子育ての大変なことをランキングで分かりやすく紹介!

赤ちゃんって見ているだけで癒されて、食べてしまいたいくらい可愛いですよね!

私も子供を産む前はYouTube で夜な夜な新生児の動画を見て、

「赤ちゃんほしいわー、癒されたいわー」

なんて思っていました。

しかし!

いざ子供を産んで見ると待っていたのは癒し1割、辛さ9割の現実!

こんなはずじゃなかった…。

そう思っているのは私だけでは無いはず!(笑)

そこで今回は子育てで大変なことを、ランキングで紹介したいとおもいます。

子育ての大変なことって?

子育てをしたことの無い女性や、普段仕事で子育てにあまり参加出来ないパパは、子育ての大変さをあまり理解していないかもしれません。

仕事から帰ってきたパパが、

「うちの子はなんて可愛いんだ!こんな可愛い子と一日中一緒にいられたらどんなに幸せか…」

と、子供にメロメロなのを見て、きっと全てのママが同じことを思うはず。

「幸せ!?だったらお前がやってみろ!」

酷いと思うでしょう?

でも一日中言葉の通じない赤ちゃんと朝から晩までいたら、どんなママだってこんなことを言いたくなるんですよ。

では、ここで本題!

子育ての大変なことを具体的に紹介します。

①授乳

赤ちゃんを産んで最初にする育児でもある授乳ですが、全員がすぐにできるわけではありません。

あげる方も初心者、吸う方も初心者なので、授乳がうまくいかない親子がとっても多いんです。

授乳が上手にできないと、赤ちゃんはすぐにお腹を空かせて泣き始めます。

理想の授乳は2〜3時間おきですが、慣れないうちは頻繁に授乳することも。

②夜泣き

殆どの赤ちゃんが夜泣きをします。

新生児のうちは3時間おき、1〜2歳になると日中の刺激や疲れなどで夜泣きをすることがあります。

泣いている原因が分かればいいのですが、子供の夜泣きは原因が分からないことが多いです。

あの手この手を試して泣きやませようとしているのに、夜中に泣き続けられると精神的に追い詰められてしまいます。

③お風呂

新生児のうちは沐浴、生後2ヶ月からは大人と湯船に入れるようになります。

沐浴の大変さは経験者にしか分からないので、言葉にするのは難しいのですが沐浴ってとにかく怖い!

首もグラグラ、頭もふにゃふにゃ、赤ちゃんがびっくりすると暴れる、腰に負担がかかる中腰の姿勢!

とにかく慣れるまでおっかなびっくりの状況が続く…これが沐浴です。

大人と湯船に入れるようになっても、大変なことに変わりはありません。

お風呂から上がって誰かが居てくれればいいですが、家族の帰りが遅い場合すべてママが行うことになるのです。

毎日のことですから、最初は腕や腰を痛めるママも多いとか。

④寝かしつけ

赤ちゃんは寝て欲しい時に限って寝ない生き物です(笑)

育児に疲れて自分も早く寝たい!

寝かしつけて自分の時間が欲しい!

そんな時程寝ない!

寝ない子供を必死に寝かしつけてる隣で、旦那はスヤスヤ寝ているなんて日には、ママは爆発寸前…いや爆発するでしょう。

⑤自分の時間の確保

子供が生まれると一人の時間はほぼ取れない、と思ってください。

待機児童問題でお分かりだと思いますが、現在子供の預け先を探すのは至難の技。

そのため自宅でママが、子供のお世話をする機会が増えています。

一人でゆっくり温かいご飯が食べたい…

読書の時間が欲しい…

美容院に行きたい…

友達とランチに行きたい…

しかし子供を見てくれる人が居ないと、これらの事はとても難しいのです。

子育て大変なことランキング!

 

  • 1位 夜泣き
  • 2位 寝かしつけ
  • 3位 自分の時間の確保
  • 4位 授乳
  • 5位 お風呂

経験者にアンケートを取った結果、全員一致でこのような結果になりました。

特に夜泣きは全員が経験者で、全員が子供と一緒に泣いたそう(笑)

私もこれには同意見です。

夜泣きの影響で肌荒れと過食になっただけでなく、メンタルもボロボロになりました。

子育ては大変なことだらけ!

ここまで読んで、それでも子供が欲しいと思ったなら、きっとあなたは良いママになれます!

そんなに大変なの?と思ったパパ達!

大変な事だらけだから3日間くらい、日中一人で子供の面倒を見てみて!

きっとママに頭が上がらなくなりますし、仕事の方が楽だと思うはずです。(笑)

子育ては大変な事だらけ。

だけど喜びも沢山あります。

とても愛おしくかけがえのない時間を、子供は親に与えてくれます。

きれい事だけでは子育てはできませんが、子育てには経験者しか味わえない幸せも多いのです。

子育てが大変で心が折れそうなママ達、子供は泣いているママより笑っているママが大好き。

理由も無く泣くのは肺の運動で、ママのせいじゃないよ!

大変な子育ても過ぎてしまえば、きっと笑い話になるはずです。

自分のペースで頑張ってください!