最近鉛筆で描いたリアルな絵が、話題になっていますよね。

「描いてみたいけど、自分には無理だ」

と感じていませんか。

実は根気よく取り組めば、誰にでも書くことができるんです。

まるで写真のような鉛筆画の描き方について、みていきましょう。

鉛筆でリアルな絵を描くための道具

鉛筆でリアルな絵を描くために必要なものは、以下の5つです。

  1. 画質がいいカメラまたはスマートフォン
  2. パソコン
  3. 鉛筆
  4. デッサン用の練り消し
  5. 画用紙またはケント紙(高級紙の一種)

この5つがあれば、誰でもリアルな絵が描けるようになりますよ。

近年写真の画質が、どんどん良くなっていますね。

肉眼では見えないような細部まで、写真を拡大すれば確認することができます。

このカメラの画素数の向上が、写真のような絵を描くことを簡単にしたのです。

写真のクオリティーが上がったことから、実際に物をじっくり観察しなくても、簡単に細かい部分を観察できるようになりました。

絵を描くにあたっては、スマートフォンでは画面が小さいので、パソコンに取り込むことをおすすめします。

鉛筆でリアルな絵を描くための手順

では鉛筆でリアルな絵を描く手順を解説します。

まず描きたいもの(モチーフ)を、写真に撮ろう

写真をそのまま絵に写すように描き進めていくので、光と影のバランスを考えて写真に収めます。

また一眼レフのようなピント調整も行うと、ぼかしたい部分とシャープな部分ができますよ。

ぼかしがあると、さらにカッコいい絵に仕上げることも。

ほかにも写真を白黒で撮ると、鉛筆で濃淡をつけるのが楽になります。

モチーフ全体の光の陰影を描いてみよう

モチーフの写真をパソコンに取り込んだら、作業開始です。

まずは写真の全体を見ながら、モチーフの輪郭を描いていきます。

次に、光が当たっているところと影が出来ていることろを、大まかに描写。

細部は後から描き込んでいくので、気にせずにいきましょう。

ポイントは端から順番に描くのではなく、全体のバランスを見ながら、どの部分も同じような描写スピードで描いていくことです。

最初から絵の一部に集中して描き進めていくと、全体のバランスが取りにくくなります。

写真をよく観察し、大まかな影を捉えるようにしましょう。

この時に影の濃淡以外にも、奥行やモチーフの面の変化を意識すると、よりいっそう現実味が増します。

練り消しを使うと、さらに濃淡の幅が広がりますよ。

練り消しを擦りつけることでぼかしを表現できたり、先端をうまく利用することで光を表現できたりするからです。

リアルな絵にするために、モチーフの細部を描き込んでいこう

大まかな影の濃淡ができたら、モチーフの細部の描き込みです。

ここでパソコンを使って写真を拡大し、小さな影の変化や質感を表現していきます。

この段階まで来ると、絵がどんどん写真に近づいてくるので、作業をしていても楽しいです。

ポイントは、よく写真を観察すること。

絵のバランスを崩さないためにも、たまに全体の仕上がり具合を確認することも大切になります。

あとは、ひたすら写真と絵を見比べて、描き込むだけです。

とても時間はかかりますが、描けば描くほどリアルになってきますよ。

リアルな絵を描く為に、必要な鉛筆の種類と使い方

一言に鉛筆といっても、1本2本だけではきれいな白黒の濃淡を作り上げることができません。

できれば絵を描くために作られた専用の鉛筆を、使用するといいですよ。

ユニやハイユニ、ステッドラーが、人気のメーカーになります。

鉛筆の硬さは、6B~4Hがそれぞれ1本ずつあるといいでしょう。

硬さの違う鉛筆があると、白黒の濃淡の描き分けが簡単になります。

鉛筆の削り方も独特で、鉛筆削りは使いません。

カッターを使い、鉛筆の芯が2センチほど露出するように削ります。

芯の先端は、鋭くなるように削ることも大切です。

この削り方には理由があります。

絵を描く場合、鉛筆の持ち方が2種類あるからです。

一つは鉛筆の端をもつ持ち方。

鉛筆を寝かせるようにして、広範囲を塗る時に使います。

おもに、大きな影を捉える場合です。

もう一つは通常の鉛筆の持ち方。

細部は通常の鉛筆の持ち方で、描き込みます。

この2つの描き方ができるのは、カッターで削った鉛筆だからこそ。

最初はカッターで鉛筆を上手く削れなくても、何度も削るうちに上達しますよ。

リアルな絵を鉛筆で描くことは、難しいことではありません!

リアルな絵を鉛筆で描く為に必要なのは、根気です。

写真の技術の進歩により、パソコンで拡大すれば、簡単に細部まで観察することができます。

その為、難しい細部の描き込みは、根気があれば出来るようになりました。

写真と見比べながら少しずつ描き込めば、あなたもリアルな絵を描くことができますよ。

一度挑戦してみるのは、いかがでしょうか。