新元号最初の夏休み。

家族旅行の行先は、決まりましたか?

年々猛暑が厳しくなっていますので、避暑地北海道はいかがでしょうか。

食と自然と文化がたっぷり詰まった北海道の魅力について、ご紹介していきます。

夏休みの家族旅行に北海道がおすすめの理由

夏休みの北海道がおススメの理由は、3つあります。

おすすめの理由1.過ごしやすい気候

年々猛暑が厳しくなってきて、夏は過ごしにくい季節になっていますよね。

少しでも涼しい場所に行きたいあなたに、北海道はおススメです。

とはいっても、北海道の夏も年々暑さが厳しくなっています。

最近では、30度以上を記録している日もあるんです。

しかし北海道の暑さ、本州とは少し種類が違います。

北海道の夏は基本的に湿気は少なく、カラッとした暑さです。

本州のジメジメした暑さとは、異なります。

ただし日差しは強いので、日焼け対策はしっかり行ってくださいね。

ちなみに過ごしやすい北海道の夏のなかでも、一番気持ちが良い時間帯は朝晩です。

朝晩は昼間の暑さが、まるで嘘のように気温が下がります。

カーディガンなどの上着を、忘れずに持って行ってくださいね。

北海道の早朝の散歩や星空観察などは、日々の喧騒を忘れさせてくれますよ。

ぜひ宿周辺をお散歩してみては、いかがでしょうか。

おすすめの理由2.北海道の食

広大な緑の大地と海を持つ北海道の、ごはんが格別においしいのは、みなさんご存知ですよね。

海鮮はもちろん、じゃがいもや玉ねぎ、カボチャやアスパラ、トウモロコシ…

あげたらキリがないほど、北海道は食材の宝庫なのです。

また広い北海道は、場所によって味付けや料理が変わってきます。

いろんな所を巡りながら、その土地の味を楽しむのも良いのではないでしょうか。

おすすめの理由3.北海道の自然

北海道の広大な自然は、本州に住む子供にとっては圧倒されること間違いなしです。

気候が違う北海道は、本州の自然とは異なります。

そのため動植物が独特であり、魅了されることでしょう。

そして、魅了されるのは大人も同様。

親子で共に自然や文化を楽しめる北海道は、まさに家族旅行にピッタリなんです。

出典元:ライター撮影

北海道らしさを感じられるおススメの観光地

では親子で楽しめるほど魅力のつまった北海道の、おススメの観光地を見ていきましょう。

北海道といえば、

  • 札幌
  • 小樽
  • 富良野

をイメージされる方が、多いのではないでしょうか。

札幌や小樽・富良野も、もちろん魅力ある素敵な観光地です。

でも北海道には、まだまだおススメの観光地がたくさんあるんですよ。

今回は北海道らしさを感じられる場所として、道東をご紹介します。

中でも阿寒湖周辺はアイヌ文化にあふれており、まさに北海道らしい場所なんです!

緑の丸い藻のかたまり「まりも」の生息地として、ご存知の方もきっと多いでしょう。

阿寒湖がおススメな2つの理由

1つめは、温泉街がにぎわっていること。

阿寒湖周辺には、阿寒湖温泉があります。

阿寒湖温泉にアイヌコタンという、アイヌ民族の集落が。

ここでアイヌ民族の文化に、触れることができるんです。

イコロというシアターでは、人形劇や民族舞踊を見ることができます。

他にも木彫りや刺繍、ムックリというアイヌ民族の笛を作るなどの体験も。

もちろんアイヌの方が作ったキーホルダーや、民芸品もそろっています。

ふくろうや熊をはじめ、コロボックルという妖精などなど。

子供も喜ぶような可愛いお土産が、たくさん揃えられていますよ。

木彫りのものは裏に名前や日付を刻印してくれるので、思い出の一品になるでしょう。

そして、このアイヌコタンは、一層雰囲気がでる夜に行くのがおススメです。

旅館で一休みしてから、ぜひ足を運んでみてください。

出典元:http://tomzow.seesaa.net/article/443256832.html

阿寒湖がおすすめな理由の、2つめは自然。

阿寒湖の周辺には雌阿寒岳(めあかんだけ)・雄阿寒岳(おあかんだけ)や湖など、みどころがたくさんあるんです。

雌阿寒岳・雄阿寒岳や湖などの自然は、アイヌ民話には欠かせない存在となっています。

アイヌ民話はアイヌコタンをはじめ、お土産屋に揃えられているので、読んでみてください。

より一層楽しめること、間違いなしです!

子供用の絵本もあるので、お子さんと一緒に読みながら学ぶのも良いかもしれません。

そして阿寒湖の自然で私が特におススメしたいのが、オンネトーという湖です。

出典元:https://travel-star.jp/posts/3174

オンネトーとはアイヌ語で、「年老いた沼」を意味します。

このオンネトーの魅力は、なんといっても神秘性。

なんと湖の色が、天候によって変わるんです。

そのため「五色沼」と呼ばれることもあります。

湖の色は晴れているときはエメラルドグリーン、曇っているときはダークグレー。

このように変化するのですが、驚きはその透明度です。

湖がどんな色になっても、中に沈んでいる樹木や生物が見えます!

とっても不思議な光景ですよね。

周りの景色も、木々が連なった林の中にあります。

北海道ならではの動植物に、触れてみてはいかがでしょうか。

マイナスイオンたくさんの景色に、癒されること間違いなしです。

以上、夏休みに家族旅行で行きたい北海道の、おススメの理由について紐(ひも)解いてみました。

本州とは異なる自然や文化に触れあうことで、お子様の自由研究にも役立つことでしょう。

ぜひ家族旅行の参考にしてみてくださいね。