妊娠から出産まで、何日かかるか知っていますか。

女性が妊娠し出産を迎えるまでの期間は、「十月十日」と言われています。

しかし実際は280日前後、つまり9か月10日目前後が出産予定日にあたるそうですよ。

では、実際にいつから妊娠期間を数え始めるか、あなたは知っていますか?

妊娠の周期の数え方

妊娠とは、WHO(世界保健機関)が「1週を7日とし、妊娠継続を40週とする」と定めています。

こういった妊娠の定義から、「最終月経の開始日」を妊娠0週0日目として数え始めるのです。

妊娠期間は、4週間を1か月とします。

妊娠検査薬が使えるのは、次の月経予定日の1週間後からですよね?

この時に妊娠が発覚すると、すでに妊娠2か月である5週目に差し掛かっているということになるんですよ。

一般的に出産予定日は、最終月経の開始日から妊娠40週0日後になります。

妊娠40週0日は280日目です。

しかし出産予定日は目安であり、その日に必ず産まれてくる訳ではありません。

妊娠による月経と排卵日の関係

妊娠は、最終月経の開始日から280日後に出産を迎えます。

これは、月経が毎月28日で規則的に安定している人の場合です。

28日で安定している場合、最終月経開始の14日後に排卵が起こります。

しかし生理不順により排卵日が遅れている場合には、この通りにはいきません。

もし生理周期が31日で安定している場合、28日周期の人よりも排卵日が3日ずれていると考えます。

妊娠周期を3日遅らせて、予定日を決めるのです。

また生理周期が定まらない場合、基礎体温の低温期が高温期に移行する日を見て、排卵日と計算することもあります。

とはいえ、基礎体温を測っていない人が大半ですよね。

胎児の発達は、検診のエコー検査で診ることが可能。

エコー検査では、頭の横幅、腹部の面積、太ももの長さを測り、推定体重を算出します。

8週目から11週目の胎児の大きさは、大体みんな同じ大きさだそうです。

その値と最終月経日とすり合わせていき、出産予定日を決めることができます。

妊娠周期の初期・中期・後期の分け方

妊娠期間は、4週間を1か月と考えます。

妊娠4週目0日から妊娠2か月目に突入。

そして妊娠期間は3か月ごとに、「初期」「中期」「後期」と分けるのが一般的です。

ちなみに妊娠1か月目は妊娠超初期にあたります。

妊娠初期 妊娠2~4か月目

妊娠2か月目になり、つわりや月経の遅れから妊娠に気づき始めます。

産婦人科で胎児の心拍が確認されると、妊娠確定ですね。

母子手帳をもらいに行くのも、この時期になります。

この時に、妊婦健診の補助券ももらっておきましょう。

妊娠初期の妊婦健診は4週に1度が目安。

つわりがピークを迎える時期です。

水分や食べ物が受け付けられない場合、産婦人科で相談しましょう。

妊娠中期 妊娠5~7か月目

妊娠中期は、安定期と呼ばれる時期です。

つわりの症状も収まります。

その為、食べ過ぎてしまうことも。

体重管理は妊婦さんにとって大切です。

体重を気にしすぎると精神的に追い込まれてしまいますが、1か月に1kgを目安に調整していきましょう。

この頃になると、胎動を感じ始めます。

ポコポコとお腹の中で動き回る様子は、不思議で愛おしさを感じる時期です。

妊娠中期の検診は、月に1~2回になります。

妊娠後期 妊娠8~10か月目

妊娠後期では、どんどんお腹が大きくなっていきます。

大きくなった子宮に、胃や膀胱が圧迫されることによって、マイナートラブルが多くなる時期です。

37週~42週未満は、正期産と呼ばれます。

赤ちゃんの体の準備も整い、いつ産まれてもおかしくない時です。

お産の準備をしながら、リラックスしてその日を待ちましょう。

妊婦健診も2週間に1度になります。

10か月目以降になると、1週間に1度検診です。

妊娠周期の数え方は、最終月経開始を0週0日として約280日で出産

妊娠周期は最終月経開始日から数え始めます。

妊娠が発覚した時は、妊娠2か月目です。

妊娠中は精神的にも不安定になりやすく、マイナートラブルも多くなりがち。

また、妊娠中は制限が多く、ストレスも溜まりやすいです。

適度にストレスを発散し、リラックスできる環境を作ることが大切になります。

家族にも手伝ってもらいながら、妊娠生活を快適に過ごしていきたいですね。