靴のサイズの選び方!子供の場合は特に注意が必要って知ってます?

靴を選ぶのは、難しいですよね。

とくに子供靴の場合、あなたが自分で履いているわけではないので、さらに選ぶのが難しいと思います。

ただ靴が子供の成長に与える影響は、あなたが思っている以上に大きいかもしれませんよ。

ここでは子供の靴を選ぶときのポイントや、注意点をご紹介します。

子供の靴、どのように選んでいますか?

「子供はすぐに大きくなるから」

と、大きめの靴を選んでいませんか?

たしかに、あまり履かないうちにサイズアウトしてしまうのは、もったいない気がしますよね。

でも大きな靴は動きにくく、行動範囲を狭めてしまいます。

それに足が靴の中で遊ぶため、転びやすいのです。

都会だと地面が硬いですから、大怪我をする可能性だってあります。

また一方で、いつのまにか靴が小さくなっていた、なんて経験もあるのでは?

でも、気を付けてください。

サイズの合っていない靴を履くことは、子供の成長に良くありません。

小さな靴は足の発達を阻害します。

子供の足はほとんどが軟骨でできていて、とてもやわらかいです。

そのためサイズの合っていない靴でも、履けてしまいます。

しかも痛みに鈍感なので、きつい靴を履いていても不快感をあまり訴えません。

さらに子供の足は、外部からの圧力で変形しやすいです。

足は体全体を支えている土台と言えます。

間違った靴を選ぶと、足だけでなく膝や腰にも悪い影響を与える可能性があるのです。

お子さんのすこやかな成長のためにも、きちんとサイズの合った靴を選べるようになりましょう。

子供 靴

子供靴の選び方

子供靴を選ぶ際のチェックポイントを紹介します。

つま先

つま先の余裕は、5~10mmあると良いです。

子供は足の指で、地面を掴むようにして歩きます。

靴の中で足の指が、自由に動くサイズを選んでください。

足の指を動かすことは、足の腱やふくらはぎの発達にも、つながる大事な要素だからです。

かかと

かかと部分が、しっかりしている靴を選びましょう。

かかとがやわらかすぎると、すぐに潰れてしまいます。

くるぶしまで包んでくれるハイカットだと、なお良いです。

かかとのしっかりしている靴は子供のやわらかい足を、衝撃から守ってくれます。

足の甲

足の甲が靴の甲にフィットする靴が理想的です。

折り返し式のマジックテープで、甲の高さを調整できるタイプだと合わせやすいですね。

履くたびに結び直せるなら、ひも靴も良いでしょう。

ただひも靴は手間がかかりますし、子供が自分で結ぶのは難しいと思います。

手軽なマジックテープがおすすめです。

靴底

靴底は適度な厚みがあって、安定感のあるものを選びます。

また足の指が曲がる位置で、靴底もしっかり曲がるものが良いです。

大人が指1本で曲げられる程度のやわらかさが、ちょうど良いでしょう。

素材

子供の足は汗をかきやすいです。

通気性や吸湿性に優れた、メッシュのような素材をおすすめします。

また洗う機会も多いでしょうから、乾きやすさも重要ですね。

靴のサイズが合っているかの確認方法

子供の靴を選ぶ際は、1つずつ確認しながらがいいでしょう。

かかと

まずは、かかとで床をトントンして、足と靴を合わせてください。

つま先でトントンすると、足が前にずれてしまいます。

靴は必ずかかとで合わせましょう。

そして靴のかかと部分をあなたが押さえた状態で、お子さんに足を上げさせます。

靴が脱げなければ、OKです。

つま先

足と靴のかかと部分が合った状態で、靴の上からつま先の部分を押して確認します。

足の指が自由に動くように、5~10mmの余裕が必要です。

つま先の余裕がありすぎると、転倒の原因になるので気を付けましょう。

足の甲

足と靴の甲の部分が、ぴったりフィットしているか確認してください。

ゆるいと足が前にずれますし、きついと指の付け根を圧迫してしまいます。

歩き方

必ず両足に靴を履かせて、チェックしましょう。

不自然な歩き方になっていないか、ジャンプしたときにぐらついていないか確認します。

痛いところがないかも、聞いてあげてくださいね。

子供の靴の選び方ついて

ここまで子供靴のサイズや選び方について、ご紹介しました。

とくにつま先、かかと、甲、靴底の4か所を重点的にチェックしてください。

子供の場合、3~4カ月に一度は靴のサイズを、確認するようにしましょう。

足は「第2の心臓」と言われるほど、大事な場所です。

デザインにばかり気を取られず、機能面や実用面を重視した靴選びをしましょう。

健康な体作りのためにも、ぜひお子さんに合った靴を選んであげてくださいね。