大学受験!夏休みにやることをまとめてみた?!【受験生必見】

あなたは今受験生で、夏休みを迎えようとしていませんか?

あなたが受験前の夏休みを迎えるなら、見てもらいたいものがあります。

それが大学受験前の、夏休みにやることまとめです。

受験生にとって夏休みは、合否の分かれ目の時期と言っていいでしょう。

合否の分かれ目の夏休みを制し受験を制すために、やっておきたいことを以下にまとめました。


大学受験前の夏休みにやること

私が考える大学受験前の夏休みにやることは、

  1. 基礎を固める
  2. 苦手科目の克服
  3. 過去の模試の復習
  4. 予想問題に着手する
  5. 暗記科目の復習
  6. 生活習慣を整える
  7. 図書館に通う
  8. 志望校を決定する

です。

それぞれを解説しますね。

基礎を固める

あなたは受験に際して、参考書を大量に買っていませんか。

さらには大量に参考書を買うだけで、満足してはいないでしょうか?

受験のために参考書をたくさん買っても、どれも中途半端に終わることが多いと思います。

参考書を買って勉強するのも、確かに重要です。

でも最も大事なのは基礎を固めるために、教科書を復習すること。

センター試験も二次試験も、出題範囲は教科書です。

テストの出題範囲である教科書の問題を、ないがしろにしてはいけません。

教科書の問題を一から順に解いていくことで、簡単に基礎固めはできるのです。

苦手科目の克服

次に大事になるのが、苦手科目の克服です。

私の場合、特に数学Bが苦手でしたので、数学Bになるべく時間をかけるようにしました。

苦手科目は裏を返せば、まだまだ伸びしろがあるということです。

苦手科目を克服することで、全体の点数をアップすることができます。

ですから苦手科目の克服は、大変重要になってくるのです。

過去の模試の復習

受験生となると、これまで受けてきた過去問は多いと思います。

過去の模試は良くできていて、解答の解説も大変丁寧です。

ですから過去の模試をもう一度解きなおすことは、たいへん有意義だと言えます。

私も夏休みには、これまで受けてきた過去問を、一通り解きなおしました。

過去の模試を解きなおすことで、自分がどの部分で間違いやすいかを知ることが出来ます。

自分の得意な分野、苦手な分野を把握するためにも、過去の模試を解きなおすことは必要になってくるのです。

予想問題に着手する

過去問だけではなく、予想問題に着手することも大変重要になってきます。

夏休みの段階では、まだまだ授業で習っていないこともあるでしょう。

だから予想問題に着手するのは、早いと思うかもしれません。

しかし予想問題を解くことで、今の自分にいったい何が足りないかを知ることが出来ます。

そして将来は解けるようになるために、どこを勉強すればよいかを把握するのです。

重点的に勉強する箇所が分かれば、将来の勉強スケジュールを立てるための指針にもなります。

暗記科目の復習

夏休みは暗記科目を総ざらいするのにも、適切な時期だと言えます。

私の場合は世界史Bと政経に特に時間をかけて、今まで習ってきたことを復習しました。

暗記科目は時間が発てば、だんだんと忘れてしまう科目でもあります。

そのためコンスタントに、復習する必要があるのです。

生活習慣を整える

夏休みは自分で自由にできる時間が、増える時期でもあります。

そのため毎日の生活習慣を、整えるということも大変重要です。

夏休みにだらけて勉強時間を確保できないでいると、受験を乗り切ることはできません。

大切なのは早寝早起きだけでなく、一日何時間勉強するかを決めることです。

そしてあなたが決めた目標の勉強時間を、きちんと達成していくことが大切でしょう。

図書館に通う

家で勉強するだけでは、息が詰まってしまう場合があります。

また家では集中して勉強できない、ということもあるでしょう。

家での勉強がはかどらないときは、場所を変えることが望ましいです。

集中して勉強する際に、特におすすめなのが図書館だと思います。

図書館は静かで、勉強がしやすい環境と言えるでしょう。

志望校を決定する

夏休みは大変時間があるため、志望校を決定するいい時期になります。

自分の学びたい分野や学力などを考慮して、志望校を決定すると良いでしょう。

志望校は第一志望だけではなく、第二志望、第三志望を決定することが望ましいです。

受験を乗り越えるために

いかがでしたか。

以上が大学受験前の夏休みに、やることです。

※もしあなたの受験勉強に対するモチベーションが低下しているなら、下記記事も参考にしてください。

受験生にとって夏休みは、長く大変な時期になります。

だからこそライバルに差をつけて見事に志望校に合格するためには、夏休みをいい加減に過ごしてはいけないのです。

この記事を読んで、あなたが受験前の夏休みを、有意義に過ごせることを願っています。