心配だった赤ちゃんの熱も下がって、一安心。

でも、

「熱が下がったらお風呂に入れていいのかな?」

と迷うかもしれません。

熱が下がっていても、お風呂に入れないほうが良いケースもあります。

今回は、赤ちゃんの熱が下がったあとの、お風呂の判断についてです。

【スポンサーリンク】

赤ちゃんが元気で、熱が下がったらお風呂は入れてOK

赤ちゃんの熱が下がって元気であれば、お風呂に入れても問題はありません。

むしろ、熱が下がって元気なのに何日もお風呂に入れないと、あせもや湿疹・アトピー性皮膚炎の悪化につながってしまうことも…。

ただ、赤ちゃんは熱が下がったと思っても、ぶり返して上がることもあります。

我が家も下の子の熱が下がったと喜んでいたら、夜また上がってがっかり…ということが何回もありました。

朝、熱が下がったから大丈夫と思っていても、お風呂に入る前にもう一度赤ちゃんの体調を確認することが大切ですね。

【スポンサーリンク】

赤ちゃんの熱が下がったらお風呂は大丈夫?判断の基準って?

赤ちゃんの熱が下がっても、下記に該当する場合は、お風呂は控えるようにしましょう。

  • 熱は下がっているけれど、元気がない
  • 解熱剤を使って一時的に熱が下がっただけ
  • 下痢や嘔吐をしている

無理にお風呂に入れると、重症化する危険があります。

お風呂はNG

お風呂に入れず、様子見をしたほうがいいケースです。

元気がない

熱が下がっても、

「なんだか元気がない」

というこもあるかもしれません。

赤ちゃんの様子がおかしいと思ったら、お風呂は控えたほうがいいでしょう。

解熱剤を使用

解熱剤を使うと、薬の力で一時的に熱が下がります。

でも、我が家の下の子もそうでしたが、薬の効果が切れるとまた熱が上がることがしょっちゅうでした。

解熱剤を使っている間は、お風呂は控えましょう。

下痢や嘔吐がある

熱が下がっていても下痢・嘔吐の症状がある場合、お風呂に入れてしまうと脱水症状を起こす可能性があります。

余計に症状が悪化してしまうので、注意して下さい。

熱は下がったけれど感染症!この場合のお風呂は?

手足口病・とびひといった感染症の場合、熱が下がったといっても、家族へ移らないかどうかが気になりますよね?

基本的に元気であれば、お風呂に入れてOKです。

ただ、家族への感染を防ぐため

  • 赤ちゃんをお風呂に最初に入れて、お湯を入れ替える
  • タオルは別々のものを使う

といった対策が必要です。

寝かしつけの関係で最初のお風呂が難しい場合は、最後に赤ちゃんを入れるのも良いでしょう。

赤ちゃんの熱が下がった!お風呂はここを注意して!

熱が下がったといっても油断は禁物!

赤ちゃんをお風呂に入れるときは、次のことを意識しましょう。

  • いつもよりも短時間で
  • お風呂から出た後はすぐに寝ない
  • お風呂の温度はぬるめ
  • 髪の毛をしっかりと乾かす

熱が下がったばかりのときは、普段よりも体力が低下しています。

熱めのお湯はせっかく下がった体温を、また上げてしまうかもしれません。

少しぬるめのお湯にしておきましょう。

また、お風呂から出たばかりのときは、体がぽかぽかしています。

すぐに寝てしまうと大量の汗をかき、また熱が出てしまう可能性大です。

お風呂から出た後は水分補給を忘れずに、体のほてりをとってから寝かしつけをしてくださいね。

赤ちゃんの熱が下がったときのお風呂は、様子をよく見て判断しましょう

お風呂に入るのは、体力を使います。

熱が下がったけれど赤ちゃんがなんとなく元気がない、というときは無理にお風呂に入れるのはやめましょう。

ちなみに我が家の場合、下の子が熱は下がったけれどまだ元気がない、というときはお風呂場で一緒に着替え、体を拭いてお風呂に入った感を出していました(笑)

このお風呂に入ったふりは、我が家の方法です。

あなたのお子さんがお風呂好きなら、通用しない可能性があります。

注意してくださいね。

また、熱は下がったけれどお風呂に入れるのが心配、という場合はシャワーだけにする・体を拭くといった方法もあります。

赤ちゃんの様子を見ながら、お風呂に入れるかどうか判断していきましょうね。

【スポンサーリンク】