猫が尻尾を立てる意味を知っていますか?対応を間違わないで!

猫は尻尾を使って、何かを伝えようとしているのでしょうか。

実は猫の尻尾は、多様な役割を持っているのです。

そして役割の一つには、「感情を表現する」ということも含まれます。

尻尾で気持ちを雄弁に語るのは、犬だけの特権と思っている人、いませんか?

でも猫だって犬に負けず劣らず、尻尾でさまざまな気持ちを表しているのです。

あなたも愛猫が尻尾を立てる姿を、よく見かけているのではないでしょうか。

猫が尻尾を立てるとき飼い主のあなたは、どんな意味を持つのか判断できていますか?

愛猫が尻尾を立てる意味を知りたいあなた、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

猫が尻尾を立てるのは、感情表現の意味がある

猫の尻尾 立てる

猫が尻尾をピンっと垂直に立てている姿、よく見ますよね。

尻尾をピンと立てたときの猫の気持ちは、甘えている・嬉しいという意味合いがあります。

そして状況によっては、おねだりを意味することも。

またときには立てた尻尾の先を、前方にちょっと曲げている姿も見かけませんか?

立てた尻尾を前方にちょっと曲げるのは挨拶や愛情を、最大に表現しているときです。

ここまでは、ポジティブな意味になります。

続いては反対のケースで、同じ「立てる」でも毛を逆立てて尻尾を膨らませているとき。

あなたは愛猫に普段よりも、少し慎重に対応してあげるほうが無難です。

なぜなら見慣れないものや聞き慣れない音などに対して、驚きや恐怖感を示していることがあるからです。

猫が驚きや恐怖感を感じている場合、威嚇のために尻尾を膨らませ、自分を大きく見せて攻撃態勢に入っています。

また、そこまで猫に緊張感が無くても、強気の姿勢を見せることはあるようです。

子猫は信頼を寄せる母猫に、尻尾を立てて甘えやおねだりを表現する

猫が垂直に尻尾を立てて甘えたり・喜んだりする姿は、子猫のときから見られるものです。

尻尾を立てて甘えたり・喜んだりするのは、生まれながらの子猫の本能と言える部分でしょう。

猫は子猫時代、自力で上手に排泄ができないうちは、母猫にお尻をなめてもらって排泄します。

母親にお尻をなめてもらう際に、尻尾をピンっと立てることを覚えていくのです。

さらにおっぱいが欲しいという、母猫に対するおねだりの意味でも、子猫は尻尾を立てます。

子猫にとって母猫は当然ながら、頼るべく相手であり服従に値する相手なのです。

(※他にも子猫時代に尻尾を立てる行為は、母猫を追うときに迷子にならないための、旗のような役割も担っています。)

だから大人になった猫も子猫のときの名残で、信頼できる甘えたい相手には尻尾を立てるのです。

尻尾を立てることであなた(親猫)に、おねだりなどの気持ちを表しているのでしょう。

猫が尻尾を立てて近寄ってきたら、何をおねだりしているか意味を考えてみよう

一般的に、

「猫は気まぐれ」

と言われています。

ですが親のように慕っているあなたには、尻尾を立てることで甘えやおねだりを、しっかりとアピールしてくるのでは。

子猫に限らず大人になった猫も、尻尾を立てて後を追ってくる事があるでしょう。

尻尾を立ててあなたの後を追ってきたら、

  • 甘えたい
  • おねだりがある

という意味になります。

猫が尻尾を立てて後をついてくるときは、撫でてほしいのかもしれないし、遊んでほしいのかもしれません。

あるいは

「ゴハンはまだ?」

って、言っている可能性も。

愛猫が尻尾を立てて寄ってきたら、

「今、何をしてほしいのかな?」

と考えてあげるといいですね。

また立てた尻尾の先が、前向きに曲がっていたら、大好きなあなたに挨拶をしている印ですよ!

挨拶されたらあなたも親愛の気持ちを込めて、愛猫の名前を呼んであげてください。

あなたと愛猫の親密度が、さらにアップするのではないでしょうか?

猫は信頼する大好きな人には、尻尾を立てて甘えやおねだりをします

猫は尻尾の動きで、気持ちを表していることがあります。

猫が尻尾を立てる意味は、甘え・おねだり・愛情表現などです。

猫同士に限らず、信頼できる大好きな人にも尻尾を立てます。

そして立てた尻尾の毛が逆立って太くなっていれば、驚きや怖さで緊張状態!

また緊張状態までいっていなければ、強気になっているとき。

ちょっと気を付けて、様子を見てあげましょう。

そのほかにも猫は尻尾を利用してバランスをとったり、体に巻き付けて防寒具替わりにしたり、マーキングをしたりしています。

尻尾をよく観察して、愛猫とのコミュニケーションを楽しんでくださいね!