妊娠生活で頭を悩ませるのが、体重管理ですよね。

妊娠中は、ホルモンバランスの関係で、妊娠前よりも体重が増えやすい体質になります。

どんどん増える妊娠中の体重に、不安になっていませんか。

今回は、妊娠中の体重が、どこまで増えても大丈夫なのか見ていきたいと思います。

理想的な妊娠中の体重増加の目安は?

妊婦さんを悩ます体重管理。

できれば看護師や医者から、体重指導を受けたくないですよね。

妊婦の体重増加の目安は、妊娠前のBMI数値によって異なります。

このBMI数値とは、体重・身長から計算する肥満度のことです。

計算方法は、

妊娠前の体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI数値

となります。

例えば体重42kg、身長156cmだと、

42÷1.56÷1.56=17.2583・・・

なので、BMIは17.26となります。

※上記サイトでは数字を入力するだけで、計算してくれます。

BMI数値が

  • 18.5未満:低体重
  • 18.5~25.0:標準体重
  • 25.0以上:肥満

です。

妊娠前のBMI数値から、妊婦となった時の体重が、どれほど増えても大丈夫なのかが決まります。

  • 妊娠前のBMI数値が低体重の場合:9~12kg
  • 妊娠前のBMI数値が標準体形の場合:7~12kg
  • 妊娠前のBMI数値が肥満の場合:おおよそ5kg

以上が、妊婦さんが出産までに体重が増えても、大丈夫だとされる目安になります。

1週間で増えても大丈夫な体重の目安は、大体300~500g。

体重は同じ条件下で測る必要があります。

朝ごはんの前に体重を測る、など、毎日同じタイミングで体重計に乗りましょう。

体重を毎日メモすると、体重の増加が一目で分かるのでオススメです。

妊婦の体重が増加する理由

妊娠初期はつわりもあり、体重は減少傾向。

ですが、つわりが落ち着いた妊娠4~5か月になってくると、どんどん体重が増え始めます。

妊娠中の体重がどんどん増えていく理由を、考えていきましょう。

赤ちゃんが大きくなった

赤ちゃんは出産予定日付近になると、3~4kgにまで成長します。

そして母体も赤ちゃんの成長に伴い、日々変化していくのです。

お母さんの体の変化を確認すると、

  • 羊水:約500g
  • 胎盤:約500g
  • 妊娠によって増える子宮・乳房・血液などの重さ:約4kg

が体の中で作られていくことになります。

これだけでも、8キロ以上ですね。

日に日に妊婦さんの体重が増えるのも、仕方がありません。

つわりが終わり、食欲が戻った

つわりから解放されると、食べることが楽しくて、ついつい食べ過ぎてしまうことも。

ホルモンバランスの影響で、妊婦は脂肪をためやすい体質になります。

皮下脂肪がつきやすくなるのです。

間食を減らし、バランスの良い食事を取るようにしましょう。

運動量が少なくなる

お腹が大きくなってくると、少しの動作をするだけでも一苦労です。

体のバランスが取りにくく、すぐに疲れてしまいます。

自然と運動量が少なくなってしまいがちに。

意識して、運動するようにしましょう。

マタニティースポーツや散歩など、気軽に始められる所からチャレンジしてみては、いかがでしょうか。

妊婦の体重が増加しすぎると発生するリスク

妊婦の体重が増加しすぎると、どのような危険性があるのか知ることも大切です。

妊娠高血圧症候群

妊娠中に体重が増加しすぎると、高血圧になることがあります。

重症化すると、

  • けいれん発作
  • 脳出血
  • 肝臓・腎臓の機能障害

といった症状を引き起こすことに。

また、赤ちゃんにも影響が及びます。

発育が遅くなったり、胎盤が子宮からはがれてしまう等のリスクがあるのです。

最悪の場合、赤ちゃんの命にも関わってくるので、注意したほうがいいでしょう。

妊娠糖尿病

妊娠中に体重が増えすぎると、血糖値が上がり糖の代謝に異常を起こします。

妊婦の視力の低下につながることも。

赤ちゃんには

  • 流産
  • 巨大児になる
  • 心臓の肥大

のリスクが出てきます。

 

妊婦の体重が増えすぎてしまうと、赤ちゃんの命に関わってくることもあるのです。

毎日体重を気にすることで、リスクを回避することが出来ます。

安全なお産を迎えるためにも、日頃から気をつけていきましょう。

妊婦を悩ます体重管理の目安は、妊娠前のBMI数値で決まります

妊婦の体重が増加してもいい目安は、妊娠前のBMI数値で決まります。

BMI数値が低体重の場合9~12kg、標準体形の場合7~12kg、肥満の場合おおよそ5kgです。

なるべくこの範囲に、体重増加が収まるようにしましょう。

体重管理をせず太りすぎてしまうと、母体と赤ちゃんの命が危険な状態になる可能性が上がります。

日々意識することで、体重の増加を防ぐことは可能です。

気をつけていきたいですね。

赤ちゃんと自分の為にも、ストレスにならない程度に、体重管理に取り組んでみましょう。