評価の高い映画はどれだ?洋画の名作3作品をご紹介!

あなたは映画を見るとき、どんな基準で選びますか?

「洋画となると特に迷ってしまう…」

と言うかもしれません。

お金を払って見るなら、出来れば評価が高い映画がいいですよね。

今回はあなたのために、心が温かくなる名作を3選ご紹介します。

評価の高さに定評のある映画「英国王のスピーチ」

まずご紹介するのは、2010年公開の「英国王のスピーチ」です。

英国王のスピーチ

出典元:https://filmarks.com/movies/24335

アカデミー賞やゴールデングローブ賞など、数々の賞を受賞。

これだけ聞いても評価が高いことは、一目瞭然でしょう。

ジョージ6世と専門家(言語療法士)ライオネルの、人間愛あふれる物語となっています。

舞台は1920年代のイギリス・ロンドン。

現在のエリザベス女王の父に当たるジョージ6世が主人公です。

ジョージ6世は吃音症を患っており、人前でうまく話せませんでした。

吃音症(きつおんしょう)とは、言葉が円滑に話せない疾病、または障害である。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/吃音症

妻のエリザベス(1世)は、夫の吃音を治すべく、専門家の元へ連れていきます。

この作品の見どころは、ジョージ6世の心情の変化です。

専門家はライオネルといい、とても独特な人物でした。

ライオネルはジョージ6世を、王として特別扱いしません。

その不躾(ぶしつけ)な態度にジョージ6世は、いら立ち反抗します。

しかし、ぶつかりながも、段々に打ち解けあっていく二人。

それは、様々な苦悩を抱えるジョージ6世を、寛容に受け入れるライオネルの姿勢があってこそでした。

打ち解けていく二人の姿に、じわ~っと温かい気持ちになります。

ジョージ6世を演じるのは、多くの名作に出演する名俳優、コリンファースです。

最近では、キングスマンで見た!という人も多いのでは?

キングスマンとは全然違う、人間味あふれるコリンファースが見られる作品です。

また、専門家であり友人のライオネルを演じるのは、ジェフリーラッシュ。

そう、パイレーツオブカリビアンのキャプテン、バルボッサです!

一風変わったライオネルを、見事に演じ切っています。

心温まる感動のラストをしっかり見届けてください!

音楽も評価の高い映画「はじまりのうた」

次にご紹介するのは、2013年公開のアメリカ映画、「はじまりのうた」。

はじまりのうた

出典元:https://www.amazon.co.jp/Begin-Again-Soundtrack-OST/dp/B00KRSFURI

おそらく公開時は、日本でそこまで大ヒットしていなかったのではないでしょうか。

口コミでじわじわ、公開から5年以上経っても、安定した評価を保ち続ける洋画です。

「最近元気がないな」

「なんだかやる気が出ない」

「一歩が踏み出せない」

とあなたが感じているなら、ぜひ「はじまりのうた」を見てください。

舞台はアメリカ・ニューヨーク。

主人公のグレタは、彼と共にイギリスから渡米してきます。

ラブラブな日々もつかの間、彼の浮気が発覚するのです。

失恋直後にバーで歌っていたところを、ダンという男にスカウトされます。

そう、グレタはシンガーソングライターだったんです。

そして、スカウトしてきたダンという男は、音楽プロデューサー。

しかし、ダンが一世を風靡したのも、もう昔の話です。

今じゃ食べるのにも苦労するほど、落ちぶれてしまっているのでした。

そんなダンとグレタは、共にアルバムを制作し始めます。

はじまりのうたのポイントは、何といっても音楽。

劇中ではたくさんの音楽が使用されているんですが、どの曲も良い曲だらけ。

グレタ達の制作したアルバムの曲は、見終わった後も耳を離れません。

そんな素敵なアルバムを歌う主人公グレタを、キーラナイトレイが演じます。

はい、そうです。

パイレーツオブカリビアンのエリザベスで、一躍有名になった彼女です。

ちょっとハスキーで、でも女の芯を感じられる声に癒されること、間違いなし。

あなたも気づいたらサウンドトラックを買っているはず(笑)

そして、浮気した彼を、なんと、MAROON5のアダムレヴィーンが演じます。

Sunday MorningはCMでも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

アダムの歌うシーンももちろんあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

お話はあるある~な、まさに洋画だなあといった展開です。

しかし、一風変わったアルバム制作の時に、たくさん映るニューヨークの風景が……。

人生どん底な主人公に、周囲の人間は温かく接してくれます。

そう、じわじわ~と身体に染み渡る、味のある作品となっているのです。

要所要所でポイントを押さえてきてくれる、「はじまりのうた」。

見終わった後に元気と活力がもらえる、そんな映画です。

新参者なのに評価の高い洋画「グリーンブック」

お次に紹介するのは、2019年公開の実話を基にした洋画「グリーンブック」。

グリーンブック

出典元:https://eiga.com/movie/89815/

アカデミー賞の作品賞を受賞した作品でもあります。

イタリア系白人のトニーと、黒人ピアニスト・ドン・シャーリーのお話です。

黒人と白人の奴隷のお話、ではありません。

白人が黒人にお仕えする、という今までにあまり例を見ない作品となっています。

舞台は1962年のアメリカです。

南部のツアーを周るために用心棒兼運転手として、トニーを雇ったドン。

おおざっぱなトニーは、礼儀作法にうるさいドンとぶつかります。

しかし3か月の期間を経て、次第に2人は打ち解け合っていくのです。

この作品の見どころは、トニーの心情の変化にあります。

黒人に対して偏見を持っていたトニー。

しかし、ツアーの期間を経て、黒人差別を行う白人に怒りを持つように。

ドンが差別される場面があれば、ドンをかばい、怒るようになるのでした。

今まで持っていた偏見が裏返る、というのは二人に相当な友情が芽生えた証。

二人の距離の縮まり方には、心がほっと温かくなります。

アカデミー賞受賞も納得の作品です。

 

以上、心温まる評価の高い洋画特集でした。

どの作品も、ほっと一息つきたいときに、うってつけの作品です。

ぜひ、おうちでゆっくりご覧ください。