服の専門店であるアパレル。

アパレルショップに面接にいざ行くとき、何を着ていけばいいのか?

面接に来ていく服装は、悩むポイントとしては大きいと思います。

やはり、その場にあった服装選びは、面接結果にも影響しますからね。

さすがに和服やスーツといった礼装で、行く人はいないと思いますが。

よく募集要項には、「軽装でお越しください」と書かれています。
(記載がない所もありますが。)

軽装っていつもの普段着でいいの?と思いますよね。

普段着と言っても、人それぞれ。

アメカジが好きな人、モード系、それにエレガント系など…。

個人によって「普段着」自体が、どれかと悩むところです。

ではさっそくアパレルの面接で、ベストな服装を探していきましょう。

アパレルショップのコンセプトにあった服装

迷ったら面接するアパレルショップで、取り扱ってる服がベストです。

もし、予算的に…。

という場合、ショップコンセプトというのがあります。

たとえば、「紺色と白を基調としている」・「体にフィットするスマートなシルエット」

もっと大まかに言うと「アメリカンカジュアルスタイル(アメカジスタイル)」など。

お店が売りにしているコンセプト(お店のイメージ)が、アパレル企業にはあります。

もともと洋服が好きな方なら、アパレルショップの看板の色やデザイン・ショップ自体の雰囲気で、感覚的に気づくでしょう。

ただ「感覚的」と言われても、漠然としてわからない!

コンセプトがあってるか分からなくて不安!という時…。

確実なのは面接する企業のサイトを、のぞいてみるという方法。

企業サイトには分かりやすく「テーマ」が、書いてあることが多いからです。

例えば

  • シンプルで機動性のあるデザイン
  • エレガントなシルエット
  • 黒を基調としている

など、結構ていねいに、アパレルショップコンセプトが載っています。

情報をゲットできたら、面接に行く会社のコンセプトにあった服装で、面接にいどむのがベストです。

バイト面接でみられるポイント

バイト面接で最初に見られるのが、「容姿」ですね。
(顔やスタイルの事ではないですよ!)

髪型や服装、女性ならメイクも!

第一印象である外見から、

「うちのショップに向いているか?」

をけっこう判断するそうです。

実際、私が某アパレルショップの面接に行った時の事。

服装は予算の都合上、デザインや色合いを合わせていきました。

簡単に言うと、似たデザインを安い所で、探したのです。

私の場合、デザインや色合いを合わせたことが、かなり評価されました。

なぜわかってしまったのか?

面接官がハッキリ言っちゃったんです…。

「他で見つけて合わせたの?うまくイメージにあってるね」と。

そしてショップ販売員は一人一人がお店の顔だから、見た目が重要だと言っていました。

ショップ販売員は歩くマネキン、といったらオーバーですが。

歩くマネキンという意味合いもあり、面接に合格すると必然的にショップの服をきます。
(それで、社割があるんです!シーズンごとに激しく変わるので)

だからお客さんから「アナタの着ているそのジャケットは、お店のどこにあるの?」と、聞かれることが多いです。

さらには好みのコーディネイトをしている店員をさがして、見つけると声を掛けるお客さんもいます。

自身の希望(着ていく場所や、目的)を伝えて、くつ、小物まで全部えらんで!と…。

実際、初めて経験したときは、びっくりしました。

驚きながらも、予算を聞きながら、上から下まで用意したのです。
(それも一度限りではなく、常連さんになって名前まで覚えられます。)

ここまで読んだあなたは、面接でなぜ容姿が大事か分かりましたね。

面接でのアピールにもなる服装

アパレルショップの方針や、スタイルにもよりますが面接方法も様々。

個人個人での面接もあれば、日程を指定して複数人数でやることもあります。

どちらでも、やっぱり聞かれることが

「ココの服は好きですか?」

といったお店への興味についてです。

当たり前のようなことですが、先ほど言ったようにショップ販売員は、お店の顔になります。

単純に「アパレルで働きたい」という人より、お店の顔になるような人を求めた質問ですね。

お店の顔となると、やっぱりそのショップのコンセプトを理解している人。

ショップのコンセプトに合う服装ができる人を、チェックしています。

私は集団面接も受けたことがありますが、ショップの服を着てきた人がすぐ声をかけられていました。

案の定、その方は受かり注目度も高かったです。

アパレルのバイト面接で、服装に迷ったら…できれば、そのショップの店員さんの服装を観察してみてください。

そしてコンセプトのチェックをすれば、安心して服選びができると思います。

季節や流行でコロコロ服が変わりセンスも鍛えられるので、ショップ販売員になれば女子力がアップすること間違いなしです。