猫が吐く!餌をそのまま吐いてしまう原因と予防法について

あなたをはじめ猫を飼っている人は、少なくないのではないでしょうか?

猫は可愛いですから、人気があって当然です。

しかし可愛いからこそ、心配もしてしましいますよね。

あなたは愛猫が餌を、そのまま吐くという経験をお持ちですか?

愛猫が餌を吐いてしまったら、あなたとしては心配ものですよね。

そこで今回は猫が餌をそのまま吐いてしまう原因と、対策についてまとめてみました。

猫が餌をそのまま吐くのは?

飼っている猫が餌をそのまま吐いてしまったら、びっくりするものです。

私も猫を飼っていたことがあるのですが、飼った初日になんと餌をそのまま吐いてしまいました。

その日はとりあえず様子見しましたが、猫が餌をそのまま吐いてしまうのは、一体なぜなのでしょうか?

主に健康な猫が餌をそのまま吐いてしまうのは、空腹時に餌を一気食いしてしまうことが原因だと考えられています。

空腹時に餌を一気食いしてしまい、胃がびっくりしてしまうのです。

その他にも食べ過ぎた場合や消化不良の場合でも、猫が餌をそのまま吐いてしまうことがあります。

猫が餌をそのまま吐いてしまったら

猫が餌をそのまま吐いてしまったら、少し様子を見てみるか、病院に行くことが望ましいと考えられます。

ここでは、

  • どういった場合、様子見をしていいのか
  • どういった場合、病院に連れて行った方が良いのか

をまとめました。

まず様子を見ても良いのは、

  1. 吐いたものの中に血や異物が混ざっていない場合
  2. 吐いた後もしばらくしてご飯を食べる場合
  3. 吐いた後も遊ぶ場合
  4. 吐いた後もいつもと変わらない様子でいる場合

です。

主に猫が餌を吐いた後も普段と変わらない場合は、家で様子見をしてもよいと考えられます。

また餌を吐く回数も1日に2~3回程度なら、様子を見ても良いでしょう。

次に、病院に行った方が良い場合をまとめます。

病院に行った方が良いのは、

  1. 吐いたものの中に血が混ざっている場合
  2. 吐いたものの中に異物が入っている場合
  3. 吐いた後ぐったりしている場合
  4. 猫が部屋の隅などでうずくまっている場合
  5. 猫を触ろうとすると嫌がる場合
  6. 食欲がない場合
  7. 1日に4回以上吐く場合
  8. 嘔吐物から異臭がする場合

です。

猫が餌を吐いてしまったら、吐いたものを確認することと、吐いた後の猫の様子に気を付けることが大事でしょう。

猫が餌を吐かないようにするためには

猫が餌を吐かないようにするための予防法は、いくつかあります。

まず、ご飯の回数を増やすことです。

ご飯の回数を増やして、空腹の時間を短くすると良いでしょう。

次に、一気食い防止の食器を使って、猫の一気食いを防ぐという手もあります。

最近では、一気食い防止の食器が販売されているため、それを利用すると良いでしょう。

一気食い防止の食器は、餌を食べるのに時間がかかる作りになっています。

また猫が床に近い場所で食事をすると、お腹を圧迫してしまうため、食器を少し高いところに置くのも良いでしょう。

猫が餌を吐いてしまった時に考えられる病気

次に、猫が餌を吐いてしまった時に考えられる病気について、まとめていきます。

猫が吐く理由が、病気である場合は大変注意が必要です。

主に、

  • 寄生虫によるもの
  • 熱中症
  • 胃腸炎
  • 中毒やアレルギー
  • ガン

などの病気が考えられます。

これらの病気の場合は病院に行って、診察を受ける必要があるため注意が必要です。

猫が吐くことについて

いかがでしょうか。

以上が猫が餌をそのまま吐いてしまう場合の、原因と予防法についてになります。

猫が餌をそのまま吐いてしまった場合、様子見をしていい場合と、すぐに病院に行った方が良い場合があるのです。

あなたは猫の様子をよく観察し、状態を見極めなければなりません。

また猫が餌を吐いてしまう場合、猫が病気である可能性も十分考えられます。

猫が病気の場合はすぐに病院に行き、獣医師に診てもらうことが必要です。

この記事を読んで、猫がなぜ餌をそのまま吐いてしまうのか。

その原因や予防方法などについて、参考になれば幸いです。