子どもの受験は親の方が焦ってしまいますよね。

勉強嫌いの子どもを持つ親の、あるあるです。

私は個別指導塾で、塾長を長年してきました。

親だけが焦って、子どもはやる気がない。

そのようなパターンを、いやというほど見てきました。

親と子どもの温度差が、はんぱないんですよね。

でも親としては、どうにかやる気を出してほしい。

わらをもつかむ気持ちで、塾にやってきます。

でも正直、塾に来てすぐに、やる気がみなぎるわけではありません。

ではどうしたらやる気の出ない中学生を、奮い立たすことができるのでしょうか。

経験談とともに、ご紹介します。

【スポンサーリンク】

受験まであと1年…なんでやる気が出ないの?

あなたもやる気の出ない子どものことで、悩んでいるのでは。

でも、全体で見ると自分から進んで勉強する子の方が、少ないでしょう。

しかし、やる気が出ないからと言って、受験は待ってくれません。

あなたはこれまでに受験を、既に何度か経験しているのでは。

その経験から、早くやる気を出すと成功することを、知っているでしょう。

でも子どもは、受験を経験していません。

早く受験勉強に取り組んだら、合格することを知らないのです。

1年が受験勉強のために、どれほど短いものかという感覚もありません。

やる気の出ない子どもは、「知らない」のです。

  • 受験がどんなに大変で、どうしたら合格できるのか。
  • どの高校に行ったらどういう未来が待っているのか。

あなたは経験があるので、容易に想像できます。

でも子どもにとっては、知らない未来を想像するのは難しいのです。

イメージができないと、子どもはやる気を出せません。

イメージのない子にあなたが、「勉強しなさい」といくら言っても無駄です。

「勉強しなさい」の奥に込められている意味を、知ってもらう必要があります。

【スポンサーリンク】

受験勉強のやる気が出ない子にやる気を出してもらうには?

あなたは受験に対する知識を、子どもに伝えなければなりません。

やる気のある子であれば、自分で調べます。

でも子どもにやる気がないのであれば、あなたが協力するのが近道です。

受験は子ども本人だけではなく、あなたと二人三脚で取り組みます。

まず、子どもの受験に関する正しい知識を、持っていますか?

  • 志望校のレベル
  • 志望校の倍率
  • 何月何日に試験があるのか
  • 試験科目、内容
  • 合格するために必要な点数

これらの情報を、あなたは把握していますか?

受験に関する基本事項を知らなければ、何も始まりません。

また、受験情報だけでなく、志望校に関することも知る必要があります。

  • どんな学科があるのか
  • どんなことを学ぶのか
  • 卒業すると将来どういう未来が待っているのか
  • 進学重視なのか就職重視なのか

部活動を頑張っている子であれば、志望校の部活動の実績もおさえておきましょう。

部活が好きな子どもをやる気にさせるときに、重要です。

子どもに受験の基本情報と、学校のことを伝えます。

勉強をして合格すると明るい未来が待っていることを、伝えてあげてください。

「勉強しないと落ちるよ!」

というネガティブな発言は、あまりよくありません。

「合格したら吹奏楽がまたできるよ!」

とポジティブな発言の方が、やる気につながります。

元塾講師が語る!受験勉強のやる気は成功体験から生まれる

勉強のやる気が出ない子は、「成功体験」を経験していない子がほとんどです。

やったらできた、という経験をさせる必要があります。

塾には勉強好きな子と、嫌いな子が…。

嫌いな子(やる気がない子)の方が、私の塾には多くいます。

やる気を出させるために大切にしているのが、小さな一歩です。

その一歩を踏み出せることで、徐々に波に乗り始めます。

以前、数学が苦手な中3のAちゃんがいました。

当初、Aちゃんは学習済みの範囲が、しっかり理解できていなかったのでしょう。

分からないところがあるため、やる気をなくしていたのです。

そこでAちゃんに中1の問題を、やってもらいました。

しかも、みんなが苦手な文章題ではなく、一般的な計算問題。

全問正解が当たり前のレベルの問題を、解いてもらったのです。

そして全問正解したら、ほめるようにしました。

ここで大事なのは、たとえ全問正解しなくても、ほめること。

「昨日は勉強時間ゼロだったのに、いま15分できたね!」

そんな褒め方でも構いません。

大人にとっては、子どもだましのように思えるかもしれません。

分かるところができるのは、当たり前。

確かにそうです。

でもできないと思っていた数学で、満点を取れたAちゃんには自信が戻ります。

そして、そこから徐々にステップアップしていくのです。

勉強嫌いな子に対して、周りは受験までの時間がなく焦ります。

でも勉強嫌いな子だからこそ、1つずつ積み上げるのが近道なのです。

できる問題から積み上げていき、成功体験を増やしていきましょう。

自信を取り戻してからのAちゃんは、少しずつ成長しました。

「問題プリントをやりたい!」

と自分の意思で自習に来るまでに。

そのとき、この子は受験勉強のスイッチが入ったと、実感しました。

大丈夫!受験勉強のやる気が出ない子でも…

子どものやる気を引き出すことは、できます。

子どもの知らない知識を、まずはあなたが伝えてあげましょう。

そして合格したらどんな未来が待っているのか、想像させるのです。

勉強は成功体験の積み重ねで、伸びます。

焦らず、まずは小さな一歩から踏み出せる機会を、つくってあげましょう。

【スポンサーリンク】