夏はすぐそこ。

夏の旅行の計画は立てていますか?

赤ちゃんがいるとなかなか敬遠しがちな海外旅行も、これを読めば今すぐに行きたくなること間違いなし!

今回は「赤ちゃん連れハワイ」をテーマに、お話ししていきたいと思います。

赤ちゃんはいつからなら…。

ハワイに行きたいけど赤ちゃんが小さい

海外旅行といえばやっぱりハワイでは!

  • 日本人が多い
  • 治安も比較的良い
  • 日本語が通じる

などなど、安心できる要素が多いハワイ。

リピーターも多いので、我が子を連れて行きたいと思う場所でもありますよね。

ただ、

「赤ちゃんを連れていけるの?」

「飛行機は?」

「ご飯はどうする?」

など、不安もいっぱい。

先に答えを言っちゃうと、

「赤ちゃんと一緒に、もちろん行けます!」

実際に私も1歳未満児を連れて行きました!

経験を交えながら、ポイントを紹介していきますね。

赤ちゃんとのハワイ旅行はいつからならいい?

ハワイ旅行

赤ちゃんを連れてハワイ旅行へ行けるのは、いつから?

答えは、

「いつでもいける」

に尽きると思います。

ただ、何かあった時…と考えると少し不安なところも。

首が座ったころや、ハイハイするようになってからだと、親としても安心かと思います。

また、海外の医療費って、日本と比べるとめちゃくちゃ高いんです。

かといって、起こってもいないことを心配ばかりしていては、どこにも行けませんよね。

細心の注意をしながらだったら、

「いつでもいける」

と思いますよ。

赤ちゃんだったから行けた?

私に限って言えば、

「赤ちゃんだから行けたかも?」

と思うことも多々あります。

一番は、飛行機代です。

2歳未満はかかりません。

座席はないので、パパやママの抱っこになりますが、まだそこまで重くないので苦ではありませんでした。

機内では航空会社によりますが、バシネット(ベビーベッドのようなもの)を借りられることもあります。

(※大手航空会社だと、用意されているでしょう。)

ただし、

  • 事前予約が必要
  • 数に限りがある
  • 装着できる場所が決まっている

など、条件がたくさんあるので、各航空会社に問い合わせた方がいいでしょう。

あと、ミルクを作りたい場合は、機内でお湯も頂けます。

トイレには、おむつ替えシートもついているので、おむつ替えも心配ありません。

「赤ちゃんは気圧の変化に対応できるの?」

という疑問についても、基本的には大丈夫だと考えていいでしょう。

離陸する前から母乳やミルクなどを飲ませると、耳抜きが可能と言われています。

実際に、娘も授乳しながら眠りにつきました。

私が赤ちゃんとハワイに行ったのは?

私は、娘を11か月の時にハワイに初めて連れて行きました。

まだ歩くのもままならず、じっとしているのが難しい月齢のときです。

ですから、特に機内でのことが心配だったのを覚えています。

日本からの出発時間は、夜遅い便が多いので、機内ですぐに眠りにつけるように時間の調整をおこないました。

また直前まで遊ばせておき、機内に入る時点で抱っこ紐にしたのは、我ながら良い考えだったと思います。

お陰で、離陸中に眠ってくれたのです。

娘の席はないので、パパとママの間に寝ていたのですが、そんなに窮屈だとは感じませんでしたよ。

バシネットについて

本当はバシネットも借りられたらな、なんて思っていたのですが….。

いろいろあって、私の場合は借りれませんでした。

もっと小さい月齢だったら、

「必須だったかも」

と感じています。

それに、自分たちの手が空くので、さらに快適なフライトになる可能性も。

ただ現実的には、バイネットで赤ちゃんが寝てくれず、逆に邪魔になっている状況を目にしました。

赤ちゃんの場合は、予測不能なこともあるので、一概にバシネットが必要とは言えないかもしれません。

 

他に、用意しておくといいのは、

  • 赤ちゃんのお気に入りの動画(※タブレットなどにダウンロードしておく)
  • 遊んでくれそうなおもちゃ
  • 離乳食

ですね。

(※離乳食については、航空会社によって用意しているところもあるみたいです。)

税関や荷物検査を通るときは、

「これは娘のです」

というとすんなり通してくれましたよ。

ちなみに水筒に関しては、中身が液体なので、確認されます。

赤ちゃんとのハワイ旅行

赤ちゃんとのハワイ旅行について

私はハワイが大好きなので、

「ぜひ我が子も連れて行きたい!」

という一心で、下調べをたくさんしました。

機内での過ごし方、ベビーカーの有無、離乳食などなど。

特にフライトは6~8時間あるので、しのぐためにはどうしたらいいかとたくさん考えました。

でも、心配していたよりも、楽しかった思い出だらけです。

それに、ある程度のものは、ハワイに売っています。

オムツもかなり多めに持っていきましたが、ウォールマートに売っていました。

離乳食も、便利なものがたくさんあります。

ジェリー状になっている野菜や果物、そのまま食べられるものまで。

英語表記ですが、絵を見ながら分かるものがほとんどです。

特に、ワイキキ周辺は日本人向けのサービスが豊富。

ベビーカーや砂遊び道具のレンタルなど、その時しか使わないものも揃っていて、助けられました。

心配や不安もたくさんありますが、ハワイは思っている以上に日本人に優しい国です。

赤ちゃんを連れて、ぜひハワイ旅行へ出かけてみてはどうでしょう。