アウトドアを車で楽しみたい!おすすめ軽自動車を見て欲しい!?

ウインタースポーツがしたい、マリンスポーツもいいな。

いやいや、気軽にキャンプや釣りがいい!

そんなアウトドア派のあなた。

車を選ぶなら、一般乗用車より燃費がいい軽自動車。

でも軽自動車だとアウトドアは無理か…。

軽自動車はパワー不足という問題が大きいし、とにかく狭い。

「やっぱりアウトドアなんて、軽自動車じゃ無理」

ちょっと待った!

以前までアウトドア用車種は、娯楽用のイメージ。

普段使いと趣味用の二台持ちが、できるゆとりがなければいけない…。

そんな風潮でしたが、今は街乗りの普段使いと趣味用をかねて、どちらでも使える軽自動車が豊富に出ています。

アウトドア派にむいた軽自動車の条件

アウトドアでは荷物が、とにかく多いです。

アウトドアに向いた軽自動車の条件として、

  • 車内の広さ(すっきりしたフラットな空間)
  • 収納の便利さ(物の出し入れがしやすいドアの構造)

が挙げられるでしょう。

例えばサーフィンをするならサーフボード、オフロードサイクル(荒地でのサイクリングスポーツ)ではマウンテンバイク(自転車)が、収納できなければいけません。

そして、出し入れもスムーズに。

軽自動車にサーフボードやマウンテンバイクを、収納するスペースはあるのか?

サーフボード

他にもキャンプ地にむかう時、どうしても荒地が多いはず。

急な坂道や蛇行した道など、悪条件の場所を走ることになります。

悪条件の場所を普通の軽自動車で走ると、ノロノロと遅いため後続車に気を使ってしまいかねません。

そこで、

  • パワーがあるエンジン(ターボエンジンか)
  • 安定した走行性(4WDかSUV)※
    ※4WDとは…四輪駆動のこと。4つのタイヤすべてが駆動する車です。
    ※SUVとは…スポーツ用多目的車のこと。(場合によりSUVに4WDは含まれよばれる。)

などが求められます。

従来の軽自動車では難しかった条件をクリアーした車が、今はたくさん出ているんです。

具体的におすすめ軽自動車を紹介していきます。

アウトドアで遊べる軽自動車を紹介

とにかく今の軽自動車は収納スペースも、走行の安定性もすぐれています。

おすすめ軽自動車

私がおすすめする軽自動車を紹介しますね。

ひろびろスペースがすごい!

ダイハツ ウェイク:箱型で車高が高く、シートが自由に動くことでスペース確保も自由。

ホンダ N-BOX(えぬぼっくす):大人二人がねれるほどのベットモードあり。

パワー(SUV)がすごい!

スズキ ハスラー:丸みを帯びたスタイルでSUVですが、街乗りにも向いて見た目がかわいらしい。

スズキ ジムニー:軽自動車では本格的SUVでオフロードに特化。いまだに根強い人気。

車で楽しむアウトドア

テントいらずで、車中泊まり。

経済的にも、片づけも便利ですね。

車中泊まり用のグッズもふえてきていて、

  • 車用のシート(ベット)
  • 収納ラック
  • 寝袋

など種類も豊富です。

私も車泊は数回ありますが、動くワンルームっといった感じ。

自分なりのカスタマイズで、居心地よく過ごせます。

ちょっとした旅を車で寝泊まり。

釣りに行って待ってる間、車でじーっと過ごしたりと、なにかと楽しめます。

  • バスケットボール
  • 折り畳み自転車
  • 車内でできるボードゲーム

気が付くと遊び道具だらけの車になっていました。

自分なりのカスタマイズができることも、軽自動車でのアウトドアの楽しみ方かもしれません。

アウトドアが軽自動車でできる!

ご紹介した4台以外にも、続々と新しい軽自動車が出ています。

元々あったスタイルから一新、ニューモデルでアウトドア向けなど。

用途にあった車種選びで、アウトドアの楽しみも倍増します。

家族でキャンプになら、スペース重視。

趣味で思い切り乗りまわしたいなら走行パワー重視など、ポイントをしっかりと抑えましょう。

またカスタマイズで、スペースとパワーの両方をそろえることもできます。

自分色のアウトドア軽自動車がつくれてしまう。

ちなみに私は…自力で出来る範囲でカスタマイズ。

釣り下げスピーカをつけてみて、雨の日でも車の中で音楽鑑賞や映画を見たり。

工夫や、やり方で楽しみ方は様々です。

燃費もよく走行性もいい軽自動車でも、今はできるアウトドア。

ぜひ家族でサマースポーツ、ウインタースポーツを楽しんでください。