赤ちゃんの感情表現が豊かになってくる3ヶ月頃。

首が座り始め、たて抱っこもできるようになってきて、とても可愛いですよね。

けれども夜中に突然泣き出してしまう「夜泣き」が、始まることも…。

いったいなぜ? とお悩みのあなたへ。

今回は、3ヶ月の赤ちゃんの夜泣きの原因について調べました。

3ヶ月の赤ちゃんが夜泣きする原因は?

夜泣きとは、何なのでしょうか。

実は、多くの育児書には、

「夜間の理由の分からない泣き」

と書いてあるそうです。

お腹が空いたり、オムツが濡れたりしていないのに、泣いてしまう赤ちゃん。

赤ちゃんの中で何が起きているのか、やっぱり知りたいですよね。

3ヶ月頃の夜泣きとして、考えられる原因をいくつか調べました。

原因① 睡眠サイクルが未熟

3ヶ月頃の赤ちゃんは、まだ夜中にまとまって寝ることができ始めたばかり。

浅い眠りと深い眠りを繰り返すサイクルが、未熟なのだそうです。

浅い眠りの時に目が覚めると、そのまま寝付けなくてイライラするみたい。

眠れないとイライラするのは大人も同じですよね。

原因② 昼間の夢を見ている

知能が発達してくる3ヶ月頃。

首がすわってきて、見える景色も変わっているのでしょう。

昼間の経験が夢に出てきて、興奮しているのかもしれませんね。

原因③ たっぷりと昼寝をしている

昼間にたっぷりと睡眠をとってしまうと、夜中に目が覚めてしまいますよね。

お昼寝は午前・昼ごろ・夕方の1日3回程度が一般的のよう。

時間は合わせて4〜5時間程度にして、あまり寝かせすぎないように。

原因④ ママに何かを要求している

  • お腹が空いた
  • オムツが濡れた
  • 暑い
  • 寒い
  • 暗くて怖い

など。

赤ちゃんはママに伝えたいことがあって、泣いているのかもしれません。

病気で泣いている可能性もありますので、異変にはすぐに気づいてあげたいですね。

夜泣きする3ヶ月の赤ちゃんへの有効な対処法とは?

さまざまな原因が考えられる夜泣き。

生活のリズムを整えて寝かせやすくしても、ダメな時もありますよね。

いったん泣き出してしまった時は、どうしたらいいのでしょうか?

ネットで見つけたママたちの体験談から、有効だったという夜泣きの対処法をご紹介します!

対策法① おっぱい・ミルクをあげる

ママたちの意見で最も多かったのが、おっぱい・ミルクをあげる方法。

お腹がすいていないのだとしても、やっぱりおっぱいが一番落ち着くよう。

私も夜泣きの頃は、よくおっぱいをあげていましたね。

自分も眠いので、添い乳をしながら一緒に寝ましたよ。

対策法② 抱っこする

おっぱい・ミルクとほぼ同じくらいで選ばれているのが、抱っこ。

抱っこをしてあげると、寝ちゃう子が多くいるようですね。

ママの抱っこで守られているという安心感が、あるのかもしれません。

私は横抱きをしながらブランコのように、ゆっくり揺らしてあげていました。

ふわふわしながらそっと布団に寝かせると、そのままよく眠ってくれたものです。

対策法③ 家の外に出る

車に乗せてドライブしてしまうというママの意見も。

車の振動が心地いいのか、いつの間にか眠ってしまうようです。

ドライブまではしなくても、外の空気で気分転換できるかもしれませんよ。

対策法④ 一度起こして、遊ぶ

中途半端に寝かしつけ、夜泣きを長引かせるより、完全に起こした方がいいのかも。

ご近所の迷惑にならないよう、気をつけないといけませんけどね。

 

他には、こんな意見もありました。

  • ⑤音楽を聴かせる
  • ⑥小児はり
  • ⑦アロマオイル

いろいろ試して、効果的なものを見つけてくださいね!

夜泣きで親子の絆を感じることもあります

私も夜泣きが辛いと感じていたのが、3ヶ月頃のことでした。

おっぱいやミルクをあげれば一時的に収まるのですが、一時間後にまた夜泣き。

パパが抱っこしようとしても、嫌がってしまいます。

「なんとかして」

と言われても、どうしたらいいか分かりませんでした。

私は添い寝しながら、静かに赤ちゃんの胸をトントンと優しく…。

ママはここにいるよ、と感じてくれたのか、スヤスヤ眠ってくれましたよ。

寝不足で辛いこともありましたが、夜泣きは絆を感じられた思い出です。

夜泣きは3ヶ月経った赤ちゃんの成長だと思って

今回は3ヶ月になった赤ちゃんの、夜泣きの原因について調べました。

はっきりとした原因が分からなくて辛いかもしれませんが、夜泣きはいつか終わります!

夜泣きは赤ちゃんの成長です。

うまく泣き止まなくても、自分のせいだと思わないでくださいね。

辛い時期を乗り切って、親子の絆を深めましょう。