コーヒーが日常の一部になっている人は、多いですね。

食後や仕事の一服で飲むコーヒーは、欠かせません。

あなたも同じでは。

でもコーヒーに多く含まれるカフェインが気になりますね。

カフェインには良い印象が、あまりないかもしれません。

コーヒーを眠る前に飲むと、不眠症につながると言われるからでしょう。

それに歯の黄ばみも気になりますね。

だからと言ったって、コーヒーはやめられない!

コーヒーがやめられないあなたに朗報です。

コーヒーをやめずに黄ばみを予防する方法を、ご紹介します。

コーヒーを飲むと歯が黄ばむ原因はなに?

コーヒーで歯が黄ばんでしまうのは、クロロゲン酸が原因です。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種。

実はコーヒーには、カフェインよりポリフェノールの方が、多く含まれているのです。

詳しくは上記を参考にして下さい。

クロロゲン酸が歯を保護している薄い膜と結合して、黄ばみの原因になります。

聞いたことがあるかもしれませんが、ステイン(しみ)の着色です。

  • カレー
  • 緑茶
  • 紅茶

などの色の濃い食べ物や飲み物も、ステイン着色の原因となります。

ちなみに紅茶や緑茶の場合は、タンニンによる着色です。

また、コーヒーは酸性の飲み物。

酸は歯の表面を溶かしてしまいます。

その結果、色素沈着しやすい状況を作ってしまうのです。

コーヒー以外にもコーラや柑橘系の飲み物も、酸性になります。

酸性の飲み物が好きなら、飲みすぎに注意しましょう。

私は小さい頃、CCレモンが好きでした。

でも、親に飲みすぎないように止められていたのです。

たしかにCCレモンは炭酸な上に柑橘系。

飲みすぎは歯を溶かしてしまう可能性がありますから。

ちなみに食べ物や飲み物以外では、加齢による黄ばみもあります。

歯の中の象牙質の色が濃くなり、透けて見えるようになるのです。

コーヒーがやめられなくても大丈夫!黄ばみの予防方法!

歯の黄ばみを、なんとか予防したいですよね。

会社の上司のような歯になるのかと思うと、ゾッとするのでは。

でもコーヒーを、簡単にはやめられません。

コーヒーがないと仕事に集中できない、なんてことも。

大丈夫です。

コーヒーをやめなくても、予防できます。

ガムを食べる

唾液は口の中を、中性に保とうとするはたらきがあります。

口の中が酸性になっているのを、中性に戻してくれるんですね。

これを再石灰化と言います。

再石灰化ができないと、歯が黄ばんだり虫歯をつくる原因に。

ガムをよく噛むことで、唾液が発生します。

唾液分泌量が増えるほど効果があるので、試してみましょう。

ホワイトニング用の歯磨き粉を使う

コーヒーを飲んだ後に、歯を磨くようにしましょう。

といっても、仕事中だと難しいですよね。

その場合は口をゆすぐだけでも、効果があります。

いちいち口をゆすぐのもちょっと..

だったら、歯磨きを行う際に、しっかり磨くように。

できれば、歯磨きの時間を、10分ほど設けるようにしましょう。

  • さっと早く磨いてしまう
  • 食後に歯磨きをしない

上記に該当すれば、要注意です。

カフェインやタンニンなどの着色を、進めることになります。

また、歯を白くする効果のある歯磨き粉を、使いましょう。

注意してほしいのが、研磨剤の有無です。

研磨剤は着色落としに効果的にみえますよね。

でも実際は逆効果なのです。

研磨剤は歯の表面を削ってしまいます。

その結果、削られた部分からコーヒーが入り込んで、着色が進んでしまうのです。

必ず研磨剤が入っていないものを、選びましょう。

 

他にも対策としては、ストローでコーヒーを飲む方法があります。

ただし、アイスコーヒーの場合に限って…

ホットコーヒーでは火傷してしまうので、止めてくださいね。

黄ばみをなくしたい!歯のホワイトニングの実体験

次はすでに黄ばんでいるときの解決方法を、ご紹介します。

私もコーヒーを飲むのが好きな一人です。

仕事のある日は1日3杯以上を、コンスタントに飲んでいました。

コーヒーを毎日飲むようになってから、自分の歯に異変が…

恥ずかしい話ですが、歯が黄ばんでしまったのです。

歯はもちろん毎日磨いていました。

さらに、黄ばみに気づいてからは、歯磨きの回数を増やしたのですが。

歯は白くなりませんでした。

白い歯を取り戻すためには、歯医者さんが手っ取り早いです。

歯医者でクリーニングをしてもらいました。

クリーニングは、1度で終わりません。

時間が経つと、元に戻ってしまうのです。

ですからメンテナンスのために、3カ月に1回ほど通う必要があります。

料金は結構なお値段で。

初回料金含め、クリーニングに使った金額はもうすぐ3万円。

歯の白さは取り戻せましたが、出費が痛いです。

歯医者さんによっては、もっと安いところもあります。

5000円定期コースで、納得するまで治療を受けられるところも。

後から知ったので、もっと調べておけばよかったです。

白い歯を取り戻すには、お金も時間もかかります。

日頃の黄ばみ予防が、大切だと痛感しました。

コーヒーはやめなくても対策をしたら黄ばみを防げます!

あなたもいきなりコーヒーを止めることは、出来ないはず。

ですから、歯磨きの際に、ホワイトニング用の歯磨き粉で、しっかり時間をかけて磨きましょう。

もしくは先にも書きましたが、ガムを噛むのも効果的です。

何でもそうですが、日々の積み重ねが大事。

歯の黄ばみだって、いきなりは目立ちません。

少しずつ着色されるのです。

ということは、日々予防すれば、黄ばみが目立つことはありません。

あと先に紹介した記事にも書いていますが、健康な大人が1日に飲んでも良いコーヒーの目安は3~5杯です。

健康と歯のために、適量を守りましょう。