昔と違い、今は共働きの世帯が多いです。

でも、家事に関しては、今でも、大半は女性(主婦)が負担している状況ではないでしょうか。

男性が家事に参加する割合が多くなっていると言っても、まだまだですよね。

「手伝ってあげている」

という感覚の男性が多いのが現実。

仕事と家事の両立の毎日に、あなたは疲れていませんか。

この記事では、あなたが仕事と家事を両立する為に、頑張らない方法をご紹介します。

少し力を抜いて、頑張りすぎないことを頑張ってみませんか?

【スポンサーリンク】

主婦が仕事と家事の両立はできる?

主婦が仕事と家事を両立することは、可能なのでしょうか?

ひとりで、仕事と家事を両方こなすのは大変!

日中は会社で仕事をして、帰宅後は、家の仕事をしているようなものだからです。

起きてから寝るまで働きっぱなし。

毎日これでは、悲鳴をあげたくなりますよね。

なぜ共働きでも、主婦の負担が圧倒的に多いのでしょうか?

「家事は女性がするもの」

男女問わず、多くの人が持っているイメージがあるからです。

私が主婦になって、周りを見回して思うこと。

自主的に家事に協力してくれる男性は、かなり少ないということです。

「協力して!」

とお願いしても、男性はどこかで他人事。

仕事と家事を両立できるかどうかは、男性がどれだけ家事をしてくれるかで変わります。

男性の協力次第で、仕事と家事を両立することが可能になるでしょう。

【スポンサーリンク】

主婦が仕事と家事を両立させる方法

結論を先に言うと、

「頑張りすぎないこと」

です。

頑張りすぎると、いつか壊れてしまいます。

「私がこんなに頑張っているのに・・・」

という気持ちも芽生えます。

ところが、頑張りすぎない程度に家事をやることで、

「私も適当な部分があるからお互いさまかな・・・」

という気持ちになるはず。

相手に対しても、優しくなれるのです。

また、自分の自由な時間がなくなると、ストレスが溜まっていきます。

ストレスが溜まると、相手に対して不満が膨らみ、攻撃的になることも。

ですから、ストレスは定期的に発散してくださいね。

溜めこまないことが大事ですよ。

私の仕事と家事を両立させる方法

「頑張りすぎない家事」

というのは、どういうことでしょうか。

私が実践している方法を例にあげてみますね。

「ついでに掃除」で掃除時間短縮

「お風呂に入った時に、ついでにお風呂掃除」

「洗面所を使った後に、ついでに洗面台の掃除」

使った場所をついでに掃除することで、わざわざ掃除する時間を省いています。

お掃除ロボットなどを活用するのも、時間短縮になりますね。

気にならないことは、あえてしない

あまり使わない部屋は、毎日掃除しなくても問題ありません。

掃除をする頻度を減らせる部分は、減らすようにしています。

役割分担はあえてしない

我が家の場合、家事の役割分担はしていません。

職種や残業の兼ね合いもありますし、1年を通して忙しさにも波があるからです。

分担を決めると、お互いに出来ない相手を責める気持ちが、芽生えてしまいます。

責められることが、ストレスにつながることも。

その時の状況を見て、家事を振り分けています。

作りおきおかずは合間の時間を利用して

「男性に洗い物をお願いしている合間に作る」

「晩御飯を作る時に、ついでに1品作っておく」

など、少し余裕がある時に、作りおきおかずを作るように…

最近は、レンジで簡単にできるおかずレシピも、沢山公開されていますよね。

色々試してみるといいでしょう。

平日に少し余分に作業することで、休日に余計な家事を減らすことができます。

主婦だって、休日は家事をお休みしたいですよね。

辛い時は無理をしない

具合が悪い時や残業で遅くなることもあるはず…

そんなときは、無理をせず、何もしないことを選びます。

1日くらいなら、何もしなくてもそんなに影響はありません。

次の日から頑張れるように、自分を大事にしてあげましょう。

主婦が仕事と家事の両立を頑張らない方法【まとめ】

頑張らないことを頑張るって、意外に難しいかもしれません。

でも今までの自分を振り返って、少しだけ頑張らない所をつくってみては。

それだけでも、少し変化が生まれるかもしれません。

なにより大切なのは、あなたや家族が笑顔で毎日を過ごすこと。

少しくらいちゃんとしていなくても、笑っていられれば、なんとかなるものですよ!

適度に力を抜いて、「頑張りすぎないこと」を意識してみてくださいね。

【スポンサーリンク】