夫婦2人暮らしの食費の平均はどれくらい?節約方法を提案?!

あなたは毎月食費に、いくら使っていますか?

ほかの家庭と比べて、自分たちの食費が高いのか安いのか、気になりますよね。

工夫すれば今よりも、食費を安く抑える方法が、あるかもしれません。

ここでは夫婦2人暮らしの、

  • 食費の平均額
  • 理想の食費の金額
  • 食費の節約方法

についてご紹介します。

夫婦2人暮らしの平均的な食費は?

夫婦2人の世帯が1ヶ月に使う食費は、3万円から4万円というケースが多いようです。

3~4万円の中には、外食費も含まれています。

3~4万円の食費の中に、外食費が含まれていることを考えると、

「皆さん上手くやりくりしているな」

というのが率直な印象です。

もちろん、それぞれの家庭の収入や生活スタイルによって、食費の金額は大きく変わります。

あなたの家庭の食費はどうですか?

食費が3~4万円から大幅に外れていないなら、やりくりに大きな問題はないでしょう。

逆に、4万円を超える食費がかかっているならば、節約の余地がありそうですね。

夫婦2人暮らしの理想的な食費は?

では収入に対する理想的な食費の割合は、どれくらいなのでしょうか?

一般的には食費が占める割合は、収入の15%程度と言われているようです。

月収が20万円なら、理想の食費は3万円になります。

月収30万円なら4万5千円です。

先ほどの平均額とも、だいたい合っていますね。

ぜひあなたの家庭に当てはめて、食費の予算の目安にしてみてください。

食費の節約方法

食費は毎日少しずつ、積み重なっていくものです。

そのため食費は、節約に取りかかりやすい項目ではないでしょうか。

ここでは食費の節約方法について、ご紹介します。

お買い物の内容を見直して、節約に取り組みましょう。

第一に、当然ですが、安く買うことが重要

食材の底値を知れば、本当に安いものを見極めることができます。

普段から食材の値段に注意して、底値のものを選ぶように意識しましょう。

また、お店によって、安いものが違っています。

お店ごとに安くなる商品の傾向を、把握できていると良いですね。

私は

  • 野菜を買う店
  • 肉や魚を買う店
  • お菓子を買う店

というふうに、利用するお店を使い分けています。

第二に、余計なものを買わない

買い物に出かける前に、冷蔵庫の中身をチェックしましょう。

家にある食材を確認すれば、本当に買う必要のあるものが見えてきます。

買うものをメモして行くと、さらに良いでしょう。

メモを見ながら買う食材の売り場だけに行けば、余計な商品に目移りすることを防げますからね。

さらに買い物に行く回数を、減らすことも効果的です。

頻繁に買い物に行くと、そのたびに余計なものを買うリスクが、生まれてしまいます。

まとめ買いをして、冷凍できるものは、冷凍保存をするのがおすすめです。

ただ、あなたが必要なもの以外は絶対に買わない自信があるなら、こまめに特売品を買ったほうが安くすむかもしれません。

第三に、外食を控える

外食すると、どうしても食費が、高くなってしまいます。

節約したいなら、できるだけ自炊するように、頑張りましょう!

最後に、献立を決めずに買い物をする

これは私の場合なので、参考にしてください。

先に献立を決めると、食材の値段が高くても、買わないといけなくなるからです。

先に献立を決めるのではなく、安いものを買って、その中でメニューをやりくりします。

安い食材を買ってメニューを考えると、自然と食費を抑えられますよ。

料理のレパートリーも広がって、一石二鳥です!

私は一食材100円以下、を目安に買い物しています。

夫婦2人暮らしの食費について

食費は支出の中でも、気軽に節約に取り組める項目だと思います。

無駄な食材の買い物をなくせば、趣味やファッション・貯蓄等に、より多くの予算をあてることができますよね。

ですが食費を削るあまり、十分な栄養を摂れなくなっては、意味がありません。

我慢のしすぎも、ストレスになってしまいます。

無理のない範囲で、時にはちょっと贅沢も楽しみながら、かしこく節約していきましょう。