子どもは、かわいいですよね。

寝顔なんて、本当に天使そのものです。

柔らい赤ちゃんの抱き心地と言ったら、最強の癒しです。

でも、かわいいだけで済まないのが子育て。

天使の顔して悪魔のような行動、当たり前のように、トイレにまでついてきます。

でも、長い人生の中でママが世界の全てなのは、ほんの一瞬なんです。

子育てで一番大変な時期を、乗り切る方法を考えてみました。

【スポンサーリンク】

子育てで一番大変な時期はいつ?

子育てで一番大変な時期は、赤ちゃんが生まれた瞬間から、幼稚園に行くようになる3歳あたりまで。

それは、自分の時間が取れない、という基準で考えたときのこと。

手も目も話せないのが、この時期です。

赤ちゃんは授乳のために、昼夜問わず2〜3時間おきに起きます。

そうなると、ママの睡眠はこまぎれ状態に。

誰だって夜は、ぐっすり寝たいですよね。

オムツ替えだって大変。

離乳食作りも気を使います。

そうこうしていると、ハイハイやあんよがはじまります。

移動できるようになれば天使の顔して、悪魔のようにイタズラ大王に。

こぼした水をばしゃばしゃ、ティッシュをひたすら散らかす、仕事ばかり増やしてくれます。

後追いがはじまると、トイレも監視付きです。

「自分の時間って??」

余計なことを考えていると、イヤイヤ期もやってきます。

なんでもイヤ、ダメ、自分の意見が通らなきゃスーパーでだって、ひっくり返ってバタバタする始末。

周りの白い目が痛いですよね。

空気読まないのが子どもだから・・・

もう一生このままなの?って、不安に押す潰されそうになってしまうかも。

【スポンサーリンク】

子育てで一番大変な時期を乗り切るには?

子育てで一番大変な時期を乗り切るには、気分転換が必要です。

可能なら、ご主人がお休みの日に、1時間だけでも自分だけの時間をつくるようにすると、気分が変わります。

自分だけの時間って、子どもが生まれるまでは、当たり前のものでしたよね。

改めて持つと、

「こんな貴重な時間だったんだ〜!」

と再確認できるはずです。

同じ年頃のお子さんを持つ方とSNSなどで交流を持ち、愚痴を言い合うのも、ストレス発散になります。

また、地域の子育て支援に足を運び、お友達をつくるのもいい気分転換になるでしょう。

同じ年頃の子どもと会うことで、子どもにもいい刺激になりますよ。

自分だけで抱え込まずに、誰かと協力して、一番大変な時期を乗り切れるといいですよね。

子育てで一番大変な時期を楽しめたらいいのでは?

赤ちゃんは生まれてから3歳まで、すごい成長をみせてくれます。

寝返りをして

ハイハイをして

つかまり立ちをして

あんよができるようになります。

ここまで、あっという間です。

他にも、おっぱい・ミルクだけだったお食事が、離乳食を経て普通のものを食べるようになります。

あれ、いつの間に、の連続です。

トイレトレーニングをして、オムツからパンツマンになった時の喜びは今でもおぼえてます。

子どもが見せてくれるたくさんの奇跡。

今思えば、本当に宝物の時間でした。

あっという間の期間限定の時間。

幼稚園に入ったり手が離れれば、自分の時間が少し作れるようになります。

大変な時期は、一生は続かないのです。

少し肩の力を抜いて、

「特別な幸せな時間だ」

って、ポジティブに考えてみるのもいいのでは。

子育てで一番大変な時期は期間限定です

子どものお世話を、放棄するわけにいかないですよね。

命に関わることですから。

だから、大変だって感じても頑張るんですよね。

自分の時間を、すべて子どものために費やす。

誰かのためにそこまでできるって、本当にすごいことです。

今が子育てで一番大変な時期だったとしても、それには必ず終わりがきます。

明けない夜はないのです。

子どもがもう少し大きくなれば、一晩中寝れます。

幼稚園に行くようになれば、日中に自分の時間だってできるでしょう。

「ずっと続くわけじゃない」

少しだけ肩の力を抜いて、可愛い我が子の成長に、目を向けてみてはいかがでしょうか?

今日できなかったことが、明日にはできるようになる。

驚きの連続ですよ。

【スポンサーリンク】