妊娠して、まず気になるのは、食べ物や飲み物のことではないでしょうか?

「どんなものを食べたらいいの?」

「食べたらダメなものってあるの?」

お母さんが口にするものは、お腹の赤ちゃんの栄養になります。

赤ちゃんへの影響を考えると、妊娠中の食生活には気を配りたいですよね。

ここでは妊娠初期の頃から気を付けたい、食べ物や飲み物に関する情報をまとめました。

【スポンサーリンク】

妊娠初期から食べ物・飲み物に注意!

あなたは妊娠中に必要な栄養素や、控えたい成分について知っていますか?

「お酒とタバコはダメ」

というのは有名ですよね。

多くの人が知っていると思います。

では逆に妊娠中に、摂るといい栄養素は?

前もって妊娠のことを考えていないと、妊娠期に必要な栄養については、あまり知らないのではないでしょうか。

お母さんの食生活は、赤ちゃんの発育に影響を与えます。

栄養を考えた健康的な食事で、必要な栄養素をしっかり摂取したいですね。

【スポンサーリンク】

妊娠中は避けたい食べ物・飲み物

まずは最も気になると思われる、妊娠中に避けるべき食べ物や飲み物を取り上げます。

生もの

妊娠したら、

  • 刺身
  • 生ハム
  • 生卵
  • ナチュラルチーズ

など、生ものを食べるのはやめておきましょう。

生ものにはさまざまな菌が、付着している可能性が。

お母さんが食中毒になっては大変です。

それに、お腹の赤ちゃんに菌が及ぶと、悪い影響を与える場合があります。

水銀を含む魚

一部の魚には、水銀を含んだものがあります。

たとえばキンメダイ、ミナミマグロ、メカジキなど。

水銀を摂りすぎると、赤ちゃんの発育に悪い影響を与える可能性が、指摘されています。

魚を食べるときには、水銀を含む魚かどうかに注意して、偏って食べないようにしましょう。

ちなみに、サケ、アジ、サンマ、ブリ、ツナ缶などには水銀はほとんど含まれないので、安心して食べられますよ。

アルコール

当然ですが、妊娠中のアルコール摂取は厳禁です。

飲酒は赤ちゃんの健全な発育や、身体の形成を阻害します。

カフェイン

カフェインはコーヒーや紅茶、緑茶などに含まれる成分です。

さらにコーヒーほどではありませんが、チョコレートにも含まれています。

妊娠中にカフェインを摂りすぎると、赤ちゃんが低体重の状態で生まれるリスクがあるようです。

コーヒーや紅茶を飲む場合は、1日1~2杯程度にしておきましょう。

妊娠中におすすめの食べ物・飲み物

続いて、妊娠中に摂取したい栄養素をもとに、おすすめの食べ物や飲み物についてご説明します。

おすすめの食べ物

葉酸を含む食べ物

葉酸は妊婦さんにとって、とくに大切な栄養素です。

できれば妊娠する前から、あらかじめ摂取しておきたいくらい、重要な栄養素とされています。

葉酸は細胞を生み出すために、不可欠な成分。

赤ちゃんの正常な発育に欠かせません。

葉酸が不足すると赤ちゃんの脳や脊椎に、先天性の異常をもたらすリスクが高まります。

食べ物のみで葉酸の必要量を摂ることは難しいので、サプリで補うといいでしょう。

ちなみに葉酸を含む食べ物は、ほうれん草・ブロッコリー・いちご・納豆です。

鉄分を含む食べ物

鉄分は赤血球を作る成分のひとつです。

赤血球には、血液中で酸素を運ぶ働きがあります。

鉄分が不足すると赤血球が十分に作られず、身体の隅々に酸素が行き渡らなくなる可能性が。

体中に酸素が十分に行き渡らないと、貧血を引き起こしてしまうこともあります。

妊娠すると貧血になる人が多い、と聞いたことはありませんか。

妊娠すると体内の血液の量が増えるので、鉄分もたくさん必要となるのです。

また鉄分は優先的に赤ちゃんに送られるため、お母さんの鉄分はますます不足しがちに。

お母さんの血液には、赤ちゃんに栄養素や酸素を届けるという、大切な役割があります。

赤ちゃんの成長のためにも、積極的に鉄分を摂りましょう。

ちなみに鉄分を含む食べ物は、赤身の肉・魚・切り干し大根です。

カルシウムを含む食べ物

カルシウムは赤ちゃんの骨や歯を作るために、必要な栄養素です。

カルシウムの摂取量が足りないと、お母さんの身体に蓄えられているカルシウムが、赤ちゃんへ送られます。

その結果、お母さんの身体は骨が弱った状態に。

出産後の母子の健康のためにも、妊娠初期からカルシウム不足には気を付けましょう。

カルシウムを含む食べ物は、小魚・乳製品です。

おすすめの飲み物

  • 麦茶
  • ルイボスティー

麦茶、ルイボスティーは、カフェインが含まれない飲み物です。

また、ともにミネラルが豊富なので、妊娠期に必要な栄養素をとり入れることができます。

ただ麦茶には身体を冷やす作用があるので、冷えには注意してくださいね。

母体の健康が大事

妊娠初期といえば、つわりの辛い時期でもあります。

食べられるものが限られて、栄養なんて考えていられないかもしれません。

つわりの間は、食べられるものを食べることが第一です。

ですが出来れば栄養にも、気を付けて過ごしたいですね。

葉酸・鉄分・カルシウムは、不足しないように意識しながら摂取することをおすすめします。

【スポンサーリンク】