あなたは筋トレだけを、おこなっていますか?

それともランニングだけ?

もしくは筋トレとランニングの両方を、行っているかもしれませんね。

世間ではダイエットに効果的と言われる方法が、たくさん出回っています。

私もいろいろ振り回されましたが、自分なりの結論が出たので紹介しますね。

【スポンサーリンク】

私の筋トレとランニングの順番

ずばり言うと、私は筋トレの後に、ランニングを行っています。

私が筋トレを始めたのも、ランニングを始めたのも、ダイエットが目的でした。

そして最初はランニングから始めたのですが。

ランニングは走った後は、汗をかいた分は体重は落ちます。

ですが食事をしたり、水分補給をしたりすると、体重は戻るのです。

次に私は筋トレを試しました。

筋トレを行うと代謝が良くなると、ネットで情報を得たからです。

ところが筋トレで筋肉は付き始めましたが、ダイエットになっているとは思いませんでした。

下記記事も参考にしてください。

そこで筋トレの後に、ランニングを試したのです。

すると腹筋が割れ始めました。

体重が減るよりも嬉しいダイエット効果を、実感できたのです。

【スポンサーリンク】

ダイエットのために筋トレ⇒ランニングを行うのは?

私は実体験から、筋トレ後にランニングを行うと、ダイエット効果があると信じています。

でも「たまたま?」だと、あなたの為にならないでしょう。

そこでネット上で、情報を収集することに。

で、わかったのですが、やはり筋トレ後にランニングを行うのは、ダイエットにいいようです。

まず筋トレを行うと、成長ホルモンが分泌されます。

(※成長ホルモンが分泌されるお陰で、筋肉は強くなるのです。)

そして成長ホルモンが分泌されると、血糖値が上がり脂肪が分解され血中に放出されます。

血中に放出された遊離脂肪酸(分解された脂肪)は、ランニングを行うことで燃焼するとのこと。

だから筋トレ⇒ランニングがいいんです。

ランニング⇒筋トレではだめか?

私はランニング⇒筋トレも試しました。

私の感想は、ランニング⇒筋トレではダメです。

ランニングを先に行うと、筋トレ時に力が入りません。

通常の負荷がかけられないという事は、筋トレの効果が期待できないと考えていいでしょう。

実は筋トレの順番も、同じなんですよ。

より効果を挙げたい部位の筋トレは、最初に持ってきたほうがいいです。

筋トレも後半に行うメニューは、前半より効果が落ちると考えていいでしょう。

ということで私は、ランニング⇒筋トレの順番はオススメしません。

筋トレとランニングの具体的な組み合わせは?

では実際に私が行っている筋トレ⇒ランニングについて、解説します。

私の場合はランニングを、毎日は行っていません。

まずは下記記事を読んでいただけると助かります。

上記記事で書いているのですが、私は一日置きに腹筋を取り入れています。

そして腹筋を行わない日に、ランニングを取り入れているのです。

例えば、

  • 1日目:胸と腕の筋トレ+腹筋
  • 2日目:背中と肩の筋トレ+ランニング
  • 3日目:下半身の筋トレ+腹筋
  • 4日目:胸と腕の筋トレ+ランニング

といった感じです。

ただ私の場合は、雨の日はランニングを行いません。

雨の日は入念にストレッチを行う程度です。

もしくは1週間に一度筋トレを休むのですが、雨の日は休みに振り替えることもあります。

あと体調が悪い日は、絶対に無理しません。

体調が悪い日に筋トレを行っても、良い効果は期待できないからです。

ダイエットのためにランニングを取り入れるといい?

よく筋トレで筋肉量が増えると、脂肪が燃焼しやすくなると聞きます。

でも筋肉量が増えることで代謝量が上がるのは、アスリート並みの筋肉が付けばの話でしょう。

実際に筋肉量が1キロ増えた時の基礎代謝量の増加は、13キロcalよりは多い程度のようです。

なので私達のような一般人は、筋トレ+ランニング(有酸素運動)を取り入れることで、ダイエットしたほうがいいでしょう。

あと私がダイエットを実践して感じたことは、体重よりも筋肉量や体脂肪率を気にしたほうがいいということ。

なぜなら体重の変化がなくても、体脂肪率が減れば腹筋が割れます。

また体のメリハリに関しても、体重を減らすよりも、筋肉量を増やしたほうがいいと感じました。

あなたが筋トレとランニングで、理想のボディを手に入れることを願っています。

【スポンサーリンク】