現在日本では保育園児が230万人を超えているといわれています(平成27年厚生労働省調べ)。

働くママにとって保育園は、必要不可欠の存在です。

そしてほぼ全ての保育園で、毎年行われているのが「運動会」。

運動会への参加は、避けて通れない道でしょう。

ということで、今回は保育園の運動会に適した服装について、書いてみます。

初めて運動会に参加されるのであれば、ぜひ参考にしてくださいね。

【スポンサーリンク】

難しく考えずカジュアルな服装でOK!

自分の学生の頃のイメージで、上下セットアップのジャージの保護者はほぼいません。

保護者リレーなどに参加されるなら、動きやすい服装が良いですね。

保護者競技がなければ、ジーパンにTシャツなどのカジュアルで良いでしょう。

簡単な親子競技であれば、ストレッチの効いたボトムを履いておけば安心です。

【スポンサーリンク】

運動会が開催される時期を考えよう

運動会といえば汗水流して、練習した記憶がありませんか?

最近では熱中症対策から、運動会を春の涼しい時期に開催する保育園もあります。

季節に合わせた服装を心がけましょう。

5月に開催する保育園の場合

春に開催する保育園も増えてきました。

この頃の気候は安定しにくく、肌寒い日もあれば暑い日もありますね。

天気予報で気温もチェックしておくと安心です。

上は半袖でも日陰に行くと寒いこともあるので、羽織は持っていくと良いでしょう。

長袖でも厚手のスウェットを着るより、薄いカットソー+羽織をオススメします。

体温調節のしやすい格好を、心がけると良いですね。

9月~10月に開催する保育園の場合

まだまだ暑い日が多いこの時期は、周りのママも半袖で参加する人が多いでしょう。

半袖が不安な時は、UVカット効果のあるカーディガンが活躍します。

最近の9月~10月は暑いことが多く、汗でべたつくことも考えなければいけません。

涼しいリネン素材の衣料を身につけるだけで、体感温度に違いがでます。

また、熱中症の保護者も出てきたりするので、そうならない為に帽子は必ずかぶりましょう。

塩分タブレットや水分補給などの熱中症対策も、考えておくと良いです。

日傘はNG!観覧席でのことも考えよう

近頃では街中で日傘をさして歩いている人を、よく見かけます。

運動会でも、たまに日傘をさしている方が。

でも保育園の案内では、日傘を禁止している園もあるようですね。

理由としては、他の保護者の迷惑になるから、とのこと。

観覧席では他の保護者の方も、わが子の活躍をカメラに収めようと必死です。

大勢の人がいる中で、日傘をさしたら危険なのはわかりますよね。

日傘がなくても、紫外線対策は可能です。

  • アームウォーマー
  • ストローハット
  • 日焼け止め

で対策しましょう。

あったら便利!運動会グッズ

初めて保育園の運動会に参加するあなたにとって、気になることは服装以外にもありますよね。

そこで運動会にあったら便利なものを、合わせてご紹介します。

折りたたみ椅子

保護者用の椅子は、用意されていない保育園が多いです。

折りたたみの椅子があると、助かります。

使う際は前の方で座って観覧するか、観覧場所から離れた後ろで使いましょう。

最近では100円ショップでも売られているので、お手軽にゲットできます。

ウェットティッシュ

また除菌効果のあるウェットティッシュも便利です。

砂埃がひどかったり汚れている場所も多くあります。

ひとつ持っておくと安心ですよ。

保育園児が主役の運動会!ママは目立ちすぎない服装に

運動会の主役は子どもたちです。

子どもより保護者が目立つべきではありません。

ミニスカートを履いたり、胸元の開いた服は避けた方が良いでしょう。

過度の露出は他の保護者から、場をわきまえていないと認識されます。

また、派手すぎない色や柄を選ぶことが大切です。

子どもたちを応援することに集中できる服装で、運動会には参加しましょう。

1年に1回の運動会。

今しかない可愛い我が子の成長を、旦那さんと一緒に感じてくださいね。

【スポンサーリンク】