英語のテストでは、避けて通れないリスニングの問題。

でも、英語のリスニングの勉強方法って、あまり学校では教えてくれないですよね。

だから

「リスニングが苦手」

という人が多いのでは。

あなたもリスニングが苦手ですか。

私はリスニングが苦手で、学生時代は赤点ばかりでした。

そのため、英語のリスニングについては、ちょっと…。

今回は私の体験談も交えながら、英語のリスニングについて、書いてみます。

英語のリスニングの勉強方法で悩んだことは?

あなたは、リスニングの勉強方法で悩んでいませんか?

もしかしたら、リーディングはそこそこできるのに、なぜかリスニングだけが全くできない…と思っているかもしれません。

私もリスニングが苦手なタイプで、テストでは毎回苦戦していました。

苦手すぎて、まず何をどうしたらいいのか、何から始めればいいのかもわからない状態…(笑)

今回は、英語のリスニングができないと悩んでいるあなたのために、初心者向けの勉強方法を紹介します。

必ずしも満点が取れるようになるわけではありませんが、私は赤点の状態から平均点くらいは取れるようになりました。

初心者向けの英語のリスニングの効果的な勉強方法

苦手な英語のリスニングを勉強するのですから、効果のある方法で取り組みたいと思うのは当然のことです。

ここでは、私の経験から効果があったリスニングの勉強方法を、紹介します。

①初心者向けのリスニングの参考書を買う

学校のテストのリスニング問題は、

  • 英語のニュース
  • 洋画
  • 洋楽

のような早口で難しいものではありません。

なので、英語が苦手な初心者レベル向けの参考書を、買いましょう。
※スクリプト(音声を書き起こした原稿)がついているものを選んでくださいね。

②ディクテーションを行う

参考書を買ってきたら、さっそく音声を聞いていきましょう。

初心者のあなたにオススメなのが、ディクテーションという方法。

ディクテーションは「書き取り」のことで、一文聞いたら紙に書きだすのです。

最初は英語の音自体が聞き取れずに、もしかしたら何も書くことができないかもしれません。

カタカナでもいいので、あなたが聞き取れたことを紙に書きだすことが大事です。

紙に書きだしたら、次はスクリプトを見て答え合わせ!

あなたが聞き取った英語と、スクリプトの英文は合っていますか?

もし、カタカナで「ゲリッ」と書いたとして、スクリプトが「get it」となっていたら。

英語の発音は「ゲットイット」ではない、ということがわかりますよね。

  • 何度も聞き取る→書き出す→スクリプトを確認する

というプロセスを繰り返して、あなたが正確に聞き取れる英語をどんどん増やしていきましょう!

③シャドーイングを行う

もう一つ、初心者のあなたに効果的な勉強方法を紹介します。

それはシャドーイングという、英語の音声を流しながら、少し遅れて自分で発声をしていく方法です。

ポイントは、抑揚や音の強弱をしっかりと真似すること。

ちょっと恥ずかしいくらい、オーバーに発音するといいですよ。

だんだんと、重要な単語が強く読まれることが、わかってくるはずです。

シャドーイングで詰まってしまう箇所があれば、それはあなたが知らない単語や文法ということ。

シャドーイングは、あなたの苦手な部分が簡単に分かる、効果的な勉強方法ですよ。

 

何度も繰り返して、覚えてしまうくらいディクテーションとシャドーイングに、取り組みましょう。

あなたはいつの間にか、英語のリスニングが苦手ではなくなっているはずです。

英語のリスニングの勉強方法を試してみた私の体験談

大きな声では言えませんが、私は学生時代、リスニングがとても苦手でした。

リスニングのテストでは毎回赤点ばかり。

先にも書きましたね。

何度も言ってしまうくらいヒドかった、ということです。

でも、センター試験を控えた時期、リスニングの点数が低すぎて足を引っ張っており、やっと危機感がでてきました。

かなり遅いですが、英語のリスニングの勉強を始めることにしたのです。

私は、ネットで初心者向けだと言われていたディクテーションとシャドーイングを、毎日何度も繰り返しました。

初めは英語を聞くのも嫌でしたが、ひたすら参考書とCDプレーヤーに向き合う日々。

数か月~半年もする頃には、平均点くらいは取れるようになりました。

もっと早く取り組んでいれば、さらに点数は伸びたと思います。

だけど、自分で調べて少しでも苦手を克服できたことは、自信に繋がりました。

英語のリスニングの勉強方法について

英語のリスニングが苦手で悩んでいるあなたのために、私の試した勉強法を紹介しました。

赤点だった私が出来たのです。

しかも、結果につながっています。

苦手だからといって、放置していると後で大変な思いをするのは自分です。

今からでも今回紹介したリスニングの勉強方法を、試してみてください。

案外、楽しいものかもしれませんよ。