大型犬は全部で43種類!中でも人気の高い犬種を教えちゃいます!

犬好きなら、一度は大型犬に憧れたことってありますよね?

ドッグランや公園で威厳たっぷりに、ゆったりと散歩している姿は圧巻です。

思わず足を止めて、声を掛けたくなる人も多いと思います。

それが多頭飼いとなると、目で追わずにはいられなくなりますよね。

今回は大型犬の中で人気の3犬種について、詳しく見ていきたいと思います。


大型犬の種類の中で、人気が高い犬種トップ3!

アニコム損害保険株式会社の「人気犬種ランキング2019」を元に、ランクインした大型犬を見ていきたいと思います。

ちなみに今回対象の大型犬は、下記の種類です。

大型犬43種類

>>すべてを見る

  1. アイリッシュ・ウルフハウンド
  2. アイリッシュ・セッター
  3. アフガン・ハウンド
  4. アラスカン・マラミュート
  5. イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
  6. イングリッシュ・セター
  7. エアデール・テリア
  8. オーストラリアン・シェパード
  9. オールド・イングリッシュ・シープドッグ
  10. キースホンド
  11. グレート・デーン
  12. グレート・ピレニーズ
  13. ゴールデン・レトリバー
  14. サモエド
  15. サルーキ
  16. シベリアン・ハスキー
  17. シャー・ペイ
  18. ジャーマン・シェパード・ドッグ
  19. セント・バーナード
  20. ダルメシアン
  21. チェサピーク・ベイ・レトリーバー
  22. チャウ・チャウ
  23. ドーベルマン
  24. ナポリタン・マスティフ
  25. ニューファンドランド
  26. バーニーズ・マウンテン・ドッグ
  27. ビアデッド・コリー
  28. フラットコーテッド・レトリーバー
  29. ブル・テリア
  30. ベルジアン・シェパード・ドッグ・グローネンダール
  31. ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ
  32. ボクサー
  33. ボルゾイ
  34. ボーダー・コリー
  35. マスティフ
  36. ラフ・コリー
  37. ラブラドール・レトリバー
  38. レオンベルガー
  39. ロットワイラー
  40. ワイマラナー
  41. 土佐犬
  42. 秋田犬
  43. 紀州犬

▲折りたたむ

参考:https://mag.pethomeweb.com/zukan/dog/list/大型犬/size/大型犬

1位 ゴールデン・レトリーバー

ゴールデン・レトリーバーは体高が51~61cm、体重は27~36kgになるイギリス原産の犬種です。

元々は鳥を負う猟犬として飼われていました。

黄金に輝く毛並みと、賢い頭脳を持ち合わせています。

性格は穏やかで、人になつきやすいです。

盲導犬や介助犬、警察犬といったサービスドッグに適した犬種になります。

2位 ラブラドール・レトリーバー

体高56~62cm、体重30~36kgになるラブラドール・レトリバーも、イギリス原産。

ゴールデン・レトリバーと同じく猟犬で、温厚で賢い犬種です。

サービスドッグとしても活躍していますね。

人を喜ばせることが好きで、よく食べるそうですよ。

3位 バーニーズ・マウンテン・ドッグ

体高58~70cm、体重32~54kgになるスイス原産の犬種です。

牧畜犬として誕生しました。

非常に愛情深く飼い主に忠実で、しつけもしやすいです。

寂しがり屋の一面もあり、スキンシップが欠かせません。

 

大型犬の中でも、人気の犬種トップ3を見てきました。

1位ゴールデンレトリバーと2位ラブラドールレトリバーは、定番の犬種ですね。

この2つの犬種ですが、同じ「レトリバー」がつくことから混同されがちです。

でもゴールデンとラブラドールの大きな違いは、「毛」にあります。

ゴールデンは、ややウェーブがかかった長毛。

ラブラドールは、硬めの短毛です。

またゴールデンはクリーム色、またはゴールドの毛色をしています。

ラブラドールは、黒やチョコレート、イエローの毛色です。

こうしてみると、大きな違いがあることが分かりましたね。

大型犬と小型犬・中型犬の違いは?

大型犬を飼うということは、体の小さい犬と比べて、どのような違いがあるのでしょうか。

小型犬は

「気が強く、臆病で吠える」

とよく耳にしますよね?

小型犬は体が小さいことから、骨も細く関節が外れやすくて悩んでいる方も多いと思います。

小型犬は怪我が多く、少し高さのある所からジャンプしただけで、骨折することも。

一方、大型犬は怪我をするという心配もなく、思いっきり遊ぶことができます。

穏やかな性格なこともあり、体全体で愛情表現をしてくれますよ。

しかし、デメリットも知っておくべきです。

大型犬は小型犬よりも、短命の傾向にあります。

また大型犬が老犬になった時の介護は、30kgの体を支えてあげなくてはいけません。

人気の大型犬を飼うと、どんな生活になるの?

「大型犬を飼う」となると、一番気になるのが食費ではないでしょうか。

大型犬が食べる1日のドッグフードの量は、体重にもよりますが500グラム前後になります。

3キロの小型犬は1日80グラム前後なので、6倍の量ですね!

ドッグフードの種類にもよりますが、月5000~7000円の食費がかかってきます。

また、大型犬は運動量も多いです。

朝晩2回、1時間以上の散歩が必要になります。

大型犬は力も強い為、リードを引っ張る力も強いです。

散歩を毎日欠かさず行ける時間と体力がなければ、飼うことは難しいかもしれませんね。

人気が高い大型犬の種類は、3犬種!

人気のある大型犬はゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、バーニーズ・マウンテン・ドッグの3犬種でした。

大型犬は温厚で、人になつきやすい犬種が多いです。

ですが大型犬を飼うとなると、体力とお金と時間も必要になります。

大型犬を飼うには、覚悟が必要だということ。

しかし大型犬との暮らしは、小型犬・中型犬にはない魅力が詰まっています。

大型犬の存在感を、身近で味わってみたいですね。