バイクに乗るなら中型がお勧め!今、人気の女子ライダーデビューへ

バイクは男性の乗り物、と思っていませんか?

今、女子ライダーが、どんどん増えてるんです。

以前はヘルメットやライダージャケットなどもメンズサイズが多く、種類やデザインも男性向けばかりでした。

レディースサイズを探すのは大変。

やっとお気に入りを見つけても、高かったりオーダー注文が多かったのですが。

今は市販でも手に入るほど、女子向けのバイク用品は身近になりました。

また中型バイクなら女子の小柄な体でも足つきがいい車高もあり、カスタマイズで調整も可能になっています。

なんといっても、小型バイクだと大きな道では車と並列すると怖い…。

けど中型バイクだと車からの配慮もありますし、ちょっとした距離も楽に行動できるんです。

私も近くのデパートにいくと、中型スクーターに乗る女子をよくみかけるようになりました。

メットイン(シート下の収納庫)が広いので、買い物にも便利で駐車料も安い!小回りもきく!
(場所によってはタダなところも。)

車を出すよりも、けっこう楽なのかもしれませんね。

生活での行動手段だけでなく、趣味で乗る女子ライダーも増えている様子。

カップルでのツーリングも信号待ちで、お!っと見かけます。

インカム(トランシーバー)ごしで、会話をしているカップルが羨ましい…。

っと言う私も、中型女子ライダーです。

そこでバイクの魅力、こそっとご案内します。

バイクの車種別・簡単呼び名

中型バイク

街で見かける男性ライダーの乗っているバイクを見て、ごつい・・・。

と思われるかもしれません。

男性的なごつさ、ですね。

バイクにも車で言うワゴンタイプやオフロード、といった形が結構あるんです。

  • 自動車学校で教習用に乗るタイプ:ネイキッド
  • 泥んこになって走り回るタイプ:オフロード※子供用もありますね!
  • 速めな見た目のレーシングタイプ:スーパースポーツ(ssともいう)※ポケバイはこの形。
  • またがるタイプに対して、ゆったり座るタイプ:アメリカン※長距離を運転するのに疲れないスタイルです。
  • 原付の大きいサイズ:スクーター・ビックスクーター※唯一オートマです。

他にも細かい分類はありますが、ネイキッドとアメリカン、スクータータイプを覚えれば大丈夫です!

私個人的には女子ライダーで街のりむきだと、

  • ボルティー
  • SR

のシンプルでガソリンタンクがかわいい(丸みを帯びた)形がお勧め。

SR

出典元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/sr400/index.html

アメリカンがすきな女友達は、

  • ドラッグスター
  • スティード
  • マグナ

に乗っていました。

この三種類も女子ライダーむきで、車高が低く安心します。

デザインやカラーリングも豊富で、特にドラッグスターは人気です。
(アメリカンタイプは、名前もかっこいいのが多いです!)

中型バイクとは?

シンプルに言うと排気量のちがいです。

126cc以上で400cc以下のバイクの事を、中型バイクと言います。

ちまたで言う原付バイク(50cc)と呼ばれる(二人乗りができない)車種より、大きいエンジンです。

特に250ccまでのバイクは車検がなく税金も安いので、コスパやサイズから考えても女性向きといえます。

ちなみに251cc以上のバイク車検は、二年に一度です。

車種の状態になりますが、車検費用は約3万円前後。(地域にもよります。)

この維持費の差が大きいととるか、そんなに変わらないととるかはアナタ次第ですが・・・。

中型にのるとタンデム(二人乗り)ができるんです!(注意:免許を取ってから1年後と規定があります。)

正確には90ccからできますが安定性などから言うと、経験上250ccからが女性向きでしょう。

女子ライダー、人気のワケとお得なところ

生活用でビッグスクーターは、とにかく便利です。

小回りが利きますし、あちこちと買い物まわりが楽になります。

ビッグスクーターの機動力はバツグンですね。

趣味で女子ライダーになったら…

  • 信号待ちで「かっこいいね~!」と声をかけられる。
  • バイクを購入すると、そのショップのツーリング仲間(友達の輪)がふえる。
  • 男性と共通話題で、親近感ができる。
  • 知らないバイカー同士でスキンシップ(ツーリング時に挨拶)の機会がふえる。
  • 最初は知識が浅くても、気づくと男性と普通に会話できるほど、知識豊富に。

などなど・・・。

私はバイク乗りということで、あちこちのショップやモーターショーの割引券がもらえました。

女子ライダーになったら、社交の場がいっきにひろがります。

中型女子バイカーデビューするなら…

まずは自動二輪免許を、取らないといけません。

(※バイクの免許に関しては、上記記事が参考になります。)

よく聞くのが、教習所でバイクを起こせないと、免許がとれない。

足がちゃんとつかないと、免許がとれない。

ですが実際は男性でも、真横になったバイクを起こすのは大変です。

テコの原理で起こすコツは、教習所で教えてもらえます!

足もべたっとつかなくても、つま先がついてバランスがとれれば大丈夫です。

私は低身長(150cm台)ですが・・・とれましたよ。

バランス感覚や安全確認が大事ですが、自転車が乗れれば大丈夫です。
(なかには自転車はかるくて重心が取りにくいけど、バイクは安定して乗れるという女性もいました。)

また冒頭で言ったように今はショップや通販でも、

  • ジャケット
  • ヘルメット
  • 手袋

などのかっこいいレディース用が豊富にあります。

ぜひバイクに乗ってみたいと思ったら、中型バイクからスタートしてみてはいかがでしょうか?

気づくと大型まで手をだしてしまった~、という女子ライダーの知人もいます。

大型に手を出してしまうほど、バイクには魅力があるのです。

女子ライダーの人気はまだまだ続いているので、あなたもこの機会にチャレンジしてみては!