赤ちゃんの発熱!病院に行く目安は何℃?危険な症状とは!?

初めての赤ちゃんの発熱!

小さい体で熱があると、親として心配で仕方ないですよね...。

でも、

「何℃になれば、病院に行ってもいいのかな」

と迷っていませんか?

熱以外にも、赤ちゃんの様子次第では、すぐに受診をした方がいい場合があります。

今回は、赤ちゃんの発熱した時の病院に行くタイミングについて、お話ししたいと思います。

特に、生後3か月以下の赤ちゃんは、要注意ですよ!

赤ちゃんの発熱は37.5℃以上を目安に!

37.5℃以上が、赤ちゃんの発熱の目安です。

体温が37.5℃を上回ったら、病院を受診するようにしましょう。

とはいえ、病気以外でも、赤ちゃんの体温が高くなる原因がありますよ。

赤ちゃんは、体の中に熱がこもりやすい体質です。

服の着せすぎや室温が高いと、体温も影響を受けやすくなります。

そうなると、赤ちゃんは元気でも、体温が高くなる場合があるのです。

その時は、赤ちゃんの環境を見直し、もう一度熱を測ってみましょう。

危険な症状とは?早めに病院に行くべき目安は?

赤ちゃんの発熱は、夕方以降になると、どんどん上昇する場合があります。

以下のような症状がある場合、平日の昼間なら、速やかに病院に行きましょう。

夜間・休日の場合は、電話相談をすることをおすすめします。

赤ちゃんの発熱に伴う、危険な症状

  • 生後3か月未満の38℃を超える高熱
  • 哺乳力が落ち、水分や食事がとれない
  • おしっこの回数が少ない
  • 体温が41℃を超えた
  • けいれんを起こした
  • 病院で受診したが、熱が続き、ぐったりしている

赤ちゃんの症状をよく観察し、体調に変化があれば、メモを取っておくといいですよ。

私も子どもが発熱した時は、メモをするようにしています。

  • 熱を測った時間
  • 体温
  • 座薬の投入時間

などを毎回メモし、病院に持参するのです。

メモがあれば、赤ちゃんの様子を正確に伝えられます。

とても助かるので、オススメです。

発熱の他に、

「意識がなく、熱性けいれんを起こした」

場合は、夜間でもすぐに病院に行きましょう。

熱性けいれんが長く続く場合は、救急車を呼んでください。

その時に、けいれんが何分間起こり、どんな様子だったのか伝えることが大切です。

慌ててしまいがちですが、落ち着いて対処しましょう。

夜間に多い!赤ちゃんの体調悪化!困ったときは、#8000に電話しよう

子どもは昼間元気でも、夜になって急に体調が悪化することが、よくあります。

「病院も開いていないし、どこに相談すればいいのか分からない!」

となったら、#8000に電話してみましょう。

小児科救急電話相談に繋がります。

全国どこでも、#8000で相談が可能です。

小児科医師や看護師さんが、症状に合わせた対応を教えてくれます。

実施時間は、都道府県によって異なるので、注意が必要です。

私も、夜間に子どもの体調が悪化した時に、電話したことが何度もあります。

子どものこととなると、些細なことでも心配になりますよね。

今思えば、大したことはない症状で電話した時もありましたが、丁寧に対応してくれました。

利用するには、住んでいる市町村と氏名、電話番号を伝える必要があります。

私の経験からすると、電話を何度かけても混み合っていて、繋がらない場合が多いです。

そんな時は、#8000のWEB版を覗いてみてください。

気になる症状をチェックするだけで、どう対応すべきか診断してくれます。

とても心強いですよ。

赤ちゃんの発熱は、いつもと違う様子から気づくことができます

赤ちゃんは体調が悪くても、言葉で伝えることができませんよね。

「赤ちゃんの熱に、気づかなかったらどうしよう...」

と心配になっていませんか?

でも、大丈夫です。

いつも赤ちゃんと抱っこで触れ合っているからこそ、少しの体温の変化も気づくことができますよ。

また、

「いつもよりも、よく泣いている」

「あまり笑顔が見られない」

といった赤ちゃんの様子からでも、あなたなら気づくはず。

赤ちゃんの初めての発熱は、看病する側も大変です。

いつもよりも夜泣きも増え、ゆっくり寝る暇もありません。

赤ちゃんの症状が落ち着いている時にゆっくりと休んで、自分が体調を崩さないように気をつけて下さいね。