共働き夫婦の家計管理!生活費はどう分担する?

結婚すると独身のときとは、お金の使い方が変わってきますよね。

家賃に食費に光熱費など、家族で暮らすために必要な生活費は、どのように分担すればいいのでしょうか。

ここでは共働き夫婦の、生活費の分担方法について考えてみます。


あなたの家庭の生活費分担ルールは?

あなたの家庭では、生活費の分担ルールは決まっているでしょうか?

最近は働く女性が増えて、夫婦共働きというケースが多いと思います。

共働き夫婦の場合、お互いに収入があるので、生活費には余裕があることが多いでしょう。

余裕がある分、家計管理の方法には、いくつかの選択肢が生れてきます。

ちなみに我が家が共働きだった頃は、夫の収入のみを生活費として使っていました。

私の収入は全額貯金です。

わたしは結婚したら財産を共有するのが、当たり前だと思っていました。

そのため、わたしが家計を預かって二人の収入を管理することに、何の疑問もなかったのです。

ところが世の中には生活費だけを共有したり分担したりして、残りのお金はお互い好きに使うご夫婦も、たくさんいらっしゃるんですね。

驚くとともに、どのように分担しているのかが気になりました。

生活費を分担する方法はいくつかありますが、ここでは以下のように大きく3つに分けてご紹介します。

  • 全額を一方が負担する方法
  • 生活費のみ、共通の口座で負担する方法
  • 支出項目別に負担する方法

生活していくうえで、お金は大切な要素です。

円満な家庭・夫婦関係を長続きさせるために、お互いが納得できる生活費の分担方法を見つけたいですね。

共働き夫婦の3つの生活費分担方法

では、さっそく3つの方法をご紹介します。

全額を一方が負担する方法

どちらか一人の収入で、生活する方法です。

収入の多い旦那さんのお給料を生活費に使って、奥さんの収入を貯蓄にまわす家庭が多いでしょうか。

この方法のメリットは、家計管理がしやすい点です。

通帳を見れば生活に使えるお金の残高や、すでに使った金額がパッと分かります。

全体的なお金の流れが把握できるので、節約にも取り組みやすいですね。

また、まとまった金額を貯蓄できるので、マイホーム購入などの目標がある場合におすすめの方法です。

一方でデメリットは、生活費以外の自由に使えるお金、いわゆる「お小遣い」が少なくなりがちな点が挙げられます。

「もっとお小遣いの金額を上げてほしい」

という旦那さんの嘆きを、テレビの街頭インタビューで見ることもしばしば。

奥さんが家計を一括管理していると、旦那さんが意見できる機会は少ないかもしれません。

生活費のみ、共通の口座で負担する方法

毎月決まった金額を生活費用の共通口座に振り込み、そのなかでやりくりする方法です。

収入の差などの事情を考慮して、お互いの振り込む金額を決めれば、公平感があります。

残ったお金は各自の好きなように使えるので、自由に使えるお金が多い点もメリットです。

ただし生活費のみを共有するこの方法では、家庭としての貯蓄ができません。

手元に残ったお金は、それぞれが好きに使っていいわけですから、ついつい使いすぎてしまうことも…。

相手が貯金しているだろうと思っていたら、全然貯金できていない、なんてこともあるかもしれません。

生活費に加えて、貯蓄用のお金も出し合うと安心できますね。

支出項目別に負担する方法

支出項目ごとに負担する人を分ける方法です。

家賃や光熱費は旦那さんが出して、食費や日用品費は奥さんが出すという感じですね。

負担する項目を分けるメリットは、それぞれが得意な項目を受け持てば、効果的な節約が期待できる点でしょう。

日々の料理のために買い物をしていれば、安い食材を見分けられるようになります。

ネット関係に詳しければ、通信費が安く抑えられるかもしれません。

やる気さえあれば、各自でとことん節約できそうです。

また前述の共通口座の場合と同じように、自分のお金を好きに使える自由さがあります。

ですが項目別に分担する場合、項目分けが難しいところが難点です。

夫婦どちらかの負担が大きいと、不公平感が生まれてしまいます。

さらに、それぞれの財布からお金が出ていくので、家計全体としての支出を把握するのも困難です。

生活費の分担に不満が出てきたときの対処法

ルールを決めて生活費を分担したものの、しだいに不満が出てくることもあるかもしれません。

たとえば、

「家事や育児はほとんど私がしているのに、生活費は旦那と折半なんて不公平」

「旦那の収入が増えたのに、生活費の分担比率は以前のまま」

「もっとお小遣いが欲しい」

など。

家事・育児は夫婦二人で協力して、生活費の分担とバランスがとれるようにしましょう。

また収入の増減によって、生活費の負担額を見直すようにしたいですね。

不満はため込まずに、その都度夫婦で話し合って対処するのがベストです。

共働き夫婦の生活費の分担について

ここまで共働き夫婦の生活費の、分担方法についてご紹介しました。

どの方法が一番いいというものではありません。

貯蓄に力を入れたい、趣味に使うお金を確保したいなど、目的に合った方法を探すといいでしょう。

それぞれの家庭に合った分担方法で、お互いが納得していれば、それが最良の方法です。