敬老の日のプレゼントって、なにがいいのか悩みませんか?

そんな時は、手作りのメッセージカードはいかがでしょうか。

敬老の日は、祖父母に日頃の感謝を伝えるいい機会です。

お子さんと一緒に手作りすれば、きっと祖父母も喜んでくれますよ。

簡単にできるメッセージカードの作り方を、ご紹介します!

敬老の日におすすめ!手作りメッセージカードで必要な材料は?

私自身も敬老の日には、子どもとメッセージカードを作って、祖父母に渡しています。

祖父母も毎年楽しみにしており、いつもリビングに飾ってくれています。

手作りのメッセージカードだからこそ、祖父母も喜んでいるようです。

そんな心のこもった手作りカードは、簡単に作ることができますよ。

材料は全て100円均一で揃えられます。

材料は、以下の7点です。

  1. 土台となる画用紙
  2. ペン
  3. マスキングテープ
  4. 絵の具
  5. 折り紙
  6. シール
  7. のり

これだけあれば、メッセージカードを簡単に作れます。

100円均一のマスキングテープやシールは、おしゃれで可愛い物がたくさん。

メッセージカードのイメージに合わせて、いろいろと組み合わせてみると、見た目も華やかな仕上がりになります。

敬老の日のメッセージカードを簡単に手作りするコツ

メッセージカードをどのように装飾をしていくのか、考えていきましょう。

まずは、メインのメッセージを書く場所を決めます。

メッセージを書いたら、どんどん装飾していきますよ。

私がよく使うのは、子どもの写真です。

子供の成長が分かる写真をおすすめします。

また顔がアップになった写真もあると、いいですね。

写真は人の形にくり抜いて、のりで張ることもできます。

せっかくマスキングテープがあるなら、写真をテープで囲むだけでも可愛く仕上がりますよ。

他にも絵の具を使い、子どもの手形・足形をとってみるのはいかがでしょうか。

大きくなった子どもの成長が、伝わりやすいです。

子どもが、祖父母の似顔絵を描くのもいいですね。

余ったスペースは、ペンやシール、星やハート等に切った折り紙で埋めていくと華やかになります。

子どもと一緒にデコレーションすれば、より喜ばれるメッセージカードになるはずです。

敬老の日のメッセージカードに添えると嬉しい例文

メッセージカードの作り方を見てきましたが、何より困るのはメッセージの内容ではないでしょうか。

せっかくの手作りカードなので、心のこもったメッセージを送りたいですよね。

次は、メッセージの例文を見ていきたいと思います。

敬老の日のメッセージ
  • いつもありがとう。これからもずっと元気でいてね!
  • いつも遊んでくれてありがとう。これからも一緒に遊ぼうね。
  • 敬老の日おめでとう!いつも気にかけてくれて、ありがとう。今度一緒に○○に出掛けようね。
  • おばあちゃん、敬老の日おめでとう。これからも素敵な笑顔のおばあちゃんでいてね。
  • ○○は、こんなに大きくなりました。上手に歩けるようになったよ。また遊びに行くね。
  • なかなか会えないけど、おじいちゃんとおばあちゃんも元気に長生きしてね!
  • おじいちゃん、敬老の日おめでとう!またみんなで、夏休みに遊びに行くね!
  • 大好きなおじいちゃん、おばあちゃんへ。いつまでも素敵な2人でいてね。私もおじいちゃんとおばあちゃんのような夫婦になれるように頑張ります。

メッセージを書くときは、日頃の感謝の気持ちを伝えるといいですね。

祖父母が遠方に住んでいる場合は、今度いつ会えるのか知らせるのも1つです。

また、家族の近況を添えてみると、祖父母も喜びますよ。

敬老の日に手作りのメッセージカードはいかがでしょうか

祖父母に感謝の気持ちを伝える、敬老の日。

手作りのメッセージカードを送れば、祖父母も喜んでくれるはず。

マスキングテープ、シール、ペンといった100円均一で揃えられるもので作れるので、手軽に取り組むことができます。

敬老の日には、心のこもったメッセージカードを送るのはいかがでしょうか。