付き合いの長い彼氏がいる。

でも、プロポーズしてくれる気配を感じない!

「彼は私と結婚するつもりはあるのかな?」

と不安になることってありますよね。

彼が結婚を意識していないなら意識をさせたい!

でもどうやって?と悩んでいる女性はとても多いのではないでしょうか。

あなたも悩んでいませんか?

そこで彼氏に結婚を意識させる方法を、まとめてみることにしました。

彼氏にとって結婚って?

男性と女性では、大きく結婚に対しての意識が違います。

まずは、結婚に対しての意識の違いを知ってください。

焦りすぎると結婚を意識させようとするあまり、逆効果になってしまうこともあるんです。

あなたが結婚と聞いてイメージするのは、

  • きらきら光る結婚指輪
  • 新居に新しい家具
  • ウエディングドレスを着た自分

など前向きで夢に溢れたものではないでしょうか。

それに対して彼氏が結婚と聞いてイメージするのは、責任です。

責任とは

  • あなたを一生幸せに出来るか
  • あなたを最後まで支えることが出来るか

など、とても重いものになります。

男性は本能的に自由を求めるので、結婚を尻込みしてしまうのは当然ですね。

彼氏に結婚を意識させるには?

結婚によるメリットを伝える。

男性は結婚に対して、マイナスイメージを持っていることが多いです。

今まで自由に使えていたお金や時間を、使えなくなる。

責任が増えるというマイナスイメージを、まずは取り払ってあげるのがいいでしょう。

あなたの友達の旦那さんから話を聞くのも、とても有効ではないでしょうか。

同じ男同士の意見ですし、友人なので世代も同じくらいのはず。

結婚する前と後で自分が変わったこと、周囲が変わったことなどを聞いて

「結婚してよかったって言ってたよ」

などと付け加えると、彼氏にとっても結婚をより身近にイメージすることが出来そうですね。

また、経済面や社会的地位のメリットを話すのもありでは。

一人で生活するよりも二人で生活したほうが、経済的にも楽になることがあります。

また、会社の出世なども独身よりも所帯を持っていたほうが、有利に働くことが多いのではないでしょうか。

出世をしたいと思っている彼には、社会的地位のメリットを伝えると、一気に意識を高めてくれるかも知れませんね。

将来の話を振ってみる

彼氏は今のあなたとの関係が心地よい場合、先のことをあまり考えないこともあります。

そんな時に

「私たち、〇年後はどうなってるのかな」

など、先のことを思い描くような話題を振ってみるのも一つの手です。

そうすると彼氏も自然と5年、10年先のことを考えてくれるようになります。

そこから少しずつ結婚や子供、家庭の話を盛り込んでいきましょう。

最初は

「5年後もあなたと一緒にいたい」

という意識かも知れません。

しかし、少しずつ現実を盛り込むと

「5年後あなたと家庭を作りたい」

という意識に少しずつ変化する可能性がでてきます。

重要なのは焦らないこと。

立て続けに考えさせられると、逃げたくなってしまう男性もいます。

ゆっくり攻めることを意識して下さい。

妊娠についてのタイムリミットを伝える。

最近では晩婚化が進み、妊娠・出産もどんどん高齢化が進んでいっています。

しかし、まだ高齢出産のリスクは非常に高いです。

  • 子供が出来にくい。
  • 障害を抱えるリスク。
  • 母体への負担。

これらにピンと来ない男性も多いです。

あなたの彼氏も子供が欲しいと考えているのであれば、何人欲しいなど具体的な話をして計画していくことが大切。

しかしこれも責め立てるように話し始めると、逆効果になってしまうことがあります。

まずは世間話のように軽く始めてから、どんどん二人の問題として話していくのがいいでしょう。

彼氏に結婚を意識させる方法

男性にとって結婚とは、責任ある行動です。

しかしどこか現実味のない話として認識していると、今回まとめてみて気づきました。

まずは遠回しに結婚は自分にも起こる出来事として、認識してもらうことが大切です。

そして結婚に対してのイメージがいい方向に沸くように、話をしていく必要があるなと感じました。

つい結婚を、焦ってしまいますよね。

焦って毎日結婚の話をしてしまうことも、あるかと思いますが。

逆効果になってしまいます。

ゆっくりと彼氏の意識に合わせて、結婚を一緒にイメージしていくのがポイントです。

一緒に家庭を作るイメージで、コミュニケーションを取りましょう。