ママ同士の情報交換の場を作るのも、大事です。

子育てでこんなところに困っている、と相談できる人を作っておくと安心です。

幼稚園や保育園に行かない選択もアリ

幼稚園や保育園に行かない子は、全体の割合ではごくわずかです。

しかし、園に行かせるかどうかは、そのご家庭の自由。

子どもの成長やご家庭の事情に合わせて、よく考えた上で決められたら良いと思います。

私の長男はお勉強系の幼稚園に行き、周りについていけないこともありました。

園によって方針もさまざまです。

子供に合わない時は、無理せず「行かない」選択もアリだと思っています。

ただ、小学校に入学すれば、集団生活は欠かせないもの。

お子さんが困らないように、ご家庭でしっかりサポートしてあげましょうね。