GWも終わり次の長期休みは夏までお預け、なんて方も多いのではないでしょうか。

長い休みがなくても大丈夫!

日帰りで行けちゃう温泉をご紹介します。

中でも、関東の電車で行けちゃう好アクセス地を厳選しました。

電車でアクセス可能な関東日帰り温泉①箱根

最初にご紹介するのは、関東で温泉といえば!の代名詞、箱根です。

新宿から特急で90分。

2時間かからず行けるのは、まさに好立地といえるでしょう。

そんな中でも、おすすめの日帰り温泉を2つご紹介します。

箱根湯寮(はこねゆりょう)

まずご紹介するのは、箱根湯寮です。

箱根

出典元:https://www.hakonenavi.jp/spot/886

箱根湯寮は、箱根湯本駅の真裏にそびえる山に位置します。

山、と聞いて恐ろしくなっていませんか、ご安心を。

箱根湯本駅から無料の送迎バスが、ちゃんとあります。

バスに乗ること、なんと3分で到着。

駅チカの日帰り温泉です。

肝心のお風呂は、内湯の他に露天風呂もあります。

露天風呂は、広い岩風呂を含め4種類もあるんです。

もちろん、サウナもありますよ。

サウナではロウリュウのサービスも行っています。

ロウリュウ

サウナストーブにアロマを含んだ水をかけることで蒸気を発生させ、タオルで仰ぐパフォーマンスにより、香りと熱風を送り一気に発汗を促すフィンランド発祥のサウナプログラムのことである。

引用元:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%ED%A5%A6%A5%EA%A5%E5%A5%A6

さらに、箱根湯寮のメインはお風呂だけではありません!

お風呂に入って汗をかいたら、お腹がすきますよね?

そう、食の面でも充実しています。

囲炉裏をテーマにしたお食事処「八里(はちり)」。

そばをはじめとした定番のメニューから、囲炉裏をつかったコースまで種類が豊富。

さらにはソフトクリームやあんみつなど、甘味も充実しています。

お腹の好き具合に合わせて、メニューが選べるのはありがたいですね。

食べたら、少し休みたい…

休憩処も充実していますよ。

一人で横になれるスペースやリクライニングチェア。

女性専用のスペースも確保されています。

ゆったり一日過ごせるほど、施設が充実しているんです!

Check!

料金:大人¥1500(タオル、浴衣レンタルは別料金)

営業時間:10時~22時(平日は~21時)(※小学生未満のお子様は入れないのでご注意)

日帰りでもゆったりくつろぎたい時にはぜひ、行ってみてください。

弥次喜多の湯(やじきたのゆ)

次にご紹介するのは、弥次喜多の湯。

箱根湯本駅から徒歩3分ほどで到着という好立地。

弥次喜多の湯は、サクッとお風呂に入りたい!というあなたにおススメの日帰り温泉です。

お風呂は内風呂と露天風呂があります。

露天風呂は桶風呂など4種類。

温泉自体はさほど広くなく、休めるスペースも広いとはいえません。

ですが、お湯の良さは文句なし!

しっかり身体の芯まで温まることができます。

Check!

料金:大人¥1000

営業時間:10時~21時

レジャーの汗や疲れを、帰る前に落としたいという時。

ぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

そしてこの弥次喜多の湯には、おススメポイントがもう一つあります。

先ほど、休みスペースがない、とお伝えしました。

なんですが、近くにとてもおいしい湯葉のお店があるんです。

弥次喜多の湯から徒歩30秒の場所にある湯葉丼「直吉」(ゆばどん なおきち)。

土鍋で煮込まれた湯葉の卵とじを、熱々の白いごはんにのっけて食べます。

湯葉卵とじ

出典元:https://tabelog.com/kanagawa/A1410/A141001/14007598/

この湯葉、身体に染み渡る優しい味なんです!

弥次喜多の湯で身体の芯まで温まった後、少し足を伸ばしてみてください。

川を眺めながら、ゆったり湯葉丼を堪能してみてはいかがでしょうか。

営業時間は19時までと短めなので、要注意です。

電車でアクセス可能な関東日帰り温泉②秩父

次にご紹介するのは、ちちんぶいぶい🎵でおなじみの秩父です。

池袋から特急に乗ること80分。

いろんな観光地があり、レジャーが豊富の秩父でご紹介する日帰り温泉はこちら。

祭の湯

出典元:https://www.seibu-leisure.co.jp/matsuri/index.html

西武秩父駅すぐ、というより駅にある祭の湯です。

西武秩父駅といえば、池袋から特急に乗った終点の駅。

こちらの温泉もレジャーで疲れた汗を流す、そんな場面にピッタリの温泉なんです。

3種の内湯に4種の露天風呂、さらにはサウナもついています。

別料金を払えば、岩盤浴まで楽しめちゃうんです。

もちろん入浴後のお休み施設も充実していますよ。

テレビ付きのリクライナーや、寝転んで休める寝ころび処。

別料金で女性専用のラウンジもあるんです。

まさにレジャーの疲れを癒すには、うってつけの温泉と言えましょう!

Check!

料金:大人¥1080(平日は¥980)

営業時間:10時~24時

遅くまでやっているので、観光から帰る前にぜひ寄ってみてください。

 

以上が、電車でアクセス可能な日帰り温泉でした。

電車でアクセス可能なので、車の旅につきものの渋滞を考えなくてもいいんです。

すぐに温泉に入りたい!という欲を叶えてくれる場所。

ぜひ、少し足を伸ばして、日ごろの疲れを癒してみてはいかがでしょう?