子育てには、なにかとお金がかかります。

赤ちゃんのうちはミルクやオムツ代程度ですが、大きくなれば食費もかかるし学費に習い事…。

お金が足りなくなるのではないかと、不安になってしまいますよね。

ここでは子育てにかかるお金に悩むあなたへ、節約などの対処方法をご紹介します。

子育てにかかるお金

子育てにかかるお金は、どれくらいなのでしょうか?

まずは文部科学省から報告されている数字を参考に、必要な費用を解説します。

◆幼稚園(3年間)

  • 公立-68万円
  • 私立―145万円

◆小学校(6年間)

  • 公立―193万円
  • 私立―916万円

◆中学校(3年間)

  • 公立―143万円
  • 私立―398万円

◆高等学校(3年間)

  • 公立-135万円
  • 私立-311万円

◆大学(4年間)

  • 国公立-242万円
  • 私立-397万円(文系)、540万(理系)

幼稚園から大学まで、すべて公立に通うとすると約781万円かかります。

すべて私立だとすると2,167万円(大学文系)から2,310万円(大学理系)が、おおよその費用です。

大学進学をきっかけに一人暮らしを始めると、家賃や生活費が別に発生しますので、さらに300万円くらいは必要でしょう。

ここまで学費について見てきましたが、子育てには学費以外にもお金がかかります。

子供の食費、被服費、医療費、お小遣いなどなど。

以上を計算すると、子供を育てるには少なくとも、1,000万円以上のお金がかかることになります。

すごい金額ですよね。

親としてかなりのプレッシャーです。

そしてお金が足りないのではないかと、不安もわいてきます。

子育てのお金が足りないときの対処方法

子育て資金を捻出するために、取り組めることはないでしょうか?

ここでは、お金の悩みを解決するための方法を、ご提案します。

生活費の見直し

まずは、基本となる生活費の見直しです。

食費や光熱費など、手を付けやすいところから節約を心がけましょう。

大きな節約効果を求めるなら、家賃や通信費・保険料などの固定費の削減が効果的です。

部屋探しや保険の見直しは手間も時間もかかるので、なかなか気が進まないかもしれませんね。

ですが家賃や保険料は一度安くできれば、その後は何もしなくても節約効果がずっと続きますよ。

フリマやリサイクルショップの活用

フリマやリサイクルショップなら、定価で買うよりもずいぶん安く欲しいものが手に入ります。

また、いらないものを売れば、収入を得ることも。

フリマやリサイクルショップの活用は、家計にはいいことづくしです。

フリマアプリの登場で、誰でも気軽に出品や購入ができるようになりました。

私もよく利用しています。

中古品に抵抗がないなら、ぜひフリマやリサイクルショップを活用してみてください。

ハンドメイド

ちょっとした雑貨や子ども用品は、買うより作った方がリーズナブルなケースも。

私も100均の紳士靴下で、子供用のレギンスを作ったことがあります。

買うと1,000円弱しますからね。

手作りすれば108円なので、だいぶん安上がりです。

ハンドメイドは愛情も感じられますし、時間のある方にはおすすめの節約方法ですよ。

資産運用

今は銀行にお金を預けていても、ほとんど利息がつきません。

銀行に預けるなら普通預金よりも、定期預金に預けた方が多少は利率がいいです。

さらに、もしも貯金に余裕があるなら、より積極的な資産運用を行うという選択肢もあります。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、つみたてNISA、ロボアドバイザーなど、聞いたことがあるのでは?

もちろんリスクが伴いますので、家計に余裕がない場合や、「絶対に損はしたくない!」という人には向きません。

ただ資産運用の知識を身につけることは、家計の助けになると言えるでしょう。

自治体による子育て支援

自治体による子育て支援として、すぐに思いつくのは児童手当でしょう。

子供の年齢や人数に応じて、月額1万円から1万5千円がもらえます。

非常にありがたいですね。

また子育て支援パスポート事業、という制度もあります。

自治体によって細かなルールは違いますが、子育て世帯が様々なサービスを受けられる制度です。

マクドナルドやミスタードーナツなど、子供が好きな店舗でのサービスもあります。

子供が好きな店舗でサービスが受けれるのは、嬉しいですよね。

たくさんの企業や店舗が協賛しているので、お住いの地域の協賛店を確認してみてください。

よく利用するお店でも、何かサービスを受けられるかもしれませんよ。

子育てのお金が「足りない」ではなく「足らす」努力を

子育てにかかるお金は莫大です。

その為、子育て費用の不安は、なかなか拭えませんよね。

ですが子育てを、やめるわけにはいきません。

お金が足りないなら、足りるようにする努力が必要です。

日々の節約など、小さなことから始めてみましょう。