サイズの合っていない靴を履き続けて、足や体が悲鳴を上げていませんか?

履いていて

  • 痛くならない靴
  • 疲れない靴

を探し求めていませんか?

靴難民になっているのでは。

あなたは自分の足が何センチなのかは、当然のごとく知っているでしょう。

ですが、なかなか履き心地の良い靴に出会えないのは、自分にぴったりのサイズを選べていない可能性があります。

何が問題かと言うと、靴の幅のチョイスの仕方です。

もちろん靴はファッションの一アイテムなので、デザインも大事。

でも靴幅の選び方次第で、快適に歩けるようになるなら。

快適な方が良いに、決まっていますよね。

そこで今回の記事では、靴のサイズの選び方として、靴の幅について書いてみます。

自分の足に合わない靴を履き続ければ身体にダメージが

靴選びでいつも悩んでしまうのは、足に何らかのトラブルを抱えているからではないでしょうか?

足に合わない靴を長期間履いていれば、足のトラブルのみならず、体のあちこちに様々なダメージを受けてしまいます。

まずは足のどこかに痛みを自覚する、というケースが多いでしょう。

または長い時間歩き回って知らず知らずのうちに、余計な疲れが出てくるかもしれません。

例えば足のトラブルで、誰もがよく知っている症状としては、外反母趾(がいはんぼし)があります。

外反母趾

外反母趾は症状を持つ本人が辛いのは当然ながら、見ているほうも痛みが伝染しそうです。

そのほかにも

  • 爪の痛み
  • タコ
  • 魚の目

などといった可哀そうな足になる可能性も。

足のトラブルはどんなに小さな面積であっても、歩くたびに痛みを感じてしまいます。

だから合わない靴を履くのは、本当に不快ではないでしょうか。

加えて痛みや疲労感をごまかしながら履き続けると、姿勢が悪くなり体が歪んでしまうことだってあります。

ですから靴のサイズの選び方って、本当に重要なんです。

靴の正しいサイズ選びとして靴の幅を知る「足囲」を測る

靴を購入するときは、自分の足が何センチか、で選んでいますよね。

実は靴のサイズは「足長(そくちょう)」と、「足囲(そくい)」の二種類から成り立っています。

「足長」とは踵から爪先までの長さなので、

「足のサイズは何センチ?」

の「足のサイズ」のこと。

そして「足囲」とはいわゆる「ワイズ」で、これが靴の幅にあたるサイズです。

親指の付け根と小指の付け根のゴリゴリと突出した部分を、横に甲と足裏を一周して測った長さのことです。

「足囲」とは足の中では一番、幅が広いところですね。

正しい靴のサイズを知るには、「足長」と「足囲」の両方を測る必要があります。

靴が足に合わないのは靴幅の選び方を勘違いしている可能性が

足囲を測ってわかる靴の幅(ワイズ)ですが、日本のJIS規格では女性の靴の場合、

A・B・C・D・E・EE・EEE・EEEE

の8段階に分かれています。

ちなみに日本人女性はEが多いとの見解もありますが、近年の若い女性は足囲が細い人が増えているようです。

足自体に厚みが無いので、上から見ると足の幅が広く見えがち、という人も少なくないとのこと。

足がだだっ広くて薄い場合は実際測ってみると、普通幅のDやそれ以下の足囲っていうこともあります。

足長が合っていても靴のサイズが合わないと感じているなら、ワイズを勘違いして選んでいる可能性が高いです。

靴が合わないと思ったら、自分の足囲に注目してみるのも、よいかもしれません。

足が痛くならない靴を選ぶには靴幅を再確認しては?

履いている靴が痛いのは足の見た目から、自分は幅広の足だと思い込んでいるケースがあります。

そのため幅広の靴を選んでいるのが、原因かもしれません。

幅広の靴を履いていても、「なんかしっくりこない」と感じていませんか。

幅が広くてゆったりとした靴を履けば、足に当たらなくて痛みが出ないと考えがちです。

でも足囲よりも靴幅が広いと、足が中で遊んでしまいます。

足が靴の中で遊んでしまうと、かえって疲れる原因になるんですよ。

また靴の中に足が固定されないために、タコができやすくなったりもします。

反対に幅的にピッチリした靴は、足が窮屈で痛くなると思われがちですが。

実際には親指と小指の付け根がフィットしていれば、大丈夫な事が多いんです。

親指と小指の付け根と言えば、足囲を測るポイントのところですね。

靴選びで困っているなら、ぜひ靴幅のことを考えてみてください。

足囲の測定ポイント部分が、靴の中でゆるゆるにならない靴を、試してみてはどうでしょう。