海外旅行の持ち物どうする?【台湾編】

あなたはよく海外旅行に行かれますか?

海外旅行の持ち物、しっかり準備したいですよね。

楽しい海外旅行なのに、行った先で、

  • あれがない
  • 間違った
  • 困った

ということがないようにしたいもの。

海外旅行の持ち物は?

今回は台湾編です。

海外旅行の持ち物、まずこれ!

一般的な海外旅行で必要なものが、いくつかあります。

  • パスポート
  • お金:特に(両替用の)日本円。もちろん旅行の行き帰りに日本で使うお金も。
  • 航空券・ホテルバウチャー(ご予約・支払い証明書)など
  • クレジットカード:国によりますが、大きな買い物にはぜひおすすめ
  • デジカメ・スマホ・充電器類
  • ガイドブック
  • スーツケース

など。

上記はどの国でも必要です。

もちろん他に、滞在期間に応じた着替え、洗面道具なども必要となります。

他におすすめの海外旅行の持ち物は

  • 海外用の財布:日本円の財布と別にすると、大変便利です
  • パスポートのコピー:いざという時のために!パスポートとは別の場所にしまっておきましょう。
  • 緊急連絡先のメモ:これもいざという時のために!

それから、当然のことですが、日本ですぐ手に入る物が、海外旅行中ではなかなか手に入らないという場面が多くあります。

大切な限られた海外旅行の時間を、不必要な買い物の時間に取られたくないですよね。

必要なものは、できるだけ持っていきましょう。

出来れば持っていきたいもの

薬関係:常用の薬(多めに)・胃腸薬・風邪薬・酔い止 など

その他:キズテープ・綿棒・マスク・ヘアバンド・ウェットティッシュ など

※日本でしたら、どこでもすぐに買える物ですが、海外ではなかなか思うものが手に入りません。

台湾ならではの持ち物

続いて、台湾ならではの持ち物を見ていきましょう。

ずばり、折り畳み傘、これはぜひお持ちください。

台湾は亜熱帯地域ですので、突然雨が降ることがよくあります。

夏の時期でしたら特に日差しが強いので、晴雨兼用の傘がよいかもしれません。

もっとも折り畳み傘は、現地で格安で売られているので、現地で買うという方法もあります。

次におすすめは、日焼け止めクリームです。

台湾の日差しの強さは、半端ではありません。

SPF値の高い日本製がおすすめです。

暑い時期の服装でお勧めなのが、薄い長袖の服

日焼けを防ぐということもありますが、台湾では冷房がガンガンにかかっているところが多いので、長袖持参をお勧めします。

その他のおすすめの持ち物は、筆記用具とメモです。

台湾ではホテル・空港を除くと、ほとんど英語が通じません。

英語が通じない場合、筆談が役立つのです。

店でさっとメモ用紙を出して、「水」と書けば水を持ってきてくれますよ。

忘れてはならないのが、台湾用プリペイドSIMカード

スマホ一台に一枚SIMカードを用意しておくことをお勧めします。

特に台湾のSIMカードは格安です。

台湾でも様々な場所でWi-Fiを使えるようになりました。

しかし、SIMカードがあれば、Wi-Fiが使えない移動中なども安心。

常時、同行者と連絡を取り合ったり、調べ物をしたりと日本と同じ感覚でスマホを利用できます。

SIMカードは日本の空港でも購入できますが、心配であれば事前に購入しておくといいでしょう。

SIMカードはSIMフリースマホがあれば、もちろんすぐに使えます。

  • NTTドコモ
  • au
  • ソフトバンク

などのスマホでも、事前に携帯ショップで「SIM解除」すればOK。

使い方も簡単です。

日本で出国手続きをしてから、台湾のSIMカードに差し替えます。

帰りは逆に台湾で出国手続きをしてから、日本のSIMカードに差し替えるだけ。

SIMカードは小さいものなので、無くさないように保管場所を事前に決めておきましょう。

差し替え方はスマホにより様々、台湾に行く前に事前に練習しておいたら良いですね。

プリペイドSIMカードを使えないスマホをお持ちなら、台湾で使えるレンタルWi-Fiルーターを用意していくと便利。

台湾旅行中に複数人で共有して使うこともできます。

レンタルWi-Fiルーターも、空港などでレンタル可能です。

台湾からの帰りの持ち物を考えておこう

最近はLCC(格安航空会社)で、海外旅行に行く人が増えてきました。

LCCの方がずっと安く気軽に、海外旅行を楽しめますね。

台湾のような近距離ですと、より気軽です。

ただ行き帰りの荷物の重さや数、大きさに制限があります。

機内持ち込みだけにしようとすると、スーツケースのサイズはもちろん、重さや数も気にかける必要が…。

特に問題は、台湾からの帰りの持ち物です。

台湾で思いっきりお土産を買いたい、でも重い、かさばりそう、と行く前から悩んでいませんか。

だったら、できるだけ行きの荷物を最小限にしましょう。

そして、折りたたみ式キャリーバックを、持ち物に入れておくのです。

帰りに台湾のお土産が満載になっても、折りたたみ式キャリーバックなら、機内持ち込み手荷物にできるなど、工夫できます。

海外旅行の持ち物は十分に吟味すべし!

最後までご覧いただきありがとうございました。

参考になったでしょうか。

忘れていたものや、新たな発見があったのであれば、今すぐ用意してくださいね。

「備えあれば憂いなし」

です。

楽しい台湾旅行になる様、十分持ち物を吟味して準備しておきましょう。