赤ちゃんにげっぷをさせるのって、難しいですよね。

げっぷが出ないだけならまだしも、吐いてしまうと体調や健康が心配になってしまいます。

かく言う私も、子供にげっぷをさせるのがすごく下手でした。

今回は、赤ちゃんのげっぷが出なくて吐いてしまうことについて、私の経験も交えながらお話しします。

【スポンサーリンク】

赤ちゃんにげっぷをさせるのはなぜ?

赤ちゃんにげっぷをさせる理由を知っていますか?

赤ちゃんは、母乳やミルクを飲む時に、空気も一緒に飲み込んでしまいます。

そのため、お腹に入った空気を出すために、げっぷが必要なのです。

大人でも、げっぷが出そうで出ないと気持ち悪いですよね?

赤ちゃんも同じで、げっぷが出なくて不快な時には、泣いてしまうことも。

さらに、げっぷが出ないことは、吐き戻しの原因にもなります。

寝ている間に吐いてしまうと、窒息する恐れがあるので、できるだけげっぷを出してあげた方がいいのです。

【スポンサーリンク】

赤ちゃんのげっぷが出ない時は

赤ちゃんにげっぷをさせることは大切ですが、慣れないうちは上手くできないことも多いですよね。

ちなみに母乳の場合は、赤ちゃんが空気をあまり飲み込まず、母乳だけを上手に飲むことがあります。

その場合は、赤ちゃんのお腹に入る空気が少ないので、げっぷが出にくいのです。

私の娘は、本当にげっぷが出なくて、出る方が珍しいくらいでした。

ここでは、げっぷが出ない時に、私が実践したことをご紹介します。

赤ちゃんの体勢を変える

赤ちゃんにげっぷをさせる時の体勢は、いくつかあります。

肩の辺りまで縦抱きで抱き上げたり、太ももの上に横向きで座らせたり、向かい合って座らせたり。

げっぷが出ない時は、他の体勢に変えながら試してみてください。

すると、体勢を変えている最中に、げっぷをしてくれることもあります。

また、

「赤ちゃんを数秒間横にして、その後に起こす、という動作を繰り返すといい」

と友人から聞き、それも実践していました。

ただ、赤ちゃんを急に動かすと吐き戻す可能性があるので、優しく丁寧に動かしてくださいね。

授乳後は体を起こしておく

げっぷが出ないまま、赤ちゃんを寝かせてしまうと、吐き戻しの原因になります。

吐き戻しを防ぐためにおすすめなのが、授乳後しばらく赤ちゃんの体を起こしておくことです。

赤ちゃんの飲んだものを、胃の下の方へ落ち着かせるイメージ。

私は、授乳後15分程度、げっぷが出るように背中をさすったりトントンしながら、足の上に赤ちゃんを座らせていました。

体の右側を下にして寝かせる

しばらく頑張ってもげっぷが出ない時は、諦めも肝心。

げっぷが出ないまま赤ちゃんを寝かせる時は、上を向かせるのは、避けた方がいいでしょう。

上を向いていると、吐き戻したものが喉に詰まってしまう危険があります。

私が産院で教えてもらったのは、赤ちゃんの体の右側を下にして、横向きで寝かせること。

赤ちゃんの体の左側に丸めたタオルなどを置いて、右が下になるように寝かせましょう。

顔だけを横に向けるのではなく、体ごと横に向けるのがポイントです。

赤ちゃんが吐くのはよくあること

赤ちゃんの体は、まだまだ未熟です。

胃の形も大人とは違っていて、とっくりのような形をしています。

さらに、胃の入り口の締まりも緩い状態。

そのため、赤ちゃんは胃の中のものが逆流しやすく、吐いてしまうことが多いのです。

また、吐きにくい子もいれば吐きやすい子もいますので、個人差も大きいと言えます。

私の娘は、とにかくよく吐く子でした。

授乳直後に吐くこともあれば、1時間2時間してから吐くことも。

本当に、授乳の度に吐いていたと言っても、過言ではありません。

当時はすごく心配しましたし、不安でしたが、生後6ヶ月くらいになると、吐き戻しの回数はかなり減りました。

赤ちゃんの吐き戻しが多くても、体重が増えているなら、そんなに気にしなくても大丈夫。

成長するにつれて、吐くことは減っていくはずですよ。

げっぷが出なくても大丈夫!

ここまで、赤ちゃんのげっぷが出ないときの対処方法や、吐き戻しについてお話しました。

げっぷの上手い下手は、赤ちゃんの体質にもよります。

あまり神経質に、なりすぎないでくださいね。

赤ちゃんが吐くのは、よくあることです。

たとえ赤ちゃんが吐いてしまっても、大きくなっているなら、心配ありませんよ。

【スポンサーリンク】