芸術が好きなあなた!どんな仕事があるのか?

イラストを描くのが好き!

描くのも好きだけど見るのも好き!

芸術分野は幅広いです。

きっかけは趣味のひとつだったものが、仕事になることも多くなってきました。

趣味からさらにプロフェッショナルな知識と技術を身に着けたい、仕事にしたいとおもったら。

そんな芸術作品が好きなあなたへ、仕事にするならどんな種類があるのか?

芸術関係の仕事を紹介します。

芸術関係の仕事

芸術家・イラスト関連の仕事

イラストレーター

主な仕事はイラストを描くこと。

活動する場所は、雑誌や新聞、広告など。

メッセージを言葉ではなく、イラストで伝える仕事です。

特別な資格がないので、イラストを描ける方をイラストレーターと表現することもあります。

極端に言うと、イラストを描いて発表し、収入があれば自分でイラストレーターと言える職業です。

独学でも、フリーランスで起業できる!

ですがイラスト(色彩感覚)の知識や技術があればあるほど、クオリティーの高いイラストレーターに。

フリーランスでの起業を考えるのなら、イラストの基礎を学んでいることは大きな武器になります。

美術大学やデザイン系の専門学校を、進路として選ぶのもいいでしょう。

もっと身近な絵画教室でも、基礎を学ぶことはできます。

とにかく、個人の独創性や表現力が、ストレートに評価される仕事ですね。

画家

主な仕事は絵画を中心とした絵を描くこと。

活動場所は、イラストレーターと近く広告業界です。

また、本の挿絵など、活躍する分野は幅広くあります。

イラストレーターと同じように、特別な資格は必要ありません。

ただイラストレーターより、画家のほうが難易度は高いです。

画家は世間一般的なニーズよりも、専門家に認められるほどの技術と表現力が必要になってきます。

私の周りにも独学で画家になった方がいますが、イラストレーターより下積み時代が長い方が多いです。

  • コツコツと公募に応募する粘り強さ
  • 個展をひらく力量

のいずれかがある方が、画家となっています。

取り扱う画材も、

  • 水彩
  • 油絵
  • 日本画
  • ペン(ペンだけでもたくさんの種類があります。)
  • 点描(点だけでかく絵)

と、イラストレーターより専門的な技術と知識が必要。

美術大学やデザイン学校、画家の弟子入りなどで学ぶことができます。

そこから公募に応募し評価がついて、「画家」と名乗る方が多いお仕事です。

一流になる(知名度が付く)までが、根気のいる職業ですね。

独創性だけでなく技術力・表現の幅が、イラストレーター以上に求められる厳しい世界です。

学芸員

主な仕事は博物館、美術館での研究や展示。

活動場所は、博物館や美術館、展示会場になります。

資料や作品の保管、調査、展示企画などの仕事がメインです。

イラストレーターや画家と違い、「学芸員資格」が必要になってきます。

文部科学省できめられた資格と、大学卒業後に得られる学士の学位資格が必要。

美術大学でも得られますが、美術大学では文学部が少ないため、文学系大学で資格をとることが多いです。

資格がなくてもなれるイラストレーターや画家と、学芸員の大きな違いとは?

イラストレーターや画家が芸術作品を作る技術が必要なのに対し、学芸員は芸術作品に関する知識が必要です。

例えば、

  • 芸術作品の保管
  • 芸術作品の研究
  • 歴史的な資料の研究
  • 一般の人への作品説明
  • 博物館や美術館での作品の展示(見やすく展示する技術が必要)

が仕事となってきます。

先ほど紹介した、一流イラストレーターや画家の作品を、後世に残していく管理人の様な役割ですね。

 

他にも芸術家・イラスト関連の仕事には、

  1. 書道家
  2. 陶芸家
  3. ガラス工芸家
  4. 染色家
  5. 美術鑑定士
  6. 美術研究者

があります。

上記のうち1~4は、イラストレーターや画家と同じく資格がなく、感性と技術があればなれます。

そして5,6は学芸員と似た立ち位置です。

専門知識を一般に説明できる知識が必要とされます。

グラフィック関連の仕事

  • グラフィックデザイナー
  • CGデザイナー
  • ウェブデザイナー

こちらもイラストレーターと同じように、資格はいりません。

ですが、コンピューター理論やプログラミング技術が、さらに追加された職業です。

そのため、CG技術に重点をおいた専門学校への進路が、近道になります。

芸術(アート)が好きで仕事にしたい方に必要なもの

持続力

芸術の世界は、

  • 感性
  • 独創性
  • 技術力
  • 表現力

といった自身の周りから受けるもの、受けたものを表に出すといった力が必要です。

もともと持って恵まれた人もいますが、努力で手に入れる事ができる力でもあります。

よく、芸術に一番必要なのは、「才能」と聞くのではないでしょうか。

ですがその「才能」をもっていても、続ける「持続力」がないと意味がありません。

続けなければ、才能を表にだすことが出来ないからです。

忍耐力

私自身、学生時代画家を目指していました。

私が弟子入りしたのは、美術大学を卒業し、絵画教室を開きながら個展をしている方。

もともと、油絵画家だった方です。

けれどまったく表現も画材も違う日本画に転身。

洋画の影響も多少残しながら、独特な日本画家になりました。

公募でも受賞されていたため、絵本作家・博物館の修復絵師も兼ねていました。

一つを専門的に評価されると、他の分野でも活躍できるんです。

芸術の世界は面白いですね。

そういったメリットもある芸術の世界。

魅了的な世界の反面…。

弟子入りして身近で制作過程を見てると、びっくりします。

一個の作業が、本当に根気のいる仕事だと分かりました。

私も毎日その方に積み木を描く課題を与えられましたが…。

出来上がると、少し積み木をずらされて再度描くのくりかえし。

いじわる…とおもったことも。

正直、当時はもっと色々描きたいのに、と私には理解できませんでした。

ですが今になると、その繰り返しの日々の意味が、分かってきた気がします。

きっと、芸術作品を作る「忍耐力」や、「持続力」を学ばそうとしていたのだと思います。

これから芸術が好きで仕事にしようとされるなら、ぜひ続けてください!

続けることで、素直に作品へ成長が現れる仕事です。

成長を楽しみながら続け、よりよい作品作りをしていってくださいね。